FC2ブログ

2015年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2015年 10月  Walk on シャウド 2概要

2015年10月3日
THE CRIMSON CIRCLE MATERIALS
"Walk On - The Powerless Life" Series
SHOUD 2:
Featuring ADAMUS, channeled by Geoffrey Hoppe
Presented to the Crimson Circle
October 3, 2015

http://www.crimsoncircle.com/


まずは、これまでの振り返りからやりましょう。


Short Review
意識は全てです。それが全てです。意識は始まりでもあり、終わりでもあります。すべてが意識で始まります。何度も図示していますが、円の中の中心の点が意識です。それが「I Exist」です。そして「I Exist」では無い でもあります。「I Exist」の真実は無です。黒もなく、暗闇さえありません。静けさもありません。何もありません。天使もいないし、私もいません。過去もなく、未来もありません。ただ、あなたがいるだけです。

その境地に達すると、人間的全てや、とるに足らない事は消え去ります。なぜなら、あなたは常に存在し、これからもそうだからです。あなたの表現や、知覚のし方が変わってきます。経験も、アイアムに対するノーイングネスも変わります。しかし、「I Exist」は常に存在しています。これがコアなのです。この点を伴う円が近い将来、人間の歩みを変えていきます。あなたの将来も変えます。


Coming Changes
現在、意識に対する気づきはとても小さい。科学者が実験したり、発表するものも、意識を考慮していない。しかし、じきに取り入れるようになります。

しかし、今の科学のように、リニアだったり、同じ結果に何度もなるものではないので戸惑います。新しいエネルギーもそうで、毎回、同じ結果にはならず、状況によって変わります。

あなた方には、意識についてのノーイングネスがあります。なので、ここ2~3年で、科学や、技術や、物理学に大きなブレークスルーが起こります。そこに大きな投資もされます。アインシュタインでさえ、新しい発見をするときは、熟考に熟考を重ねていました。そして、既存の概念が足かせとなっていました。

前から言ってますが、人間に自由を受け入れる準備が、出来てるかが疑問です。自由には大きな責任を伴います。他人は責めないのです。私はクリエイターだと言う責任。健康やお金等、私を止めるものは何もないという責任。

意識が全てである ということを理解するのを私は助けていきます。意識はエネルギーを引き付けます。意識がこの宇宙、他次元の世界を創造しました。これはスピリチュアルなことではありません。スピリチュアルと位置づけないでください。ニューエイジでも、宗教でもありません。それらに関連させると、意識の理解を制限してしまいます。また科学まで行ってないんですが、そうなります。20~30年前のことを奇妙に思うように、将来の人が今を見ると奇妙に感じるでしょう。意識に対する理解がないのですから。

「I Exist」を経験し、意識を理解し、意識とエネルギーの違いを理解して下さい。前回のシャウドのメラブで多くの部屋を通過し、すべてを解放し、無に入っていきました。あなた方のいく人かは、「I Exist」や意識を理解し始めます。そして、全てのマキョー、全ての信念体系、あなたが問題や課題と思っていたことを洗い流し始めます。そして、突然、「I Exist」を認識します。死も、親族も、仕事も関係ありません。

真の意識のもとでは、全てが収まるべきところに収まります。人生はシンクロします。ただ起こるし、それを引っ張っているのは意識です。いつ超えていくかや、いつアウェアネスを認識するかを期待しないでください。利己主義の中毒になってしまいますから。

壁を歩いたり、他の次元に行くのに体を伴っていく必要はありません。それが制限になってしまいますから。あなたはアイアムであり、I Exist です。脳も体もありません。それは必要ありません。それが純粋な意識です。

あなた方が、iYammer を伴って、体やマインドを超えていくとき、あなた方の知覚が変わります。あなた方は容易にアイアムとして他次元への旅ができます。しかし、目や耳で何かを捉えることを期待しないでください。他次元で起こることを感じるのは、別のものです。別のセンサーです非物理体のセンサーです。このセンサーの方が自然なのです。耳の方がリアルに捉えるのに自然ではありません。耳には制限があり、周りの風景や距離感を完ぺきには捉えていません。

