FC2ブログ

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016年 7月  Walk on シャウド 11概要

2016年7月2日
THE CRIMSON CIRCLE MATERIALS
“Walk On - The Powerless Life” Series
SHOUD 11 – Featuring ADAMUS SAINT-GERMAIN, channeled by Geoffrey Hoppe
Presented to the Crimson Circle
July 2, 2016

www.crimsoncircle.com


Part 1
今月は3つのことについて話していきます。

※ここで、ミュンヘンで行われた「4 Masters in Munich」について言及あり。
https://store.crimsoncircle.com/4-masters-in-munichx.html


Transhumanism
超人間主義(トランスヒューマニズム)の動きが、この地球で起こっています。それは、不死の人になること、技術によって人間の状態を超えることです。それは悪いことではありません。人々は、この生体、体のテンプレートに何百万年も今と同じ状態にされています。アトランティスの時代はもっと多くの選択肢があった。 しかし、全ての人が、同じくらいの大きさ、同じメンタルキャパシティ、同じくらい生きるようにされてしまった。 これから変わる時です。 自然の進化はこうなっていることではありません。

大衆意識の重力により、自然な人間の進化が遮られています。地球エネルギーを取り巻いている思考の重力により、人間は夢の世界に行くことを拒まれています。 動物園に括り付けられているのです。 なので、体もマインドもあまり変化出来ずにいます。それを超えたいという欲求があります。 しかし、どうやってでしょう?

薬や科学は、そんなには体やマインドに変化をもたらせません。 科学は体を変えることになるでしょう。 超人間主義は、現在、体にフォーカスしています。 彼らはマインドに対するアプローチのアイデアもたくさんあると言っています。脳へのインプラントにより、アクセスを高速にする等。 そこには、注意点もありますが。

この話は、サイエンスフィクションではありません。今、研究所で行われていることです。

しかし、マインドを進化させることは、動物園に括られ続けることになるのでは?
このトランスヒューマンを次のシリーズの呼び名にします。 トランスヒューマンとは、人間セルフの変化です。不死になるわけではないですが。そもそも死はありません。肉体から知的状態に変化するだけです。 いったん、これが分かると、選択により、トランジションしていきます。病気になることなく。

トランスヒューマンシリーズを通して、我々はトランジションしていきます。肉体もマインドも自然に変化していきます。許すことで。 真の大きな夢を描くことで、自分自身の現実を創造することで。 現実は、気づいている意識、許容している意識で作られています。それ以外の何ものでもありません。それにより、エネルギーが形成されます。 
しかし、人々は、現実が先にあり、そこに入っていくものだと思っています。また、現実は外側からの力により、形成されていると思っていて、外側からの力により、自分のニーズを現実化しようと試みます。

しかし、それでは現実は変わりません。 エネルギーは意識に反応するものですから。

意識なくして、宇宙もそれ以外も存在しません。それがコアです。測ることも出来ないし、見ることもできなく、パワーレスです。 しかし、それが全てです。

もうすぐ、プロナストupdate をしますが、その中で、次のシリーズで扱うことについて、話します。 次のシリーズの前に見るといいと思います。


Today’s Question
あなたの今の人生を象徴する名刺を作るとしたら、どんなデザイン、名前、タイトル(役職など)にしますか? あなたのエネルギーをサマライズして下さい。

E: Edith Proctor(エディス プロクター)、ハートリアリティ。 
A:社長とか、グランドマスターとかつけないの?
E:もちろんつけます。
A:私は、アダマス・グランド アセンデットマスター と言っています。 次。
K:超えることを信頼している人です。
A:そうですね。 あなた方には、選択はない。でも、超えることを信頼して下さい。力がつかないと、信頼しないですよね。 自分自身を信頼して下さい。 それは、恐怖でもあり、美しいことです。

いろんな事があなたを高い教育や、高い存在などに向かわせようとしますが、それらにあなたをエンライトさせることは出来ない。 あなたのためにそうさせるべきでもない。

あなた方は、突然、超えていくには自分を信頼するしかないと気づきます。

時間があなたを通して動いていることも。 あなたの選択ではなく、それを許すことです。 選択というと、誰かや、何かにパワーを使うことに戻ってしまいます。それでは、あなたのしたい所に行けません。

人は今、とても傷つきやすくなっています。自分を自慢すべきではないと言います。 私は好きですけどね。 時に、話を盛ります。あなた方が笑うから。 人々はよく自分を悪く言います。 それはマスターのする事ではありません。自分のことを良く言って下さい。 笑顔でそうして下さい。あなたを表に出すために ビジネスカードを提案しました。 あなた方のビジネスカードに仲裁者(Mediating)と入れた方がいいでしょう。


Mediating
あなた方は、生活の中でたくさんの仲裁(調整)をしています。 家庭で平和にするため等に。 アイアムは人間であるあなたと仲裁をしています。 人間であるあなたは、衣、食、住、仕事、消費などにニーズをもっています。あなた方は人から要求や、愚痴を言われてますよね。

人は明日のことを心配し、現在にいない。アイアムを仲裁してます。 人間セルフは、泣きごとを言ったり、心配するのを止めないから。 そうプログラムされているのです。 今に生きず心配します。

私はヒューマンセルフを無視しろと言っているわけではありません。それには人間でいさせて下さい。 あなたは、“and”に入っていきます。それを観察するのも楽しいですよ。

マスターは何に対しても心配をしません。 全てがマスターにやってきます。 マスターは官能的に楽しみます。

あなた方は、スピリットや、魂とも仲裁しています。 魂に取り入る交渉をしたりします。 「私はいい人だ。私は哲学的であり、先見性があり、許している。」と。 何人かは、束縛的に許していたりします。 拷問になっている人もいます。 そういうのは終わらせて下さい。 そういう風にはしないで下さい。

あなた方は、魂が帰ってくることや、スピリットが人生に入ってくるように交渉しています。 それでは上手くいきません。

あなた方は家族でも仲裁している。 たくさんの事を家族や友人とやっている。 また、アスペクトやキャラクターを抱え込んでいる。 それでは爆発してしまいます。

ボディ オブ コンシャスネスに統合するにあたっては、あなただけでいいのです。 スピリットもいらないのです。 いろんなことを上手くやろうとするのを止めて下さい。 仲裁と言っているのは、うまくやろうとすることの意味で言っています。家族や、子供や、大衆意識とうまくやろうとしなくていいのです。 何もぶち壊しにはなりません。

E:私は既に魂やスピリットを統合しましたけど。
A:魂やスピリットといったものを超えて下さい。 私はそんなものにフォーカスしていません。 ”I Am Here.” にフォーカスしているのです。

魂とか、スピリットといったものに意味はない。

では、リンダの提案があったことですし、仲裁についてメラブをやりましょう。 あなた方は物事とバランスを取ろうとします。 そんな必要もないのに。 物事がバラバラになる必要があれば、そうさせてやって下さい。 起こるに任せて下さい。 許すのです。 すると、全てが機能します。 人々が泣いていることに、あなたが心配する必要はないのです。


Merabh Beyond Mediation
あなた方はエネルギーホルダーでした。 トバイアスはこう言いました、「あなた方はエネルギーホルダーでいる必要はない。地球のためや、人間、ヤシの木やココナッツや魚などのためにエネルギーホルダーでいる必要はない。 あなた方は卒業した。 あなた方はスタンダードになります。 体とスピリットとマインドの新しい人間の形態に。」と。
( 2004年11月シャウド:http://shoud123.blog.fc2.com/blog-entry-128.html )

そして今、ウォークオンシリーズの最後にあたり、私があなた自身と共に言いたいことは、「自分のアスペクトとの仲裁役をやめて下さい。 ヒューマンセルフとも。 あなたの神聖さとの仲裁役もやめて下さい。 仕事や、家族や友だちやシャーンブラとの、そして、全ての仲裁役をやめて下さい。 と言うことです。 そう言うと多くの人は失望しますね。 彼らは私を必要としていると。 しかし、そんなことはありません。 あなたを必要としているのは、そんな形ではなく、別の形です。内側深くのためです。 それは閉じ込められてきました。 仲裁に忙しいがために。

エンライトに対してさえ、仲裁したり、交渉したり、マネージしてきました。それらを解放して下さい。友達から去りなさいとまでは言っていません。 エネルギー的にその役目からシフトするのです。

仲裁しているとエネルギーをブロックしてしまいます。 その流れやポテンシャルをブロックしてしまいます。 人が次は何が起こるんだと泣き叫んでも、仲裁するのではなく、ただ観察者でいて下さい。 人間はそれらに対応するようにプログラムされていますが、観察者でいるだけで、そこに関わっていく必要はありません。

魂やスピリットに対しても観察者でいて下さい。 自分がそれに対してどう思っているかや、魂と呼ばれるものが、どうワークしているかについても観察するだけにして下さい。 あなたに何かしてもらう必要はないのです。 自分自身を自由にして下さい。それが自分自身へのギフトです。 抵抗感を感じてもただ許して下さい。 そして仲裁者を超えて下さい。
ただ、アイアムを、”I Am Here.” を信頼するだけです。

深い呼吸をして下さい。

そして、仲裁者を超えて下さい。

“I Am Here.” でいて下さい。

経験を感応して下さい。

クリエイターでいて下さい。

(間)

