FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016年 7月  Walk on シャウド 11概要

2016年7月2日
THE CRIMSON CIRCLE MATERIALS
“Walk On - The Powerless Life” Series
SHOUD 11 – Featuring ADAMUS SAINT-GERMAIN, channeled by Geoffrey Hoppe
Presented to the Crimson Circle
July 2, 2016

www.crimsoncircle.com


Part 1
今月は3つのことについて話していきます。

※ここで、ミュンヘンで行われた「4 Masters in Munich」について言及あり。
https://store.crimsoncircle.com/4-masters-in-munichx.html


Transhumanism
超人間主義(トランスヒューマニズム)の動きが、この地球で起こっています。それは、不死の人になること、技術によって人間の状態を超えることです。それは悪いことではありません。人々は、この生体、体のテンプレートに何百万年も今と同じ状態にされています。アトランティスの時代はもっと多くの選択肢があった。 しかし、全ての人が、同じくらいの大きさ、同じメンタルキャパシティ、同じくらい生きるようにされてしまった。 これから変わる時です。 自然の進化はこうなっていることではありません。

大衆意識の重力により、自然な人間の進化が遮られています。地球エネルギーを取り巻いている思考の重力により、人間は夢の世界に行くことを拒まれています。 動物園に括り付けられているのです。 なので、体もマインドもあまり変化出来ずにいます。それを超えたいという欲求があります。 しかし、どうやってでしょう?

薬や科学は、そんなには体やマインドに変化をもたらせません。 科学は体を変えることになるでしょう。 超人間主義は、現在、体にフォーカスしています。 彼らはマインドに対するアプローチのアイデアもたくさんあると言っています。脳へのインプラントにより、アクセスを高速にする等。 そこには、注意点もありますが。

この話は、サイエンスフィクションではありません。今、研究所で行われていることです。

しかし、マインドを進化させることは、動物園に括られ続けることになるのでは?
このトランスヒューマンを次のシリーズの呼び名にします。 トランスヒューマンとは、人間セルフの変化です。不死になるわけではないですが。そもそも死はありません。肉体から知的状態に変化するだけです。 いったん、これが分かると、選択により、トランジションしていきます。病気になることなく。

トランスヒューマンシリーズを通して、我々はトランジションしていきます。肉体もマインドも自然に変化していきます。許すことで。 真の大きな夢を描くことで、自分自身の現実を創造することで。 現実は、気づいている意識、許容している意識で作られています。それ以外の何ものでもありません。それにより、エネルギーが形成されます。 
しかし、人々は、現実が先にあり、そこに入っていくものだと思っています。また、現実は外側からの力により、形成されていると思っていて、外側からの力により、自分のニーズを現実化しようと試みます。

しかし、それでは現実は変わりません。 エネルギーは意識に反応するものですから。

意識なくして、宇宙もそれ以外も存在しません。それがコアです。測ることも出来ないし、見ることもできなく、パワーレスです。 しかし、それが全てです。

もうすぐ、プロナストupdate をしますが、その中で、次のシリーズで扱うことについて、話します。 次のシリーズの前に見るといいと思います。


Today’s Question
あなたの今の人生を象徴する名刺を作るとしたら、どんなデザイン、名前、タイトル(役職など)にしますか? あなたのエネルギーをサマライズして下さい。

E: Edith Proctor(エディス プロクター)、ハートリアリティ。 
A:社長とか、グランドマスターとかつけないの?
E:もちろんつけます。
A:私は、アダマス・グランド アセンデットマスター と言っています。 次。
K:超えることを信頼している人です。
A:そうですね。 あなた方には、選択はない。でも、超えることを信頼して下さい。力がつかないと、信頼しないですよね。 自分自身を信頼して下さい。 それは、恐怖でもあり、美しいことです。