旅の中でも、あなたはアイアムでありながら、小さな自分もいっしょにいます。利己的な自分がコントロール権をとろうとします。そして、引きずり込まれ犠牲者になります。もうやめましょう。もうダメです。アイアムで満たして下さい。そう演じ始めて下さい。自分を信じて許して下さい。物事は変わり始めます。


An Illustration
では、皆さんに紙を配って下さい。ペンは必要ありません。サイズや色は何でもいいです。その紙で、紙ヒコーキを作って下さい。(みんな紙ヒコーキを作る)そして、それを飛ばして下さい。(みんなで飛ばした)なんで、これをしたかって? 長い事これをしていなかったし、楽しいのではと思ったから。(みんな 笑)


The Nature of Reality
この惑星で、意識に影響を与えているのは、とても少ない人々です。ほとんどの人は意識とは、起きて呼吸している と思っていて真実を知らない。それは制限された意識です。なので、私はここで現実の物理学を教えています。

あなた方は、時間や空間を動いているのではなく、時間や空間があなたを通して動いているのです。現在の考え方からすると矛盾であり、革新ですね。実際に時間や空間を移動するものはありません。現在の思考では、物が時間や空間を移動すると思っています。そして、時間と空間は1つの混合体と考えています。時空間という言い方をしますね。一方なしではもう一方は存在しないと考えています。物が時空間を動いていると思っています。物の動き方が、時や、空間を決めていると思っています。しかし、真実は違います。

実際の物理学、クオンタム物理学では、時空間はあなたを通して動いています。紙ヒコーキを投げた時も、ヒコウキは動いていません。時と空間が動いたのです。なんて素敵なんでしょう。全ての人は現実を捉えるとき、時空間は1つと見ています。時空間が重力をつくり、物が動くと見ています。それは真実ではありません。物に対して時空間が動いたのです。いく人かの人が気づきましたが、昔の映写機にはフィルムのリールがあり、ループがあり、フィルムに光があてられ、スクリーンに映像が映る。このケースと同じです。実際は時空間が動いているのです。

ここのプロジェクターも、プロジェクター自体は動いておらず、フィルムが動いている。そしてスクリーンに動く幻影を映している。あなたである意識は動いていません。カウルダーの腕が動くのも、腕が動いたのではなく、動くことを許容したものであり、時空間が動いたのです。このアナロジーにおいて、ループを通って行ったフィルムが過去であり、光をあてられる前が未来。この光っているところがナウモーメント(今の瞬間)です。あなたはいつもナウモーメントにいることができます。しかし、時間や空間に対する古い理解がために、実際、あなた方はここ(ナウモーメント)にいません。未来はどうなるんだろうとか、過去にそれをすべきじゃなかったなどを考え、現在にいません。

とても興味深いコンセプトですが、これが事実です。時空間はあなたに対して動いています。それにより重力が生まれています。物理的重力というだけでなく、思考や感情も引き付けています。

なので、あなた方は過去に起こったことをリアルと信じています。でも、そうじゃありません。あなたが受け取ってる様(さま)ではありません。重力がそのように保持させています。

重力は信念体系も固めています。個々の信念体系、風習の信念体系を。宗教的信念体系を。時間と空間の重力は、凝り固まった経験を創造する一因になっています。耳や目からの情報で物事を捉える一因となり、もっとあるというノーイングネスを感じにくくさせています。意識になって起動される重力ですが、この重力がいろんなものを固まらせています。

あなた方がブレークアウトして、この住んでいるカゴの外に何かがあるというノーイングネスを得ると、それについて考えたり、見つけ出そうとします。すると、より重力が働き、トラップされた世界に固められてしまいます。 そんな経験をあなた方もしてきましたね。 
殆どの人がこういう見方をしています。時間があり、人は時間軸上を動いている(時間を箱、それを通る線を図示した)。そして時間を計り、物事が通るのにたくさんの時間を要したと言います。時空間は定義されたもの、否定も出来ない、変えることも出来ないものと捉えています。そうではありません。