では、自分自身を見つめるにあたり、次のことを想像して下さい。 あなたは会議室のイスに座っています。そのテーブルの周りには、あなたのヒューマンセルフ、魂、スピリットも座っています。

そして、たくさんのアスペクトも座っています。そして、あなたの脳も座っています。しかし、体はいません。脳だけです。脳は、「体が欲しい。」とテーブルを見渡しています。 そして、家族も、仕事場も座っています。 大衆意識は座っていないのですが、テーブル上方に、醜い雲となって浮かんでいます。そこであなたは、仲裁してバランスをとろうとしています。

脳に向かってこう言っています。「待ってて、我々が体をつかまえてあげるから。 待って。」と。 体には、こう言っています。「大丈夫、大丈夫。 脳は前向きだから、あなたも健康でいれる。」と。 あなたは、これらを取りもとうとしてきた。 今、私はこれらの全てのアスペクトや存在や脳たちに、「消え去れ。」と命令してほしい。 そこは、あなたの部屋、あなたのスペースなのだから、彼らに去れという命令で、彼らは去らなければならなくなる。 脳が「私は体がないので立ち去れない。」と言っていますが、脳を掴み、放り投げて下さい。

その部屋は今、あなたのものになりました。 あなたの為のものです。 あなたの好きなものを入れることが出来ます。 あなた次第です。

良い深い呼吸をして下さい。

もう仲裁はありません。

(音楽終わる)

今、起こったことですが、実は、先ほどのアスペクトや存在たちは、分離したのではなく、アイアムに統合しました。 しかし、彼らはクンクン犬のように鳴いたり、あなたのエネルギーを引っ張ったり、あなたを泣かせたりはしません。 あなたは彼らに命令しました。 「これは、私のものだ。私はここにいる。」と。 そうシンプルなのです。

Yoham、気分いいですか? 自分のことを良く言って下さい。 そうすると笑顔がでます。悪く言うのは気分を悪くします。エネルギーも引きつけられません。 「私はマスターだ。」すると、写真を撮られるようになったり、TVに出たり、祝福されたりするでしょう。


Part 2
あなた方はハードに働いてきた。不幸にも。 あなた方はただ許すのではなく、全てのことにハードに取り組んできた。人生をかけて、スピリチュアリティに。 人間性に。 仕事に。 全てにハードに取り組んできた。 我々は長い間、一緒にいて、たくさんのことをやった。


The Directive of Fulfillment
あなた方は、私が 結実指向性(the Directive of Fulfillment)と呼ぶポイントに来ています。あなた方はハードワークをしてきました。そして、強情で、なかなか諦めません。あなたが努力やハードワークすることじゃないのに。

指向性(Directive)というのは、方向性や何かの動きを意味します。そこには、慣性、動き、働き、押し、重力(エネルギーの吸収)があります。 今、このエネルギーの動きにより、あなた方は充実していきます。 許すだけで、全てのものが完璧に向かいます。 あなたは何もする必要がありません。 深い呼吸をして、自分自身がマスタリーやエンライトメントに入っていくのを感じて下さい。 とても驚くべきことです。 あなたはフリーパスを持っているのです。

許す以外、何もする必要はありません。 全てを慣性がやってくれます。
自然のエンライトメントへの慣性に抵抗しようとせず、「そんなの本当なの? そんなの起こるの?」と疑って戦うのではなく、ただ深い呼吸をして、流れに乗って下さい。


Merabh to Ride the Flow
川にホップイン(飛び込み)し、ただ流れていくようなものです。あなたが創造した流れです。 エンライトメントに入っていきます。 あなたはクッションの効いたボートに乗り、流れを楽しみます。 風景を、鳥を、木を楽しみます。 あなたはずっと忙しくしていて、楽しむことをしていませんでした。 このボートはパワーを必要としていません。 現在の自然なエネルギーに乗っかっています。 水に手を入れて感じてみて下さい。 あなたはいつも流れに逆らって漕いできました。

さあ、水を感じ、感応の経験をして下さい。 体に水をかけてみて下さい。 そして笑って下さい。 疑いもなく、このボート(アイアムボート)は、あなたをエンライトにつれて行きます。 何も心配いりません。 食事も日焼けも心配ありません。

さあ、楽しむ時です。手を水に入れて、気持ちいいですよね。 手に何かを感じます。手を引き上げてみて下さい。 おっと、金貨が手に入っています。手を水に入れただけなのに。 そう豊かさもそこにあるのです。 あなたが必要とする全てがそこにあります。 あなたがたくさんの事をやってきたからです。

あなたは、重力を、エネルギーの動きを創造しました。 そして、今は何もしないのです。
私は、これを結実の指向性と呼びます。 あなた自身の不変の法則です。 それが起こっています。 崩壊の力を私は気にしていません。 それは起こらないし、機能しません。

さあ、このライド(流れに乗ること)を楽しんで下さい。 今がこれをやる絶好の時です。 あなたは人間からトランスヒューマンに生まれ変わります。 ただ許し、楽しんで下さい。


Part 3

Reality
現実ってなんでしょう? それは、あなたの受け止め方です。 そうシンプルです。 哲学者は、現実を哲学的に捉えます。 作家はそれを書き、教師はそれを教え、カウンセラーはそれをカウンセルしてきました。 しかし、現実とは何でしょう。 あなたが受け取ったものです。 それが全てです。

人間はかなりの長い間、現実を変えようとしてきたのを私は見て来ました。 しかし、ほんの少し進んだり、ほんの少し成功しただけで、その殆どが、フラストレーションを生んできました。 問題はとてもシンプルで、人はこれが現実と信じていることです。 彼らは、自分の信念のもと、現実を変えようとしてきました。 ここ2~3年のシャウドで、アイアムのセンスについて話してきました。 

あなたが捉えているものというのは、実はないのです。 あなたが目で捉えているあなたの体、髪、床、天井、すべて。 そこに何があるか、ほぼ何もなく、空のスペースです。 驚きじゃないですか。

でも、目はいい仕事をしており、マインドに、ここにたくさんの人がいる、と伝えています。 しかし、何もありません。 空のスペースなのです。 粒子があるという人もいるでしょうが、それは正しくなく、プラズマがあるのです。 あなたが感じ取っているのは、プラズマの動きです。 ロマンチックじゃないですねぇ。 あなたが今夜、ベッドで抱く人がいるでしょうが、プラズマを抱いているのです。(笑)

このプラズマが重力や時間、空間を創造しています。 あなた方は、あなたを通して動いているプラズマに没頭させられているだけです。 それは、面白くないと言う人もいるでしょうね。 しかし、じきに人間の人生より、面白くなります。 あなたはプラズマを創造してきました。 それは意識に反応します。 ほんとうのあなたである意識に。 自分自身のために現実を創造して下さい。

自分のために創造するというのが、ここでのポイントです。 世界を変えようとするのは止めて下さい。 それはエネルギー的に逆効果が生じます。 世界はあなた方が定義する良いとか、可愛いいになる必要はありません。 世界を変えて、いい気分になるかもしれませんが、その反動で、あなたは制限され、混乱し、落ち込みます。 人を変えようとしたり、自分以外に思いやりの行動をしても、同じことが起こります。 なので、自分自身に、自分自身の現実を創造することを許して下さい。

そうするために、見えていることは現実ではなく、プラズマだと理解して下さい。それがエネルギーの動きを受け入れる方法です。 自分自身のためにやることで、別の世界も見えてきます。そうしない間は見えてきません。

5次元とか、6次元とか言っているのも、人間のでっち上げです。そんな次元はありません。 あなたが自分のために創造するという地点まで来るまでは何もありません。その後に、新しい現実が形造られ、新しい現実が生まれます。 ”I Am Here.” でいることで、あなたの新しい現実が生まれ始めます。 人間の視点ではない、新しい現実が。


Merabh into Reality Creation
現実って何でしょう。それは、あなたの存在、”I Am Here.” です。 
現実は受け取り方、感じ方です。 現実は一時的な旅、ちょっとした経験であり、目的があるわけではない。

人間は目的を持ちたがることを私は知っている。 そんなとき彼らは、スタックを正当化しているなぁという感覚をもっている。 あなた方はこの現実、また他の現実でも、目的を必要としていない。

人は夢を超えていかないことに、私は悲しみを覚えている。昔は、そこを出て行き、クリスタルラインや、創造現実や、無現実に入っていっていた。 しかし、今は、行っておらず、ヒューマンネスに留まり、問題や、大衆意識に没頭している。

私からの提案ですが、夢の中で、大衆意識や、制限を超えていく時です。 無に入って行って、創造者になる時です。 体が眠り、マインドが静かな時に。“I Am Here, the I Am Present” は、無に行くことが出来ます。

無はどこでしょう? どこでもありません。 しかし、あなたは無に出て行きます。 無の中の無です。 あなたをただ待っています。 そして、あなたのプレゼンスが生まれます。 時間や空間に制限されません。 あなたのプレゼンスは、エネルギーの動きを生み始めます。 あなたがどうすると思わなくても、ただ起こります。 あなたのプレゼンスが無にいて、自由でいる時に。