いろんな事があなたを高い教育や、高い存在などに向かわせようとしますが、それらにあなたをエンライトさせることは出来ない。 あなたのためにそうさせるべきでもない。

あなた方は、突然、超えていくには自分を信頼するしかないと気づきます。

時間があなたを通して動いていることも。 あなたの選択ではなく、それを許すことです。 選択というと、誰かや、何かにパワーを使うことに戻ってしまいます。それでは、あなたのしたい所に行けません。

人は今、とても傷つきやすくなっています。自分を自慢すべきではないと言います。 私は好きですけどね。 時に、話を盛ります。あなた方が笑うから。 人々はよく自分を悪く言います。 それはマスターのする事ではありません。自分のことを良く言って下さい。 笑顔でそうして下さい。あなたを表に出すために ビジネスカードを提案しました。 あなた方のビジネスカードに仲裁者(Mediating)と入れた方がいいでしょう。


Mediating
あなた方は、生活の中でたくさんの仲裁(調整)をしています。 家庭で平和にするため等に。 アイアムは人間であるあなたと仲裁をしています。 人間であるあなたは、衣、食、住、仕事、消費などにニーズをもっています。あなた方は人から要求や、愚痴を言われてますよね。

人は明日のことを心配し、現在にいない。アイアムを仲裁してます。 人間セルフは、泣きごとを言ったり、心配するのを止めないから。 そうプログラムされているのです。 今に生きず心配します。

私はヒューマンセルフを無視しろと言っているわけではありません。それには人間でいさせて下さい。 あなたは、“and”に入っていきます。それを観察するのも楽しいですよ。

マスターは何に対しても心配をしません。 全てがマスターにやってきます。 マスターは官能的に楽しみます。

あなた方は、スピリットや、魂とも仲裁しています。 魂に取り入る交渉をしたりします。 「私はいい人だ。私は哲学的であり、先見性があり、許している。」と。 何人かは、束縛的に許していたりします。 拷問になっている人もいます。 そういうのは終わらせて下さい。 そういう風にはしないで下さい。

あなた方は、魂が帰ってくることや、スピリットが人生に入ってくるように交渉しています。 それでは上手くいきません。

あなた方は家族でも仲裁している。 たくさんの事を家族や友人とやっている。 また、アスペクトやキャラクターを抱え込んでいる。 それでは爆発してしまいます。

ボディ オブ コンシャスネスに統合するにあたっては、あなただけでいいのです。 スピリットもいらないのです。 いろんなことを上手くやろうとするのを止めて下さい。 仲裁と言っているのは、うまくやろうとすることの意味で言っています。家族や、子供や、大衆意識とうまくやろうとしなくていいのです。 何もぶち壊しにはなりません。

E:私は既に魂やスピリットを統合しましたけど。
A:魂やスピリットといったものを超えて下さい。 私はそんなものにフォーカスしていません。 ”I Am Here.” にフォーカスしているのです。

魂とか、スピリットといったものに意味はない。

では、リンダの提案があったことですし、仲裁についてメラブをやりましょう。 あなた方は物事とバランスを取ろうとします。 そんな必要もないのに。 物事がバラバラになる必要があれば、そうさせてやって下さい。 起こるに任せて下さい。 許すのです。 すると、全てが機能します。 人々が泣いていることに、あなたが心配する必要はないのです。


Merabh Beyond Mediation
あなた方はエネルギーホルダーでした。 トバイアスはこう言いました、「あなた方はエネルギーホルダーでいる必要はない。地球のためや、人間、ヤシの木やココナッツや魚などのためにエネルギーホルダーでいる必要はない。 あなた方は卒業した。 あなた方はスタンダードになります。 体とスピリットとマインドの新しい人間の形態に。」と。
( 2004年11月シャウド:http://shoud123.blog.fc2.com/blog-entry-128.html )