地球でのあなた方の人生は、時空間に規則化されています。あなた方は時空間を通っていると受け入れて来ました。あなた方は生まれたが為に人生を生き、そして死ぬ、何かをすると信じているし、今日から明日への時間と空間を進みます。それは、とてもリニアです。しかし、それは、真実ではありません。真実は、時空間はあなたを通して動いているのです。そう動くうえで重力を作っています。

時空間は固形ではなく、一定に変位するものでもありません。変化します。人それぞれでも違います。ここに2人のデイビットがいますが、それぞれの時空間は異なっています。あなた方が動くどの時空間もあなたを通していろんな動き方をするし、デイビットの時空間とも異なっています。あなたを通して動く時空間は、あなたの思考や信念体系や身体行動や少しの意識により、決定されています。2人の思考は違っているので、2人の時空間も違っています。

あなたは時空間も重力も一定と考えています。人生のレベルで決定づけており、人生に入り込む重力やフローを及ぼすパワーやフォースが事実としてあります。あなたが時間の神や、時空間の神を手放し、あなたを取り巻くパワーを手放せば、自由を経験できます。あなた方はこれを経験します。なので、ここにいます。

あなた方はこの経験をします。1週間後か1か月後かは問題じゃないですが。その経験により人生に深みが出、信念体系が揺さぶられ、あなた方が抱え込んでいること、特に古い感情や古い制限が揺さぶられます。アハモーメントを得ます。そして人々に時空間のことや重力のことを話だすでしょう。

あなた方は意識に基づいた個々人の時空間や重力を持っています。しかしそこには相互コンセンサスがあり、共同時空間的なものです。殆どの人々は個々の主権のある時空間を喜んであきらめ、時空間の神を受け入れています。キャッチボールにおいてもボールは時間と空間をただ移動するし、時間や空間は一定であり、それゆえ、予測できてキャッチできる。それが常識。しかし、それは時間と空間に関する大衆意識の一種催眠なのです。それは正しいのですが、あなた独自のものであることも事実です。

あなたがこの作用を理解し始めると、あなたは見えなくなることもできます。ただ、時間の外側に行くのです。存在し、なお肉体を持ち、アイアムを持った状態で。ただ大衆意識のごたごたから自分自身を消すだけです。それは驚くべきことでマジカルです。あなたからは彼らが見え、彼らといるのですが、彼らからあなたは見えません。見えることを選択しない限り見えません。あなたはあなたの時空間を所有し管理します。

時空間とは何でしょう。投げられたボールは動いていません。紙飛行機も飛んではいません。最初は奇妙な感じで簡単ではないですね。

ではボールを上に投げますが、時空間が動いていると捉えて下さい。時空間が動いてるのです。ボールは動いていません。最初は奇妙ですね。でもやがてこの違った見方が出来るようになります。そして人生が陽気になります。

ドアが開かれるのです。


Bon
時空間という言葉は、制限を感じるので、「ボン」と呼びます。ボンはホログラムのようなものです。意識が感じたり、経験する手段の1つです。それは、意識が見たり、感じたり、経験したりできるホログラムです。目で見るのではなく、感じたり、経験するのです。それがクリエーションの全てのコアです。

ボンは、意識が演じるステージ、または、意識のスクリーンのようなものです。ボンまたは時空間は、全ての現実に存在します。意識に仕えるためにあります。意識には、エネルギーがありませんから。意識は物理現実ではありません。意識は選択します。自分の経験を選択します。ここ地球での最大の経験は時空間です。あなたのする全てのこと、時、空間、重力を許しています。ということで、ボンは意識が旅するところ、経験するところに存在しています。ボンは、次元次元を変え、影響し、意識は異なる経験をすることを許しています。全ての次元に、重力が存在しますが、それらは、ここ地球とは異なっています。

時空間はあなたを通して動いており、あなたに仕えています。あなたが時空間に仕えているのではありません。では、質問がたくさん沸いているようなので、質問を受けます。

M:エネルギーというのは、知覚ではないのでしょうか?