しばらく、観察していて下さい。考えることなく、これまでは、なかったことと思いますが、あなたに新しい現実が生まれています。起こっていることを観察し、受け入れて下さい。

(長い間)

現実は、なんて簡単なんでしょう。


Recap
今日、最初に私は仲裁者でいることを解放するように話しました。 人間と、魂と、アスペクト、外側の力との仲裁を。 そして、シンプルにあなたでいて、自由でいることを。 いろんな会合で仲裁し、あなたのエネルギーを浪費するのはもう止めにして下さい。 あなた自身を自由にして下さい。 結実の指向性(Directive of Fulfillment)があることを理解して下さい 。 充足への流れ、エンライトメントへの流れは既にそこにあります。 なので、ボートに乗り、川の流れに浮かんでいるだけで、簡単にそこに行けます。

現実は、何でしたか? エネルギーやプラズマの動きをどう受け取るかですね。 ですので、あなたは、欲しい現実の中にいることが出来ます。 他人のために、この現実を変えようとはしないでください。

さあ、あなたの選ぶ現実をあなた自身に許して下さい。

無に入っていくこと、現実を生むことを、自分自身に許して下さい。

あなたは、創造者(クリエイター)です。 それが真実です。


Merabh for Walking On
ウォークオンシリーズを終えるにあたり、良い深い呼吸をして下さい。
何という1年だったでしょう。 このシリーズは、ウォークオンシリーズと名付けました。 というのは、制限から歩み出すから。 世界に自分自身を合わせようとハードに努力することから歩み出すために。 その世界はまだありますが、あなた方は歩み出せます。 それに合わせようとする必要はありません。

自分に仕えないと分かっているのに、保持している古いたくさんのことから歩み出します。 ただの人間から歩み出します。 とても日が経った古代の生体テンプレートから歩み出します。

輝く光のアイアムに入っていきます。

良い深い呼吸をして下さい。

(間)

今年は解放の年でした。来月から新しいシリーズが始まります。 あなたに結実の指向性(Directive of Fulfillment) が始まります。 そして楽しくなります。

全ての創造において、全てはうまく行っています。

さあ、ウォークオンしましょう。

Thank you. (拍手)


Walk_On 11 Video
http://www.crimsoncircle.com/Library/41/225/510/video/CH160702_Walk_On_Shoud_11_English.mp4


-(翻訳)匿名希望さん

スポンサーサイト

| Walk on(ウォークオン)シリーズ | 21:51 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016年 6月  Walk on シャウド 10概要

2016年6月4日
THE CRIMSON CIRCLE MATERIALS
"Walk On - The Powerless Life" Series
SHOUD 10
Featuring ADAMUS, channeled by Geoffrey Hoppe
Presented to the Crimson Circle
June 4, 2016

www.crimsoncircle.com/


I See You
私はあなた方と昔、ミステリースクールで会っています。その時もあなた方はエンライトメントの用意が出来ており、私がそう言ったのですが、あなた方は「いいえ、まだです。」と言っていた。 そしてこのエンライトメントに相応しい時期に、またやって来て、ここにいます。私はあなた方1人1人が本当は誰なのかを知っているし、なぜ、ここにいるかを知っています。 あなたはブレークスルーが何かは知っているが、どうやってそこに行くかは知らない。 あなたは、あなたのクリアーな生命を感じることが出来るのですが、いつそうなるかを知らない。

あなた方は朝起きると、「今日はその日?いつくるの?」と思い、一日中、「私の何が悪いの? 次は何をすればいいの? いつ覚醒はくるの?」と言い、混乱し、とてもフラストレーションを抱いている。

しかし、あなたの神聖レベルは、まだ待っているのです。 あなたは何も悪くないのですが、「まだだ。まだだ。」と言っている、あなたの内側のものがあります。 あなた方はたくさん学び、古い問題をクリアーしてきた。それはいいことです。 しかし、あなたはまだ、いい時(適時)を待ってい続けています。 後々あなた方は、これがとてもシンプルなことと分かります。

あなた方は「自分は何もコントロールしていない。しかし、マインドが騒ぐ。」と言いますね。 深い呼吸をし、それを超えて行って下さい。混乱したり、ハードにワークしたりせず、ただリラックスしていて下さい。


Question of the Day
あなたは今と、4年前とで、どう変わりましたか?
(会場:全てが変わった。 意識的になった。 いろんな事がクリアーになった。 S3:創造性において、とても変わった。 健康については以前よりいいが、あまり良くない。 S4:とてもいい。ただ、睡眠があまりとれていない。)

A:深い呼吸をして下さい。この15年、12年、1年、起こったことは、簡単なものでは無かったですね。エンライトメントのプロセスはとてもチャレンジングですね。 次に何が起こるかを期待していた。 たくさんの古い問題を解放してきた。 あなた方は以前ほど、内側で衝突しなくなりました。自分自身をより愛し、自分自身とよりうまくやっています。

私が注目しているのは、あなた方のエネルギーレベルです。ある時は高く、ある時は低い。 エネルギーは、あなたのビジネスや、創造プロジェクトや、人生や、恋愛に向けられる傾向があり、幾分スタックしています。


The Previous Year
では、去年1年間について話します。 この年はシャーンブラにとっても、私にとっても非常に驚くべき年でした。 昔、ミステリースクールの時、あなた方は一人でエンライトメントを選択したが、今は待つと言っていた。 去年は、ものごとがスピードアップした。 私は、エンライトしない人々はクリムゾンサークルを去るよう促した。 ここは、この人生で目覚める人のための場所です。

~Beyond New Age
ブラバツキー、ヤング、スタイナー等が、140年前に始めたニューエイジ。 それは、世界が新しい考えを必要としている時だった。 それまで宗教が提示していなかったスピリチュアルに入っていくものだった。 しかし、ニューエイジをやめる時です。 エンライトメントに入っていき、マスターとして地球を経験する時です。

昨年は、先祖の呪縛からの解放もやりました。 
※90日のオンラインセッション“Ancestral Freedom”のこと。(日本語版なし)

ハワイで、ボンアドベンチャーもやりました。 皆さんはこれまでたくさんの問題に出くわしてきました。 私も、トバイアスも、それに取り組んできました。 イタリアでは、アーミョーリトリートをやりました。 積み重なっているエネルギーがあなたの人生の問題ではないのです。 人間は解けない問題と戦っている。 我々は今、歩み出します。我々は大きく進化します。そのスピードは、飛躍的に早くなっています。 なので、体に疲れを感じています。このスピードを感じてみて下さい。
(Adamus’ message is called “End of the New Age”)

~Beyond Darkness
今年は、暗闇にも取り組みました。暗闇は幻想です。 このワークをするには、2回分の人生が必要ですが、これをやりました。 暗闇は全くの幻想です。

それを信じると、それが現れ、人生に影響を及ぼし、アンバランスにします。 我々はこれを超えていきます。

~Beyond Death
我々は死も超えていきます。死はありません。 肉体から、意識体にトランジションするだけです。 また、今後、地球を経験するにあたっては、誕生を経ずに、人造体(ナノボディ)に自分自身を統合するという選択肢も出てきます。 あなた方はそれをする最初の人となりえます。それにより、大衆意識に引っ張りこまれず、好きな時に、好きな方法で、地球に現れ、本来の楽しい生活を送れます。

~Beyond God

~ Beyond Power
パワーは幻想です。 人間意識や人間マインドにしか存在していません。 パワーゲームは、この地球のいたるところにあります。ビジネスに、宗教、教会、政府に。セラピーにも。薬産業にも。 世界は、パワーでオペレートしている。

化石燃料のダイナミクスはパワーの意識の反映です。 力を信じている限り、リアルエネルギーを見つけることが出来ません。

~Beyond Time and Space
時間や空間は、あなたを通して動いています。 あなたが動いているのではない。このことを完全に感じている人がここに何人かいますね。 過去に起こったことは、時間の1つの見方でしかない。 時間はフレキシブルです。

~More
人は五感やマインドによって現実を捉えている。 それを超えていきましょう。 マスターセンスへと。 五感で捉えた以上のものが既にここにあるのを捉え始めて下さい。 マスターセンスは来ています。 来させるためのワークや努力はしないで下さい。 ただ、感じ、許して下さい。 今年はそれをやり、たくさんやって来ました。


A Breakthrough
最近、驚くべきブレークスルーがありました。 あなた方の意識がシフトしました。 あなた方のエネルギーフィールド、意識は卵型で、長い間、その卵型の中にいました。 あなた方はたくさんの物事を感じ、経験してきました。あなたの人生は変わっています。 良い方に。 しかし、困難も。

10日前、突然、あなた方の卵の殻から、“and”に放射がありました。 あなた方の2~3人ではなく、たくさんの人に。 残りの人にも起こります。 ほとんどの人は、それに気づいていない。

パワーレスで、エネルギーに溢れる状態に入っていきました。 なので、先ほど変わったことがなかったかと聞きました。 特にエネルギーレベルについて。

あなた方はこの4年間、とてもエネルギーを消費してきました。 特にこの1年は大きかった。 なので、体に影響がでた。 このシフトにより、パワーの古い意識から“and”に入っていった。