そして今、ウォークオンシリーズの最後にあたり、私があなた自身と共に言いたいことは、「自分のアスペクトとの仲裁役をやめて下さい。 ヒューマンセルフとも。 あなたの神聖さとの仲裁役もやめて下さい。 仕事や、家族や友だちやシャーンブラとの、そして、全ての仲裁役をやめて下さい。 と言うことです。 そう言うと多くの人は失望しますね。 彼らは私を必要としていると。 しかし、そんなことはありません。 あなたを必要としているのは、そんな形ではなく、別の形です。内側深くのためです。 それは閉じ込められてきました。 仲裁に忙しいがために。

エンライトに対してさえ、仲裁したり、交渉したり、マネージしてきました。それらを解放して下さい。友達から去りなさいとまでは言っていません。 エネルギー的にその役目からシフトするのです。

仲裁しているとエネルギーをブロックしてしまいます。 その流れやポテンシャルをブロックしてしまいます。 人が次は何が起こるんだと泣き叫んでも、仲裁するのではなく、ただ観察者でいて下さい。 人間はそれらに対応するようにプログラムされていますが、観察者でいるだけで、そこに関わっていく必要はありません。

魂やスピリットに対しても観察者でいて下さい。 自分がそれに対してどう思っているかや、魂と呼ばれるものが、どうワークしているかについても観察するだけにして下さい。 あなたに何かしてもらう必要はないのです。 自分自身を自由にして下さい。それが自分自身へのギフトです。 抵抗感を感じてもただ許して下さい。 そして仲裁者を超えて下さい。
ただ、アイアムを、”I Am Here.” を信頼するだけです。

深い呼吸をして下さい。

そして、仲裁者を超えて下さい。

“I Am Here.” でいて下さい。

経験を感応して下さい。

クリエイターでいて下さい。

(間)

では、自分自身を見つめるにあたり、次のことを想像して下さい。 あなたは会議室のイスに座っています。そのテーブルの周りには、あなたのヒューマンセルフ、魂、スピリットも座っています。

そして、たくさんのアスペクトも座っています。そして、あなたの脳も座っています。しかし、体はいません。脳だけです。脳は、「体が欲しい。」とテーブルを見渡しています。 そして、家族も、仕事場も座っています。 大衆意識は座っていないのですが、テーブル上方に、醜い雲となって浮かんでいます。そこであなたは、仲裁してバランスをとろうとしています。

脳に向かってこう言っています。「待ってて、我々が体をつかまえてあげるから。 待って。」と。 体には、こう言っています。「大丈夫、大丈夫。 脳は前向きだから、あなたも健康でいれる。」と。 あなたは、これらを取りもとうとしてきた。 今、私はこれらの全てのアスペクトや存在や脳たちに、「消え去れ。」と命令してほしい。 そこは、あなたの部屋、あなたのスペースなのだから、彼らに去れという命令で、彼らは去らなければならなくなる。 脳が「私は体がないので立ち去れない。」と言っていますが、脳を掴み、放り投げて下さい。

その部屋は今、あなたのものになりました。 あなたの為のものです。 あなたの好きなものを入れることが出来ます。 あなた次第です。

良い深い呼吸をして下さい。

もう仲裁はありません。

(音楽終わる)

今、起こったことですが、実は、先ほどのアスペクトや存在たちは、分離したのではなく、アイアムに統合しました。 しかし、彼らはクンクン犬のように鳴いたり、あなたのエネルギーを引っ張ったり、あなたを泣かせたりはしません。 あなたは彼らに命令しました。 「これは、私のものだ。私はここにいる。」と。 そうシンプルなのです。

Yoham、気分いいですか? 自分のことを良く言って下さい。 そうすると笑顔がでます。悪く言うのは気分を悪くします。エネルギーも引きつけられません。 「私はマスターだ。」すると、写真を撮られるようになったり、TVに出たり、祝福されたりするでしょう。


Part 2
あなた方はハードに働いてきた。不幸にも。 あなた方はただ許すのではなく、全てのことにハードに取り組んできた。人生をかけて、スピリチュアリティに。 人間性に。 仕事に。 全てにハードに取り組んできた。 我々は長い間、一緒にいて、たくさんのことをやった。