A:エネルギーは知覚ですが、とてもとてもリアルです。エネルギーはあなた方に仕える1形態です。ボンはエネルギーフィールドの混成体と呼べます。ニュートラル状態のエネルギーポテンシャルのフィールド(受容体)があり、ここにもあり、いたる所にあります。それは、意識に起動されるのを待っています。

それが起動されたのち、ニュートラルだったものが、ポジティブにも、ネガティブエネルギーにもなります。これはプラズマに入っていくのを待っています。原子や分子等、重力に起動される、この現実のあらゆる物のトリガーとなることを待っています。

時空間というのは、じょうごみたいなものです。ベンチュリ(ベンチュリ管 )を知ってる人もいるでしょう。
※ベンチュリ(ウィキ) 

流体力学で扱う、流量調節器です。容器を使って液体を圧縮して解放すると、液体の流れが生じます。ここにも時間と空間があります。大きな圧力をかけると大きなエネルギーを得るのですが、これは圧をかけたからというより、元々液体により多くのエネルギーが内在させており、それがベンチュリを通して起動されたのです。時空間はこれに似ています。

このベンチュリにあたるものが何でしょう? そう、ナウモーメントです。ここが過去、ここが未来です。これがあなたを通して働く時空間の原理の1つです。

あなたが現在にいて、意識的でいる。アウェアネス(認識)に気づいている。「 I Exist 」でいると、時空間の流れ方が変わります。物事が、遅くなったように感じます。時空間がより調和し、より適応し、過去や未来に捉われていた時より、よりあなたに仕えるようになります。

最初の話に戻りますが、投げたボールは動いていません。時空間が動いたのです。そして重力が生じました。物理的なもの、感情的なもの、信念的な重力です。そして、現実が作られました。

美しいものですね。これを起こす意識、あなた方の能力。意識は手も足も脳も目も持っていません。あなたの為に意識がこれを起こしました。すごいですね。ホントにすごい。

大衆意識を出ていき、自分自身の時空間に入っていき、時空間の神に、もはや頼らなくなると、自分自身のボンや自分自身のプラズマや全てが備わった主権ある存在となり、自由になります。実に興味深い。おしゃべりばかりしていないで、経験に入っていって下さい。

あなた方は時間と空間がゆるみ始めるのを感じ始めます。よりフレキシブルに感じます。最初は不快でしょう。あなたの肉体は時間と空間に関する古い信念に基づいてきたのですから。それを出ていくと、奇妙で不安定に感じ、夢も奇妙なものになります。


A Dream
カウルダーが見た夢を紹介します(カウルダーに許可を取りたいですが、彼は寝ているようです)。カウルダーたちは追われていました。そして、ガラクタや鉄や車やトラックがある倉庫を見つけました。すると、列車が自分たちのところに、とても速いスピードで近づいてきました。その列車はピタッっと何のモーメンタムを伴うことなく止まりました。

これはいい例ですが、追われているというのは、他人があなたに対してクレイジーと思っている表れです。あなたがブレイクスルーしようとしているのを彼らは好ましく思っていないのです。彼らはこう言います。「それはでっち上げだ。バカげている。科学的に証明してみろ。」と。

あなた方はそれを証明してみせる必要はありません。なぜなら、彼らを変えようとしてるのではなく、あなたの為にそれを使っているのですから。

列車が何のモーメンタムもなく止まったように、あなたの人生の物事と同じです。感情や過去のモーメンタムのように。時空間はあなたを通して動いているのですから、ただ止まるのです。