自分が居たい所はパワーではないと突然、あなたは気づき、それを解放した。 そのことで、エネルギーの扉が開き、たくさんのエネルギーがあなたの人生に入ってきた。

それは目印、マイルストーンです。 もし、過去にあなたがこれらのエネルギーを受け取っていたら、パワーに使ったでしょう。 しかし、今は、自分自身を十分に信頼しており、豊かな人生を送る時だと分かります。 そう4年前とは変わっているのです。
Abundance – my free Abundance course

みなさんの状況を察するに、あなた方はエンライトのために、戦い、ワークしてきました。 しかし、突然、その戦いや、ワークを諦めた時、扉が開き、拡張しました。 卵型のエネルギーはまだあります。 しかし、卵ではなく、別のレイヤ、マスターレイヤがあり、リッチなエネルギーをもたらします。 人生に大きな問題があると、お金のことや、健康や、恋愛などに問題があると、すぐ、エネルギーをそこに使おうとします。 しかし、シフトすると、起こることを許すようになります。 マスターは、“and”でいます。 人間でもあり、マスターでもある。 知的でもあり、おバカでもある。 とてつもなくユーモアに溢れてもいるし、まじめでもある。 光の体でもあり、肉体の体でもある。

なぜ、ここまで来るのに、こんなに時間がかかったのだろうと、あなた方は思うでしょうね。 たくさんの問題があったのです。 まだ抱えています。 「まだ準備できていない。」と言っていた。 今、オープンになってきています。 では、話は止め、メラブで経験に入っていきましょう。


A Merabh
パワーレスで、エナジーリッチ。 このメラブであなた方に、リッチなエネルギーを経験してほしい。 それを感じて下さい。 あなたの体にそれを感じさせて下さい。

そして、1つ重要なことに気づいて欲しい。 そのエネルギーと、これまでの古いエネルギーとの違いに気づいて欲しい。 それは、優美なリッチ感、簡素さの中のリッチ感であり、あなたの体やマインドにとっても困難なものではありません。

それでは、深い良い呼吸をして、メラブの中に入っていきましょう。 意識をシフトさせていきます。

私は今年、“and”について話してきました。あなた方はそれを理解してきました。 それは、もう困難ではありませんでしたね。 あなたは、それを感じていましたが、抵抗もありました。 あなたは人間なので、より良くなりたいと思っており、“and”に入っていくのを想像するのが、困難と思ってます。 でも、そうではありません。

あなたが知的で、哲学的で、スピリチュアルであることから、体や現実を経験することにシフトするのを見るのは美しいことです。

それは、10日前に起こりました。人間であり、マスターである、あなたが居ます。 フリーセルフです。 あなたはもう、リッチになる必要があるとか、健康でいる必要があるとは言いません。 自分が人間でもあることが分かっているから。

あなたはもう、“and”な自分にパワーを備えようとはしません。 パワーによって、人間であることを解決しようとはしません。 パワーから離れる大きなシフトがあり、エネルギーへの扉が開きました。 我々が長い間、話してきたニューエナジーです。 リッチエネルギー、シンプルエナジーです。

それは、二元性やパワーといった属性は持ち合わせていません。
そこには、豊かさがあります。 やって来て、去っていくものではありません。 それを失うのではないかと心配する必要はありません。 あなたはそれを、体を癒すためとか、お金の問題にあてがう必要はありません。 とても豊かであり、パワーレスでエナジーリッチです。

深く良い呼吸をして下さい。

なんて、スピードの速い1年だったのでしょう。 スリルや恐怖もありました。 この1年を経て、あなたは今ここにいます。 ウォークオンシリーズを終えるにあたり、エネルギーのリッチネスについて話しています。

あなた方の何人かは「それって私も?」と言っています。 そう、みなさんです。

しばらく音楽を聴き、“and”に入って行ってることを感じて下さい。 それを考えるのではなく、経験して下さい。

良い深い呼吸をして。 音楽を聴いて下さい。

(長い間)

最近、シフトが起きました。 それは、たくさんのシフトの始まりです。 “and”の真の理解。 マスターであり、人間であること。 人生において、パワーの必要性から離れ、リッチエナジーがもたらされること。

それは、あなたの人生に、いつ現れるでしょうか? 来月、または来年、それにより、大きく変わります。

今、エネルギーはそこにあります。 豊かであり、急き立ててはいません。 あなたはそれと格闘する必要はありません。 単一であり、リニアな人間が、“and”でたくさんになります。 大きなシフトです。 それは、許すことで起きます。

ウォークオンシリーズで覚えておいて欲しい言葉は、“許し”と“and”です。

“許し”、それは、あなたもやっています。 エンライトを許し、あなたのセルフ、アイアムを許しています。 我々はこれを考えることは出来ません。 あなた方はマインドから逃れることも出来ません。 トリックという訳ではありません。 秘儀もありません。 許しです。

そして、“and”。 実はエンライトメントと言うのは、人間がエンライトするというものではなく、マスターのエンライトメントが分かることでした。 人間のままいて、それ以上の者となることです。

さあ、深い良い呼吸をして下さい。 ここでワークすることは何もありません。

時々、私は次に起こることを話しますが、今日は、私が見ているパワーレスとエナジーリッチについて話しました。 あなた自身のセルフの中で、それを感じることが出来ますか?

メンタルなストレスフィーリングではなく、あなたの内側で、しばらくそれを感じて下さい。

長い間、エネルギーは枯渇していました。 今は溢れています。

(長い間)

それが、この部屋で、また、これを見ている人に起こっています。 パワーから出て、人生のエナジーリッチネスに入っていく、 自然なシフトです。 それが起こっています。 なぜなら、あなたは、それを許しているから。 ここに一緒に集まっているから。

このエナジーリッチネスを今から、次のシャウドまで感じていて欲しいです。 考えるのではなく、感じて下さい。 それがどう、あなたの人間としての全ての部分にタッチしてくるか。

また、マスターである部分にタッチしてくるかを感じて下さい。

それは、そこにあり、あなたはシフトしました。

では、シャウドをみんなで、深く呼吸しましょう。

では、皆さん、覚えていて下さい。“全ての創造において、全てはうまく行っています。”

Thank you.(拍手)


Walk_On 10 Video
http://cdn.crimsoncircle.com/library/41/224/509/video/CH160604_Walk_On_Shoud_10_English.mp4


-(翻訳)匿名希望さん

| Walk on(ウォークオン)シリーズ | 21:07 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016年 5月  Walk on シャウド 9概要

2016年5月7日
THE CRIMSON CIRCLE MATERIALS
"Walk On - The Powerless Life" Series
SHOUD 9
Featuring ADAMUS, channeled by Geoffrey Hoppe
Presented to the Crimson Circle
May 7, 2016

www.crimsoncircle.com/


外は霧がかかってミステリアスですね。 皆さんとトランシルバニアでミステリースクールをやった時も霧がかかっていた。 それで、あなた方は内側に行けました。

(サンドラがコーヒーを持ってきた。)それは、私のところにやって来ます。頼まなくてもやって来るのです。宇宙がサンドラを通し、コーヒーを持ってきました。そういう所に私たちは入って行きます。私は、あなた方にこういう経験をしてほしい。それはナイスでハッピーな思考によるものではありません。新しい現実です。ただあなたのところにやって来ます。


The Masters Club
トバイアス、クツミ、そして私が来て以来、どれくらいあなた方が自分でマスターだと宣言するのを待っていることでしょう。サインし、マスターのように振舞うことを。全ては振舞いなのです。とてもシンプルです。あなた自身を許すこと。意識の行動、振舞いです。

私はあなたに、全てがやってくるのを許してほしい。 あなた方は用意が出来ているが、次に何が起こるかを恐れていて。緊張しています。

お金とかは超えていきます。今年は崩壊の年です。ただ解放しましょう。
全てのものがあなたにやってきます。ワークの必要はありません。あなたが選択するときに、あなた自身をアプライ(適応、起動)できます。あなたの創造性をアプライできます。

MastersClub(1).jpg


ワークするのではありません。ワークはマインド的なことです。
創造性でいること、それも簡単なことです。ただそれをあなたの所へ来させるだけです。マスターがやるように、エネルギーを調整させ、素晴らしいエネルギーのシンフォニーのもと、あなたに仕えさせるだけです。お金は必要ありません。マスターとして振舞い始めて下さい。すると、そこにあります。ただ、そこにあります。


It Comes to You
あなたの生を感じ、ただ来させて下さい。愛もお金も、健康も、創造性も何かを唱える必要もありません。あなたが考える前に、それらは来ており、そこにあるのですから。

ただ来させて下さい。そうするだけです。生の優美さを感じて下さい。全てのエネルギーがあなたに仕えにやってきます。そうシンプルです。他はマキョーです。


Physical Balance
我々のボン(BON) アドベンチャーの件、面白い事が2つ起こっています。 1つは体を使ったエクササイズについてです。
※“BON”の意味はシャウド2を参照してください

たくさんの人がエクササイズをやっていますよね。でもメンタル的です。 私は毎日の60秒のワークアウトをお勧めしています。1時間のストレスフルなワークアウトより、効果があります。ワークアウトすると、脳にエンドルフィンが行き、気分がよくなりますね。でも、すぐに元に戻ります。体の調整は全ての部分(筋肉・骨・内臓等)に、60秒かければいいのです。