The Directive of Fulfillment
あなた方は、私が 結実指向性(the Directive of Fulfillment)と呼ぶポイントに来ています。あなた方はハードワークをしてきました。そして、強情で、なかなか諦めません。あなたが努力やハードワークすることじゃないのに。

指向性(Directive)というのは、方向性や何かの動きを意味します。そこには、慣性、動き、働き、押し、重力(エネルギーの吸収)があります。 今、このエネルギーの動きにより、あなた方は充実していきます。 許すだけで、全てのものが完璧に向かいます。 あなたは何もする必要がありません。 深い呼吸をして、自分自身がマスタリーやエンライトメントに入っていくのを感じて下さい。 とても驚くべきことです。 あなたはフリーパスを持っているのです。

許す以外、何もする必要はありません。 全てを慣性がやってくれます。
自然のエンライトメントへの慣性に抵抗しようとせず、「そんなの本当なの? そんなの起こるの?」と疑って戦うのではなく、ただ深い呼吸をして、流れに乗って下さい。


Merabh to Ride the Flow
川にホップイン(飛び込み)し、ただ流れていくようなものです。あなたが創造した流れです。 エンライトメントに入っていきます。 あなたはクッションの効いたボートに乗り、流れを楽しみます。 風景を、鳥を、木を楽しみます。 あなたはずっと忙しくしていて、楽しむことをしていませんでした。 このボートはパワーを必要としていません。 現在の自然なエネルギーに乗っかっています。 水に手を入れて感じてみて下さい。 あなたはいつも流れに逆らって漕いできました。

さあ、水を感じ、感応の経験をして下さい。 体に水をかけてみて下さい。 そして笑って下さい。 疑いもなく、このボート(アイアムボート)は、あなたをエンライトにつれて行きます。 何も心配いりません。 食事も日焼けも心配ありません。

さあ、楽しむ時です。手を水に入れて、気持ちいいですよね。 手に何かを感じます。手を引き上げてみて下さい。 おっと、金貨が手に入っています。手を水に入れただけなのに。 そう豊かさもそこにあるのです。 あなたが必要とする全てがそこにあります。 あなたがたくさんの事をやってきたからです。

あなたは、重力を、エネルギーの動きを創造しました。 そして、今は何もしないのです。
私は、これを結実の指向性と呼びます。 あなた自身の不変の法則です。 それが起こっています。 崩壊の力を私は気にしていません。 それは起こらないし、機能しません。

さあ、このライド(流れに乗ること)を楽しんで下さい。 今がこれをやる絶好の時です。 あなたは人間からトランスヒューマンに生まれ変わります。 ただ許し、楽しんで下さい。


Part 3

Reality
現実ってなんでしょう? それは、あなたの受け止め方です。 そうシンプルです。 哲学者は、現実を哲学的に捉えます。 作家はそれを書き、教師はそれを教え、カウンセラーはそれをカウンセルしてきました。 しかし、現実とは何でしょう。 あなたが受け取ったものです。 それが全てです。

人間はかなりの長い間、現実を変えようとしてきたのを私は見て来ました。 しかし、ほんの少し進んだり、ほんの少し成功しただけで、その殆どが、フラストレーションを生んできました。 問題はとてもシンプルで、人はこれが現実と信じていることです。 彼らは、自分の信念のもと、現実を変えようとしてきました。 ここ2~3年のシャウドで、アイアムのセンスについて話してきました。 

あなたが捉えているものというのは、実はないのです。 あなたが目で捉えているあなたの体、髪、床、天井、すべて。 そこに何があるか、ほぼ何もなく、空のスペースです。 驚きじゃないですか。