列車が止まると、兵隊たちが降りてきて、カウルダーたちを追いかけてきました。兵隊たちはこう言っています。おまえたちは信用できない。クレイジーだ。ノーマルに戻れと。そして、どんどんカウルダーに近づいてきて、カウルダーはみんなに、こう叫びました。「時間はないのだ。見えなくなろう。」と。すると、体が光のビームになり、別の惑星に移動しました。ここの時間世界から、ただ出ていったのです。大衆意識から出ていったのです。それだけです。私は選択すると言っただけです。何の努力も戸惑いもなく。美しいですね。あなたにもできます。あなたも時空間やボンを理解すると、このことを何も心配する必要はありません。

カウルダーの声が聞こえなかった人もおり、それらの人たちは、恐怖でパニックになり、兵隊に捕まってしまった。それから、カウルダーは、古い車に乗ってハイウェイを走っており、犯人として捕まった人々を探していた。しかし、彼らはパーティをしていた。お祝いをしており、いいワインを開けていた。

このポイントは、祝福があり、誰も捕われの身ではないということです。人生で困難な局面にあるとしても、あなた方は自由なのです。

時間や空間は物を通して動いているのです。犬を通して。壁を通して。時間と空間の流れは、あなたに仕えています。あなたが選択すれば。まだ大衆意識の時空間はあり、その中にいることも出来れば、出ていくことも出来るし、両方にもいれます。自由なのです。


A Timespace Experience
では、あなた方に時空間が動いているのを感じて欲しい。照明を落とし、音楽をかけて下さい。我々はウォークオンシリーズへと進んでいきます。古い時空間の制限を超えていきます。

自分自身に「I Exist」と言って下さい。深い呼吸をして下さい。そして、静かでいて下さい。そして、感じて下さい。

時間と空間はあなたを通して動いています。あなた、あなたの意識はコンスタントであり、いつもそこにいます。いつもナウモーメント(今の瞬間)にいます。意識はナウモーメントの外に出ていけません。あなたは外に行けます。過去や未来に行けます。意識はナウモーメントであり、ナウモーメントは意識です。あなたはコンスタントです。あなたはプロジェクターの光です。あなた自身にマインドや思考を超えさせ、感じさせて下さい。時空間があなたを通して動かしているので、感じるのを許して下さい。時空間はこの音楽を通しても動いています。音楽が時空間を動かしているのではありません。しばらく聞いていて下さい。

(間)

平凡な思考では、音楽は空間の中にあると思っており、時間やビートやリズムの要素をもっていると思っている。しかし、知覚をシフトさせて下さい。時空間は実は、音楽を通して動いています。音楽って何でしょう? それは意識が創造したものです。意識の創造者が、歌詞やバイブレーションやインパルスを一緒にしたものです。今も音楽は動いておらず、時空間が動いています。新しい知覚でそれを感じて下さい。

(間)

意識が存在するとき、音楽が起動されます。あなたが聞いているのは、時空間の流れです。あなたの意識は気づいており、あなたの耳も聞いています。あなたはあなた自身をオープンにし、許しています。ある人は、これはデジタル録音だと言うでしょうが、違います。時空間が創造のパターン、共鳴を通して動いているのです。

深い呼吸をして下さい。それは、時空間が流れる川のようです。

(間)

あなたは意識の存在です。意識はエネルギーを起動します。あなたは創造します。なぜなら、あなたは意識だから。そして創造はエネルギーを起動します。エネルギーがフォースを呼び、時空間のエレメント、私がボンと呼ぶものを呼び、川が流れ始めます。川は動きます。今、あなたを通して流れている美しい川です。あなたのハートは動いていません。時空間が動いているのです。

ボールを投げたときも動いているのは時空間です。ボールは独自の時空間、独自の動力が働き、あなたの目はボールが動いていると捉えます。しかし、今、時間をとり、感じてみて下さい。時空間が動いていることを。

(間)

あなたが運転する車も、車自体は動いていません。時空間が動いています。そのホログラムが動いており、あなたに仕えています。

(間)