60秒間、自分が肉体の存在であることに気づいているのです。あなたは体ではなく、体の中に入っている存在です。それに60秒かけ、ストレスをかけてはいけません。思考もなしです。他の体のことも考えないで下さい。“私は体の中に存在する。” と気づいているのです。それだけです。体についての心配はせず、ただ許して下さい。体をただ解放するのです。

これをやって、2~3回すると、体にマジックが起こっていることに気づくでしょう。あなたと体に新しいコミュニケーションが起こります。そして、体が回復していることに気づきます。

では、60秒間の音楽を用意したので、それを聞きながら、これをやって下さい。ただあなたの体に気づいていて下さい。(アップビートな音楽が流れる)

以上です。 簡単です。 この曲は無料でダウンロード出来るようにします。

もう1曲、静かで優しい曲を用意しています。こちらがいい人はこれを使って下さい。(静かな音楽が流れる)

1日に60秒の、このワークアウトをし、21日やったのち、体にいることの違い、体の中でのバランスについて、アンケートに答えて下さい。

(アンケート先は⇒こちら
(ダウンロードは⇒こちら)

我々は力やフォースではなく、意識を使って進んでいきます。
従来の科学や薬は機能しません。アンケートをするのは、これが起こっていることをあなた方に分かってもらうためです。信念体系を超えていきましょう。


First Question of the Day
1日の内のどれくらいの時間(パーセント)を自己判断、自己分析、自己批判に使っていますか?

(会場の何人かが答える。その中に日本人もいて、アダマスに強くハグされた。)

あなた方の殆どが100%、それに費やしている。思考で思考はぬぐえず、思考を重ねていく。思考を抑えられなくても“and”ではいれる。思考はあなたの一部。一部の表現であるが、全てではない。


Satan’s Biggest Accomplishment
2つ目の質問です。サタンの 最大の功績は何ですか?
(会場の数人が答える)
私の答えは、人々に彼を信じさせたことです。サタンは居ません。人類が信念で創り上げたものです。

悪魔はいない。間違った判断もない。悪い選択もない。罪もない。カルマもない。
それは知っていると言う人もいますが、それでも人生を見ると、思考、制限、悪魔、暗闇、悪にまみれている。そして、そこから抜け出すのを恐れている、自己判断せずにはいられなくている。

あなたが信じない限り、悪魔はいない。マスターは生きるために、悪魔を超えて歩みます。あなた方は自分自身や、世界のことを判断しています。悪い世の中だと。 しかし、あなたがそう信じない限り、悪魔も暗闇も存在しないのです。

EVIL(悪)をひっくり返してみて下さい。LIVE(生きる)ですね。
自由と言うのは、以前に悪いことをしたという思考を手放すことです。あなた方の中にその事と戦っている人がいる。 全てを手放して下さい。 90%手放したと言うが、それは100%残っていると同じです。

何か悪いことをしたと思っていると、フリーになれません。人々はジャッジメント(判断)やアセスメント(評価)に嵌まってしまっていますが、あなた方はそういうものを抱えていることは出来ません。出来ないのです。これらの事をマインドで議論するのは止めて下さい。超えていって下さい。 悪魔はいないし、パワーもありません。


Walking On
ではメラブをやりましょう。このメラブは、あなたが考える悪魔や、悪や悪いことから意識をシフトするものです。あなた方は暗闇を持っているという幻想を持っている。ニューエイジも暗闇を押しつけてくる。 全ての人も。 それは幻想です。 パワーも幻想。 サタンも幻想。 それらは、パワープレイです。 人々は力について語る。 それは嘘っぱちです。 そんなのはなく、必要ではない。エネルギーが存在し、あなたに仕えるのです。


Merabh Beyond the Lie of Darkness
親愛なるシャーンブラ。ここマスタークラブに繋がった世界中の皆さん、変化の時を迎えています。悪魔の意識の外に出て変わるのです。宗教にかかわっていようが、いまいが、あなた方は大衆意識を通して悪魔を受け入れてきました。あなた方は自分自身をとてもジャッジしており、悪魔や暗闇という言葉を使っていようが、いまいが、完全に出ていく時です。

時を超えて、哲学者たちにより、誤って語られてき、殆どがマキョーです。彼らは私に悪魔はリアルだと説明するのだが、私はこう言いました。 あなたが、存在すると、信じるから存在しているだけですと。

サタンや悪魔や暗闇の最大の功績は、人々にこれが存在すると信じさせたことです。でも、存在しません。存在しないのです。地球の人々が、それを手放して超えていくと、地球は大きく変わります。でも、人々はそうしない。 最大の防御者は宗教です。 彼らは暗闇に取り入っており、宣伝している。 それをマーケティングとして使っている。 彼らは自由を語らない。 あなたの人生の優美さを語らない。 あなたの魂の美しさを語らない。

あなた方は、何の努力もなく悪を手放せる。 美しいことです。 ただやるだけ。 ただそこに居るだけです。 マスターは自分が決して悪いことをしないと分かっている。 マスターは自分が何かを征服したりしないと分かっている。 何故なら、征服するものなどないから。 人生は経験です。 美しく感じることができ、情熱的で表現できる経験なのです。

我々は自己判断する人々を解決してあげたりはしない。 ただ手放すのです。 すると居なくなります。 暗闇への引力もありません。嘘っぱちの力や暗闇を超えていきます。 以前に悪いことをしたことを超えていきます。 あなたが生まれる前に悪いことをしたというのは嘘っぱちです。

マインドはこのことで、あなたと戦うかも知れません。1%でも力や暗闇を信じると、その1%があとの99%を征服してしまいます。なので、1%は100%なのです。

サタンは誰ですか?自分自身がアイアムであることを許さない人間です。他人をコントロールするために、当初、サタンのコンセプトを使った人間です。自分自身を信じない人間です。

大きなステップに来ています。 混乱していますね。まだ後遺症があるから。
少しの暗闇、 悪いことをしたという信念、 ビジネスで成功しなかったこと、 恋愛に失敗したこと、 子育てに成功しなかったこと、 これら全てを手放すことは大きなステップです。 大きなステップなのです。

これは、あなた方が通過する最大の3つのステップの1つです。 その中でも最も大きなステップです。

あなた方はそれにより、混乱したりもするでしょうが、あなたは既に踏み出しています。それを超える1歩を踏み出しています。暗闇や力といった嘘を超えて踏み出しています。そして、パワーレスライフを見出します。 自由です。 自由は、あなたは過去、過去生に決して悪いことをしていないことを許すことです。 それが全てです。

マインドはそうなのか?とあなたと交渉しようとします。しかし、マスターは交渉をしません。1%でも、暗闇を信じるとそれは100%になります。サタンはそれ程強いのです。人々が信じるとそういうことになります。 嘘から出て行きましょう。  超えていきましょう。

ウォークオン(歩み出す)というのは、意識をどこに置いているかと言うことです。

嘘の中に意識を置いているのか。 自由に行こうとしているのか。

(間)

自由とは、嘘の解放です。 嘘を超えて行くのです。  その大きな嘘を。

あなたは、これを通り抜けていきます。 それが辛い人もいるでしょう。 でも通り抜けていきます。 あなたはパイレーツだから。 既にそれを選んだから。  あなた方は真のマスターなのだから。

しばらく、ここにただ座っていて下さい。 あなたがやることは何もありません。 ジタバタする必要もありません。 ただ、あなた自身に大きな嘘を超えさせて下さい。

(間)

あなた方はどれだけ長い期間、 あなたのものではない重荷、 自分は悪い事をしたという意識、 あなたは悪魔だ、 または、悪魔がいるという重荷を背負ってきたことでしょう。 こういう物がない社会、地球を想像してみて下さい。

そんな重荷はなかったのです。 誰かがそれを信じたために、そう振舞ったのです。 人々は悪を信じると悪をやります。 力を信じると力の中で行動します。

(長い間)

今、良い深い呼吸をして下さい。

今、おそらく皆さんは、全ての創造において、全てがうまくいくと言うことが分かるでしょう。
では、来月お会いしましょう。私はあなた方をサポートしています。

Thank you.(拍手)

Walk_On 9 Video
http://cdn.crimsoncircle.com/library/41/223/506/video/CH160507_Walk_On_Shoud_09_English.mp4


-(翻訳)匿名希望さん

| Walk on(ウォークオン)シリーズ | 15:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016年 4月  Walk on シャウド 8概要

2016年4月2日
THE CRIMSON CIRCLE MATERIALS
"Walk On - The Powerless Life" Series
SHOUD 8
Featuring ADAMUS, channeled by Geoffrey Hoppe
Presented to the Crimson Circle
April 2, 2016

http://www.crimsoncircle.com/



今日は3つのアクトについて話します。


Expansion
その前に、あなた方の拡大について触れます。このスタジオも拡大しています。たくさんのエネルギーと意識があり、新しいスペースへと拡大しています。みなさんも同じように拡大しています。このスタジオはあなたが経験している変化を象徴しています。それは成長し続けており、超えていっています。なぜなら、あなた方が深い呼吸をし、自分のやり方から出て、許し、拡大しているからです。「PLEDGE TO EXPAND」 - 拡張のためのご支援 について言及。