でも、目はいい仕事をしており、マインドに、ここにたくさんの人がいる、と伝えています。 しかし、何もありません。 空のスペースなのです。 粒子があるという人もいるでしょうが、それは正しくなく、プラズマがあるのです。 あなたが感じ取っているのは、プラズマの動きです。 ロマンチックじゃないですねぇ。 あなたが今夜、ベッドで抱く人がいるでしょうが、プラズマを抱いているのです。(笑)

このプラズマが重力や時間、空間を創造しています。 あなた方は、あなたを通して動いているプラズマに没頭させられているだけです。 それは、面白くないと言う人もいるでしょうね。 しかし、じきに人間の人生より、面白くなります。 あなたはプラズマを創造してきました。 それは意識に反応します。 ほんとうのあなたである意識に。 自分自身のために現実を創造して下さい。

自分のために創造するというのが、ここでのポイントです。 世界を変えようとするのは止めて下さい。 それはエネルギー的に逆効果が生じます。 世界はあなた方が定義する良いとか、可愛いいになる必要はありません。 世界を変えて、いい気分になるかもしれませんが、その反動で、あなたは制限され、混乱し、落ち込みます。 人を変えようとしたり、自分以外に思いやりの行動をしても、同じことが起こります。 なので、自分自身に、自分自身の現実を創造することを許して下さい。

そうするために、見えていることは現実ではなく、プラズマだと理解して下さい。それがエネルギーの動きを受け入れる方法です。 自分自身のためにやることで、別の世界も見えてきます。そうしない間は見えてきません。

5次元とか、6次元とか言っているのも、人間のでっち上げです。そんな次元はありません。 あなたが自分のために創造するという地点まで来るまでは何もありません。その後に、新しい現実が形造られ、新しい現実が生まれます。 ”I Am Here.” でいることで、あなたの新しい現実が生まれ始めます。 人間の視点ではない、新しい現実が。


Merabh into Reality Creation
現実って何でしょう。それは、あなたの存在、”I Am Here.” です。 
現実は受け取り方、感じ方です。 現実は一時的な旅、ちょっとした経験であり、目的があるわけではない。

人間は目的を持ちたがることを私は知っている。 そんなとき彼らは、スタックを正当化しているなぁという感覚をもっている。 あなた方はこの現実、また他の現実でも、目的を必要としていない。

人は夢を超えていかないことに、私は悲しみを覚えている。昔は、そこを出て行き、クリスタルラインや、創造現実や、無現実に入っていっていた。 しかし、今は、行っておらず、ヒューマンネスに留まり、問題や、大衆意識に没頭している。

私からの提案ですが、夢の中で、大衆意識や、制限を超えていく時です。 無に入って行って、創造者になる時です。 体が眠り、マインドが静かな時に。“I Am Here, the I Am Present” は、無に行くことが出来ます。

無はどこでしょう? どこでもありません。 しかし、あなたは無に出て行きます。 無の中の無です。 あなたをただ待っています。 そして、あなたのプレゼンスが生まれます。 時間や空間に制限されません。 あなたのプレゼンスは、エネルギーの動きを生み始めます。 あなたがどうすると思わなくても、ただ起こります。 あなたのプレゼンスが無にいて、自由でいる時に。

しばらく、観察していて下さい。考えることなく、これまでは、なかったことと思いますが、あなたに新しい現実が生まれています。起こっていることを観察し、受け入れて下さい。

(長い間)

現実は、なんて簡単なんでしょう。


Recap
今日、最初に私は仲裁者でいることを解放するように話しました。 人間と、魂と、アスペクト、外側の力との仲裁を。 そして、シンプルにあなたでいて、自由でいることを。 いろんな会合で仲裁し、あなたのエネルギーを浪費するのはもう止めにして下さい。 あなた自身を自由にして下さい。 結実の指向性(Directive of Fulfillment)があることを理解して下さい 。 充足への流れ、エンライトメントへの流れは既にそこにあります。 なので、ボートに乗り、川の流れに浮かんでいるだけで、簡単にそこに行けます。