今、それを感じて下さい。人生のポログラム、ボンを、あなたを、あなたの思考を、あなたの体を通じて動いている時空間を。それは、あなたに仕えています。

時空間があなたの仕事が遅かったり、パニックになったり、上司に言われることに心配になる時とは全く違う動きをしています。あなたが混乱していると、それは違った動きをします。あなたに仕えているのです。あなたに抵抗して動こうとはしません。

意識に反応して動いているだけです。マスターはボンに時空間にホログラムに命令することができると理解しています。このホログラムを自分に仕えるよう命令することができます。

突然、時間が拡張したように思えますね。歴史が変わり始めましたね。マスターはナウモーメントにいます。古いことはもはや、重要ではありません。小さな人間はもうとるに足りません。ドラマも人生の行き詰まりもそうです。マスターは時空間が自分に反応していることを理解しています。ホログラムは彼らの意識に反応しています。思考ではなく意識です。

パニックや心配がどんどん無くなって行きます。彼らの自由度やホログラムを仕えさせる能力が、全てが変わります。古い時間や空間から出ていきます。そして、自分自身の中へ。彼らは他人や大衆意識と一緒にいることもできます。自分自身の中にいて、選択により、許しにより、オペレートします。

あなたが心配してきたことは実際、重要でなくなります。檻(おり)には、もう捉われていません。過去や未来は重要ではなく、存在すらしなくなります。質問は無くなります。この空間で、アイアムを感じ、ホログラム、ボンがあなたに仕えるのを許して下さい。自分がクリエーターであることに突然気づきます。

あなた方は、物が時空間を動くものとし、時空間の神に服従してきた。しかし、そうではありません。それはあなたに仕えるのです。あなた方は、物事を重要か重要でないかに分別してきた。全てが可能と気づくでしょう。あなた方はナウモーメントの中におり、意識に戻るのです。それはシンプルです。深く呼吸して下さい。時空間はあなたを通して動きます。

あなたに従って流れます。そう認識すると重力が変わります。肉体を老化させていた重力。あなたを生まれ変わりのサイクルに保持してきた重力が変わります。

時空間があなたに仕えるものと認識し、許せば、重力、引き付け力、保持力が変わります。次のギャザリングで、このことを取り上げます。深い呼吸をして、次のギャザリングを感じて下さい。

時空間がそこにあり、いかにあなたに仕えているかを。これは、瞑想ではありません。フローを感じているのです。肉体で感じているかも知れませんが、違うセンターで感じると思います。どう流れているかを感じて下さい。あなたがいかに、物事を、時空間を、動いているとしてきたか。そのやり方と戦い、ジタバタしてきたかを。そして、それとの違いを感じて下さい。今、それが全て変わります。

今、話していることは、地球が平面である捉え方と、丸いとする見方との違いです。時空間に対する古い意識との違いです。これがリアルです。哲学でも、宗教でも、ニューエイジでもありません。これがリアルなのです。

これからの30日間のあなたの人生に着目してみて下さい。流れだけでなく、重力の違いも。私が言っている重力は、固形化や、保持という意味です。それが、人生でいかにシフトしているか見て下さい。深い呼吸をして下さい。

あなた方はこの事について、人や自分とディベートするでしょうが、最も重要なことは、自分自身に、それを人生の中で感じさせたり、経験させることを許すことです。

何も起こらなかったり、ただのいい午後のひとときかも知れないが、それでいいんです。深いよい呼吸をして下さい。

我々はたくさん歩いて行きます。今はその始まりに過ぎません。

全ての創造において全てはうまくいっています。

Aargh!  (拍手)


Walk On 2 Video
http://www.crimsoncircle.com/Library/41/215/491/video/CH151003_Walk_On_Shoud_02_English.mp4


-(翻訳)匿名希望さん

スポンサーサイト

| Walk on(ウォークオン)シリーズ | 11:54 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。