物理現実を超え、人間としての単一性を超え、アイアムに拡大していっています。同時にたくさんの場所に存在しています。それが、エンライトメントです。エンライトメントは単なるサイキックで、パワフルで、賢いパーフェクトな人間というものではありません。


Act I
私はセント・ジャーメインです。 私はあなた方一人ひとりを知っていた。ミステリースクールでや、 たくさんの人生で、 あなたの夢の中で、 アウェイクニングで。 あなた方はセント・ジャーメインのスミレ色のフレームをまとっていた。 トバイアスが旅立ったあと、我々は離れていたが、戻ってくることを知っていた。 そして、ここに私はいます。 セント・ジャーメインとして、あなたと共に。

あなたがなぜここに居るかをあなたに思い出させるために、 私はあなたと共にいました。 古いやり方に引き戻されるのはとても簡単なことですからね。 

地球の多くの人が今、進化のサイクルの中にいます。多くは仕事やカルマ的家族の中にいます。多くは自分の人生を少しだけよくしようとしています。多くがお金やパワーに傾注しています。自分を発見しようとしている人は少ないです。しかし、あなた方は彼らとは全然 異なっています。あなた方はエンライトメント、リアライゼーション(見方を変え、自然な認識)のために地球にいます。何回も生まれ変わり、何回もの死を通過し、暗闇や輝きを経てきました。恐怖もありました。忘れていますが。

あなた方はなぜ、この人生に居るのかを忘れています。それで、人間セルフと、エンライトビーイングとが衝突します。人間セルフは他人と同じでいようとします。家族と合わせようとするし、仕事に適用しようとします。しかし、うまく行かないと分かってきます。単一でいるとうまく行きません。あるアスペクトでいる、または、あなた自身である、アンドの表現だけがうまく行きます。あなたは両方でいれるのです。いつも心地良いわけではありませんが、あなたは出来ます。


Where You Are
あなた方は変化の地点、困難な地点に居ます。あなた方はアイデンティティを変えており、思考を、肉体を変えています。 なので、人間は起こっていることを怖がっています。それを止めようとしています。なので、多くのストレスや疑問が涌き、自分をエンライトに行かせていない。あなた方は内側の神をうまく扱おうとするが、それはうまく行きません。あなた方はしつこさや、頑固さや、決心や、やる気で何とかしようとするが、それは古いやり方に、古い思考に引き込む重力を起こしてしまいます。これから先に必要なことは、信頼、許すこと、そして、グレース(優美)です。 ノーイングネスに深く呼吸し、手放しでいることです。


Knowingness
音楽をかけます。 ノーイングネスへ深い呼吸をして下さい。この音楽にはエネルギー変換機能があります。
(music plays, “Quanta Qualia” with Hayley Westenra)
YouTube : Hayley Westenra - Quanta Qualia

ハートで聞いて下さい。この音楽と言葉により、ゆっくりと変わっていきます。 魂と共に。 魂と共に。 我々の時がやってきた。 これはアイアムがここに来る招待の歌です。 アイアムも、 人間も、 神聖も、 過去も、 未来も、 一緒にここにいます。 我々はここにいます。これは魂の歌です。 「私はここにいる。 もはや単一ではない。もはや一人ではない。私はここにいる。どこかにいく必要はない。全てが私のところにやってくる。コーヒーも、生も、エネルギーも。あなたに必要なもの全てがここにやってくる。」

それと共に深く呼吸をして下さい。 この歌はノーイングネスのリマインダーです。

アクトⅠに拍手。(会場拍手)


Act II
私は、主権の存在であるアダマスです。  今日、この部屋もオンラインもいいエネルギーに満ちています。 私は質問から始めます。


What’s New?
前回のギャザで、全てが新しくなっていると私は言いました。

地球は再生の中にあります。小さな拡大や少しのお化粧を繰り返すサイクルにいます。2月にセント・ジャーメインがシャーンブラにメッセージを発信した後に、面白いことが起きました。(2016年2月14日 “シャーンブラに向けたメッセージ” )。 ある臨界点を超え、地球のすべてがNewに入りました。

この1ヵ月で人生に何か新しいことがありましたか? 

S:弟がやってきた。 
A:それは新しいとは言わない。彼は前にも居たから。
S:特に新しいことはなかった。 

J:意識的な呼吸をしていて、“I Know that I Know.”の練習をした。 (会場:みんなで、I Know ~ と合唱) 

T:ヒューストンから、ダラスに引っ越し、仕事も新しくなった。
A:違う環境になったが、新しくはない。何が新しくなったかを感じて下さい。
T:同時に全てのこととコネクションしている。
A:そうですね。あなたの内側で何かがあなたを突いている。何か新しいことが。
T:私は、友達を、家族を、全てを手放した。 何もしていないのに。
A:何もしなくても、ただ起こる。 それが新しいこと。 人は転居することを新しいことと言うが、それはちょっと違った事をしただけです。本当の新しさに気づき始めて欲しい。 あなた方は新しいことが起こっていると思っていない。人生で、変わったことが欲しいから。新しいことは外側とは限らない。内側のシフトです。

私が新しいことが何かを質問したのは、マインドが古いことに意識を行かせがちだからです。あなたの人生で現在起こっている新しいことは殆ど気づかれていない、と言うのも、内側深くで起こっているからです。先月の新しいこととして、あなた方は自分のやり方から踏み出そうとしましたね。これまでは、踏み出すとかアイアムの話をすると、思考に捕らわれていましたが、先月はやろうとしていましたよね。それが大きなステップです。人間の知覚では捉えていないが、変化が起きています。手放していることが新しいのです。


An Experience
この新しいことをデモンストレート(示す・実証)します。 では、皆さん立ち上がって下さい。真ん中の列の人は後に行って下さい。その他の人は前のイスを掴んで下さい。手を置くだけでいいです。後ろに行った人たちは、イスに置かれた手をただ見てて下さい。


深く良い呼吸をして下さい。

これは一種の経験です。では想像して下さい。 イスの背を掴んでいることを。 あなたの人生で何かを掴んでいることを。 過去だったり、仕事だったり、家族だったりを。 オンラインの人たちも起き上がって、イスの後ろにまわり、イスを掴んで下さい。

自分のアイデンティティを掴んでいる人、 自分の資産を掴んでいる人、 力、 やる気、 決心、 知能、 忍耐力にしがみついている人がいます。 なぜなら、あなた方は風のようにあなたにやってくる力があることを感じているからです。 時にそれらを強く掴むとたくさんやってきます。私はそれをみている。

あなたが物質的トラウマを経験する時も強くしがみ付いています。 健康に、 体に、 体のバランスにしがみ付きます。 それが人間の摂理だから。

あなたにやって来る風、力 - 仕事、お金、それらにしがみ付いています。

時に、そのしがみ付きを緩める時がありますが、まだ、その手は椅子においています。

それに引き込まれています。抵抗すればするほど、あなたはしがみ付きます。


Energy Without Force
エネルギーは力を持つ必要はありません。しばらくそれを感じて下さい。あなた方はエネルギーノイズに引きつけられて来た。あなたを後ろから引きつけています。今、これをしばらく止めて下さい。そのエネルギー、そのグレースを感じて下さい。 寛容さを、 ノイズのない静けさを。 あなたを押すものもなく、引くものもない。 あなたに抵抗するものもない。

「自分は何も感じない。前からも後からも。だからエネルギーはない、なので、ドラマに戻る。」と。 多くの人が考えます。 これは、とてもシンプルでベーシックなのです。ですが、分かる人は少ない。 

ジョン、ノイズを出してみて。 (ノイズ)  こう言うものです。 そんな中で、人々は毎日暮らしています。 エネルギーのノイズです。

人々はよりノイズを作り出し、より多くのエネルギーに引き付けられています。 また、エネルギーは力がリアルになることを必要としていません。 エネルギーはノイズになる必要もありません。静かで、優しく、優美でいれます。 ノイズが頭の中や思考に入ってきて、古いことに引き戻します。 あなた方はエネルギーによる力を持つ必要はありません。人々は力にするよう訓練され、催眠されてきました。人生で、何かをやらなければならない。ビックプロジェクトをやらなければならないと。そうではありません。

あなた方は優美なエネルギー、ノイズのないエネルギーにいることが出来ます。それらは、優美に、努力なく、あなたに仕えます。あなたを疲れさせません。体を痛めないし、あなたに考えさせないし、疑わせません。それと共にいて下さい。

ピュアなエネルギーは、優しく拡張し、ダイナミックです。これが新しいことです。それについて考えないで下さい。またノイズに引き戻されます。 今、深い呼吸をして下さい。

ノーフォース。それがアイアムです。抵抗せず、戦わず、しがみ付かない。

マインドは「何も感じない」と言う。 「だまれ、マインド。古いノイズを感じるな。そんなことをすると、私が古いことに引き戻される。」

エネルギーはあなたの周りにあり、あなたに仕えるのを待っている。


Living Without Noise
あなたが最初に新しいことに気づくことはノイズが減ってくることです。マインドは何も起こっていない。ノイズがないから上手くいっていないと思いますが、そうではありません。
ドローン ノイズの再生はここ