現実は、何でしたか? エネルギーやプラズマの動きをどう受け取るかですね。 ですので、あなたは、欲しい現実の中にいることが出来ます。 他人のために、この現実を変えようとはしないでください。

さあ、あなたの選ぶ現実をあなた自身に許して下さい。

無に入っていくこと、現実を生むことを、自分自身に許して下さい。

あなたは、創造者(クリエイター)です。 それが真実です。


Merabh for Walking On
ウォークオンシリーズを終えるにあたり、良い深い呼吸をして下さい。
何という1年だったでしょう。 このシリーズは、ウォークオンシリーズと名付けました。 というのは、制限から歩み出すから。 世界に自分自身を合わせようとハードに努力することから歩み出すために。 その世界はまだありますが、あなた方は歩み出せます。 それに合わせようとする必要はありません。

自分に仕えないと分かっているのに、保持している古いたくさんのことから歩み出します。 ただの人間から歩み出します。 とても日が経った古代の生体テンプレートから歩み出します。

輝く光のアイアムに入っていきます。

良い深い呼吸をして下さい。

(間)

今年は解放の年でした。来月から新しいシリーズが始まります。 あなたに結実の指向性(Directive of Fulfillment) が始まります。 そして楽しくなります。

全ての創造において、全てはうまく行っています。

さあ、ウォークオンしましょう。

Thank you. (拍手)


Walk_On 11 Video
http://www.crimsoncircle.com/Library/41/225/510/video/CH160702_Walk_On_Shoud_11_English.mp4


-(翻訳)匿名希望さん

スポンサーサイト

| Walk on(ウォークオン)シリーズ | 21:51 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

今まさに❗️
凄い、まちがいなく!

| 鶴岡 裕子 | 2016/07/20 09:08 | URI | ≫ EDIT

自由意志は駄目だということや協調は必要だという話もしてましたよね。

| ナナシ | 2016/07/28 15:30 | URI |

Walk On シリーズを締めくくる 素晴らしいシャウドだと思います。

結実指向性 慣性 いいですね。♪
素晴らしいと思います。
イナズマもといプラズマ 素晴らしいと思います。

また、私が以前 宇宙と意識の相関性をシンボリックに質問した回答もあり、~♪って感じです。

いつも翻訳していただいている匿名様 ありがとうございます。
サイト運営の皆さま ありがとうございます。

暑い日が続きますが、ご自愛下さい。


| 黒ヒョウ | 2016/07/31 00:21 | URI |

「レムリアの真実」という本の献辞にクァンインやクツミやアダマスの名前が載ってました。やっぱり繋がってるんですねぇ。

| ナナシ | 2016/08/14 23:35 | URI |

実際、スピと関連付けしている陰謀論は、クソ だね。
スピも陰謀論も、共産イデオロギーだね。

オカルトチックなことが好きで、
どこぞのパワースポットとか、解放するとか、
はっきり言って、余計なお世話でしょう。笑

自分で自分を解放できない神ってなんなの・・・

赤ちゃんじゃあるまいし。



| 黒ヒョウ | 2016/08/30 07:25 | URI |

自分の現実を創造する。これは素晴らしい事です。
外の何かに依存しようとするのは、
パワーが、世界をコントロールしているという錯覚からです。
外の何かに依存し、自分を差し出していては、
手放すことや、ボイド。
これらは難しくなります。
パワーレスで、手放していく。
許す。
それは、自己の現実創造ですね。

人間は呼吸していますが、
呼吸しようと頭で考えると呼吸が乱れるように、
頭で何とかしようとすると呼吸ひとつできないという事です。
それができていれば、そうしようとは思いません。

| 黒ヒョウ | 2016/08/30 07:33 | URI |














TRACKBACK URI

http://shaumbrabbs.blog.fc2.com/tb.php/61-dfd0ba34

TRACKBACK

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。