Layers of Human Experience
では、あなたが通過する全体のプロセスについて話します。レイヤ(階層)を頭に浮べて下さい。人間が通過するレベルです。
レイヤ1が、1番下です。これは、人間の3D世界です。物質世界です。全ての人がこれを通過しています。天使から人間になって以来、全ての人が人間でいます。ショックですね。うるさいですね。

そして進化のサイクルの中で、家族やコミュニティというものに入っていきました。家族というのは不自然なものでした。 あなたは、生み出されるのですが、親に食い物にされたり、あなたは逃げしたりしてました。

たくさんの生まれ変わりの中で、あなたは家族のエネジーとコミュニティエナジーをまといました。

そして、社会へと進化しました。社会/生産性 です。 社会、文化となり、あなた方は生産的であることを学びます。外に出て行って何かを学ぶようになりました。そして、何度も生まれ変わり、社会にいて、仕事をし、生産することが出来てきました。そこでいかに上手くやるかを学びました。これらのレイヤを行き来する中、あなた方はスタックしていき、ノイズを伴ってきました。

たくさんの人がこの社会レベルにいます。その大きく先に、神/宇宙 レイヤがあります。

このステップに入った人はこう言い始めます。「これ以上のところがある」と。そして、星を見上げて「その先にたくさんのものがあり、我々はただのちりだ。神はすべてを手にしている」と妄想を言います。神/宇宙の妄想を。外側のことを話します。内側でなく外側に意識を置いています。

この 神/宇宙 のレイヤに行っている人が何人かいます。驚くべきフィーリングや経験を持ったり、よりたくさんのことがあると、恐怖 したりします。このレイヤはとてもやっかいでもあります。ノイズが多く、後ろから引っ張られるものがあり、スタックしがちです。

このレイヤはマインドでいっぱいのレイヤです。あなたは、外側ではなく、内側に向かいます。

そして、そのことを考えるので、マインドフルです。

私は誰、どうやって自分の面倒を見るのとマインドで考えています。

そして、ピラミッドのトップはNew です。それは、全てを変えます。怖いものです。 Newに入っていく唯一の方法は、自分のやり方から出ていくことです。マインドフルからNewには行けません。それを考えることで、Newには行けません。 Newは、許すことです。それが、我々が通過しているところです。 Newは、And です。それは、あなたに、低い壁 や 高い壁 を持つことを許します。全てを許します。もう、「しかし」と言いません。

あなたが望まなければ、エネルギーはパワーを持ちません。エネルギーはノイズがなく、優美なのです。それをあなたに仕えさせて下さい。アクトⅡをあなた方と共に過ごしたことに感謝。 (拍手)


Act III
部屋を少し暗くし、音楽を少し大きくします。


A DreamWalk into New
我々は、これまでとは違うドリームウォークをこれからやります。ドリームウォークは経験です。メラブとは違います。メラブは意識をシフトさせるものです。我々は、これまでドリームウォークで他次元に行きました。ハロウィーンにアストラル界に行ったり、クリスタルの洞穴に行ったり、死の世界に行ったりしました。

しかし、もうそういうのはやりません。なぜなら、これからのドリームウォークは、それをあなたに来させることにするからです。シンプルにあなたに来させるのです。

時空間は動いています。エネルギーがあなたの所にやってきます。今日のドリームウォークは Newに入っていくことです。指を持ち上げたり、イスにしがみ付く必要はありません。

何もする必要はなく、ただ、それをあなたに来させるのです。 Newのためのワークは必要ありません。それは、あなたへやって来ます。ノイズもなく、混乱もありません。 Newが何かを知る必要もありません。それを請(こ)うことも、トライも必要ありません。ただ座り、ただ呼吸して下さい。

Newは、あなたにやってきます。あなたは、それと何かをする必要はありません。
カウルダーにスペシャルな音楽を頼んでおきました。フルートの音楽です。フルートは美しい楽器です。しばらく聞いて下さい。

(長い間)

フルートの音の中に切望があります。

時々、あなた方は戻ることを切望します。 記憶に、古代の場所に、古代の時代に。

切望は自然なことで、“And”ですね。 神聖なマルチディメンショナル(多次元)な人、あなた自身に戻ることを切望します。

私はセント・ジャーメインの時、フルートが好きでした。フルートやピアノをやりました。過去からやってくる切望、Newからやってくる切望がありますか?

淋しさと静けさ。

(間)

フルートの深み。

(間)

人生でのたくさんのものから去ることに悲しみがありますか? 
それとも、神聖さと人間との新しいリレーションに対する切望がありますか? 
夢への切望ですか? 
両方ですか? 

(間)

悲しみですか?
切望ですか?
単一性や、ノイズや、努力にサヨナラしますか?
フルートはあなたを呼んでいますか?

それは、いつもそこにあったのですが、たくさんのノイズにより、あなたには聞こえていませんでした。

フルート、魂、アイアムは待っている。 ただ、あなたの許しを待っています。 フルートは、いつも呼びかけています。「私のところに来て。」と。

(間)

魂は、人間が用意できるのを待っています。

戦わず、努力せず、それを分かろうとせず、許します。 来させ、 許します。 

そうすることでフルートが聞こえます。それは、魂からやって来ます。あなたをずっと、そして今も、待っています。

今、我々はドリームウォークの中にいます。これまでのとは違います。ここにいます。

過去として、魂が待っていることとして、またここで、 New が我々の所に来るのをフルートに感じています。 簡単なことです。

エネルギーは力を必要とせず、急がせもしません。今、New がやってきています。

(間)

それを感じて下さい。 それは、そこにあります。

深い良い呼吸をして下さい。 
今日のミュージックビデオは、とても良かった。

今回のミュージックビデオ : Quanta Qualia - Faces of Shaumbra


全ての創造において全てはうまく行っています。

And so it is.



Walk_On 8 Video
http://www.crimsoncircle.com/Library/41/222/504/video/CH160402_Walk_On_Shoud_08_English.mp4


-(翻訳)匿名希望さん

| Walk on(ウォークオン)シリーズ | 20:52 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016年 3月  Walk on シャウド 7概要

2016年3月5日
THE CRIMSON CIRCLE MATERIALS
"Walk On - The Powerless Life" Series
SHOUD 7
Featuring ADAMUS, channeled by Geoffrey Hoppe
Presented to the Crimson Circle
March 5, 2016

http://www.crimsoncircle.com/


まずはよい深い呼吸をして下さい。

多くの人はただ日常をやり過ごしています。同じやり方で意識を持つことなく、情熱やエネルギーを日常に投入することなく。 しかし、あなた方は自分のセルフをあなたの創造に、あなたの人生に置き始めています。これは大きなステップです。

我々は数週間前、決意した。我々は統合したエンライトメントに進んでいくことを。それはこれまでとは異なっており、情熱に満ちるのですが、とてもリスキーで、恐怖もあります。なので、あなた方はリスクのない日常に戻りたくなります。でもお分かりのようにもうそうは出来ません。

あなたが自分の人生に変化を与えていることがわかり始めます。エネルギーに着目してください。


A Question
では、まず、質問をします。質問により目覚めに、ポテンシャルに、可能性に入っていきます。各人で感じて下さい。エンライトメントというのは、何かを選択することですかそれとも、何かを受け入れることですか?
(T:両方、J:両方。あえて選ぶと選択。S:両方。それらは同期している。A:選択、 B:選択 )

アダマスアンサーは、両方です。最初にエンライトメントが、アクセプタンス(受容)がやってきます。
人間はそれを選び、たくさんのことが変わります。 エンライトメントを選ぶというのは、既に起こっていることを認識しているだけです。人間がエンライトメントを選択すると言うことを魂は愛を持って微笑しています。既に起こっているんだよ。あなたもそのうち認識するようになるよと。今のあなたはもう抵抗したり、ジタバタしたりしません。あなたは起こっていることを受け入れるようになります。これは、鶏と卵の質問でしたね。でも、私はあなたに、あなたのエンライトメントの旅が始まっており、すっと起こっていたことに気づいて欲しかったのです。人間は気づいていないかも知れないが、それは魂の進化です。


1. Everything Goes Through its Evolutions
全てのものは各々の進化を通して進んでいる。各々のサイクルを通して。あなたも、自然も、時間も、経験も、魂も。人間は同じパターンにはまっている。人間をそのサイクルに引き込む磁石、エネルギーがある。 しかし、遅かれ早かれ、それから抜け出ます。

エネルギーはじっとはしていられないからです。それを手放して下さい。すると変化が起こります。


Newing
何百万年も何百万年もかけ、ゆっくりとゆっくりと、生体はほぼ同じでメンタルも同じですが、自然物は進化しており、生と死を繰り返してきた。サイクルの中で、再生を繰り返してきた。

しかし、この2月の中頃に面白いことが起こり出した。地球が再生ではなく、新生しだした。意識、欲求、情熱がこれまでに到達したレベル以上に達した。全てのものが新しくなっていきます。それで人間は混乱しています。パワーベースなものが切り離れていっているから。あなた方は恐怖を感じている。恐怖が崩壊を引き起こします。暗闇に入っていきます。それが、あなたが最後にしたいことです。

実は、恐怖は、変化への大きな力となりえます。恐怖は物事を吹き飛ばします。あなた方をコアレベルへと降りて行かせるし、マキョーを気にかけません。恐怖な時はマキョーに行きますが、それは機能しません。これからの新しい出来事に着目してみて下さい。

政府、金融、食べ物、健康、全てのものが、新しくなります。まずは崩壊が起こります。ただ新しさをマインドで捉えるのが難しいです。マインド自体は再生なものですから。

新生は素晴らしいことです。全ての人が新生を欲している。しかし、人々がやってることは、再生に過ぎません。真の新生はとても異なっています。時期、テクノロジーに現れます。そして、ビジネスに、健康面や恋愛にも。家族も新しくなります。新しい形になるのを怖がり、元に戻ろうとします。あなたたちもそうしようとしますが、そうは出来ません。

世界は新しくなっています。1つ怖いことですが、古代の寺院が崩壊します。テロかもしれないし、地震かもしれないが。


2. The Physics of Change
他次元から地球に光がやって来ます。光の流れが。
変化の物理学について話をします。光は +(プラス) と -(マイナス) の属性のエネルギーを引き付けます。これらは光の流れを調整しています。(白紙に線と + と -が書かれた)

この光がリアリティにやってきています。エネルギーも入ってきています。エネルギーは意識や受容、選択により組み立てられています。+ と -は光の流れに沿って流れ、それぞれを調整しています。それらは、塊(かたまり)を造っています。バランスをとっています。そして、トバイアスが前に言ったように、遅かれ早かれ全てのエネルギーが解決に向かいます。エネルギーはパターンにはまっていたくないのです。

光が入ってきており、意識空間の中で、あなた方は + と -を得ます。+ と -といって、二元性を帯びているのではなく、それらは一緒にいるのです。(+ と -を○で囲った) 新しいのです。

壁や、床や、天体等がもはや静的で安定したものではなく、流体化していると気づきだします。全ての変化に気持ち悪くなったりするでしょう。でも間違っているのではありません。

あなたの全てが新しくなっていきます。最初は再生のサイクルを通っていきます。それから、新しくなっていきます。


3. The Thing Most in Your Way is You
あなたのやり方の中にあなたを留まらせているのは、他の何ものでもなく、あなたなのです。魂はいつもnewの中にいます。再生(renew)の中ではありません。 あなたもそうです。 しかし、あなたはあなたの独自のやり方の中にいます。

あなたは、人生でエンライトメントの努力をしなければならないと思っています。「私は、一生懸命頑張ることをやめる。私は新しいことをする。細々したことを手放す。そして受け入れる。」と言いますが、いつもバックアッププランを用意しています。あなた方は人間的でマインドフォーカスなバックアッププランを手放すつもりはありますか? 疑いがあるからバックアッププランを持ってしまいます。

エンライトメントなんてなかったんだし、マスターもいなかった。あなたの意識がそこにもたらされたことで、それらが生まれたのです。あなた方は神を創造した。新しさを創造した。セント・ジャーメインも創造した。

あなたはバックアッププランのことや、これから起こる事を心配するが、そんな心配はいらない。あなたはそれを創造するし、それを許すから。人間マインドからではなく許すことで、それはそうなるのです。あなたのやり方から出ていきなさい。出ていって人生を楽しんで下さい。

あなたがいつもやりたがっている事をやって下さい。「新」の中に飛び込んで下さい。プランはしないで下さい。全てが起こるのですから。

長い間、エンライトメントはもてあそばれてきた。あなたはそれを選び、それが起こると思っていたが起こらなかった。あなたはそれを認識しただけだったから。言うは易(やす)し、行うは難しです。 自分のやり方から出て行ってと。全てのものが今新しくなっています。


4. Don’t Be in Such a Hurry
そんなに急がないで下さい。 が、4番目のポイントです。

あなた方の多くはエンライトメントに急いでいます。たくさん考え、たくさんプッシュしています。それは起こるのに。タイムベースやバリューベースではないですが。計測は出来ません。他の人とそこに到達するレースをするものでもありません。そんなの関係ない。

エンライトを急き立てるものもありません。あるとしたら死ですかね。これを最後の人生としようとしているのに、エンライトメントしなかったら、また人生を通ることになるし、また最初からになるだろうしと。それで急いでますよね。急ぐことは、また自分のやり方にはまり込んでいきます。メンタルにはまり、時間枠にはまります。そんなに急がないで下さい。人間がそれをするわけではなく、あなたに責任はない。
アイアムが今、あなたに頼んでいることは、ただ生きること、情熱の中にいること、このエンライトメントの経験、新しい経験を楽しむことです。
面白いことに、あなたはエンライトメントを急ぎ、できるだけ早く、古いサイクルから抜け出そうとしているのですが、アイアムはあなたにそうさせようとしてしない。ただのレースにさせようとはしていない。人間の形をまとっている中で、最も美しい経験をスキップさせようとはしていないのです。

アイアムはこう言っています。「スローダウンして下さい。レースではありません。一緒にこれを経験しましょう。」と。「私はあなたを通して経験したい。「新」に入っていく経験を。エンライトメントに入っていく経験をしたい。スローダウンして下さい。そうすれば、一緒に入っていけます。」「あなたのやり方から、ただ出て下さい。そして、私と一緒に来て、エンジョイし、エンライトを感じ、経験しましょう。」こんな感じです。

「都会から離れ、夏の美しい夜に外で座り、静けさの中、空を見上げ、美しい星、銀河を見、宇宙の驚くべきエネルギーを感じるようなものです。」と。 「ただ、一緒に座り、星を見、この瞬間の美しさを楽しみましょう。全てのものを一緒にしようとしたり、全てを解決させようとしたり、それを起こそうとするのではなく。ただここに座り、創造の美しさを楽しみましょう。急ぐことはない。あなたは、夜が朝になるのを急がせることは出来ない。意識の自然な動きを急がせることは出来ない。我々は人間の状態で、この全てを経験します。それを我々は同意しており、この経験をシェアするために我々はここにいるのです。

自分自身にただそれを経験させて下さい。

(間)

美しい夏の夜に輝く星を見上げながら一緒に座っていると、アイアムが光の手をあなたに伸ばし「私の手をとって下さい。」と言い、あなたに頼みたいことは、経験を生き、経験を楽しみ、経験を感じて下さい。と言うことです。それ以外は自然に解決します。

あなたは生を生きてますか? 情熱の中にいますか? あなたの創造が実現するのを許してますか? あなたの愛が実現するのを許してますか? それが私の望むことです。それ以外は自然に解決します。

親愛なる人間たち。 そんなに急がないで下さい。

全ては「新」に向かいます。何が起こっても覚えておいて下さい。「全ての創造において、全てはうまく行っています。」

Thank you
全てが変わることを期待して。



Walk_On 7 Video
http://www.crimsoncircle.com/Library/41/221/501/video/CH160503_Walk_On_Shoud_07_English.mp4

-(翻訳)匿名希望さん

| Walk on(ウォークオン)シリーズ | 21:42 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016年 2月  Walk on シャウド 6概要

2016年2月6日
THE CRIMSON CIRCLE MATERIALS
"Walk On - The Powerless Life" Series
SHOUD 6:
Featuring ADAMUS, channeled by Geoffrey Hoppe
Presented to the Crimson Circle
February 6, 2016

http://www.crimsoncircle.com/


Jewels

Potentials
ここにいる皆さん、オンラインで繋がっている皆さん、深い呼吸をして下さい。そして私たちの光をもたらしましょう。祈らず、力むことなく、癒そうとしないで。この部屋の深い暗闇に光を輝かせましょう。そうする事で、そこにある全てが、楽しい人生のポテンシャルが見えてきます。それと共に深い呼吸をして下さい。

マスター性の中に入っていく時、人はよく混乱を伴います。自分は何をやろうとしているのか。生きているのか。次は何をすべきかと。そして心配します。それをやめ、ポテンシャルを輝かせましょう。あなた方がこれまで見たことのないポテンシャルに光をあてましょう。あなた方はマインドに捉われ、リニアな中にいて「スピリットは私に何をしてほしいのか。」と思ったり、私にも聞いてきますが、何も気にしないで下さい。

あなたがする事は、よい深い呼吸をすることと、ポテンシャルを輝かせることです。自分自身をこれまで目で見えなかったことに開くのです。マスターセンスに入って行きましょう。

あなたのいる所や、聞いてきたことは気にしないで下さい。よい深い呼吸をするとき、ノーイングネスはそこにあり、今、入って来ます。

あなた方はただそれに開き、なんの努力も、ワークもしないで下さい。ただ、それに開いていることに気づいて下さい。そこにあります。それが選択です。


First Question
では、今日の最初の質問です。なぜ、私はいつも質問をするのでしょう?(会場の人が数人答える)。
私が質問すると、オンラインで聞いている人も含め、「どうしよう。リンダがマイクを自分に渡したらどうしよう。リンダ、マイクを渡さないで。」と思っています。それにより意識がもたらされます。質問することにより、皆さんから生命エネルギーがもたらされます。質問もいい質問で、タイムリーです。現在、われわれが通過していることをベースにしています。


Second Question
では、次の質問です。今年が35日程経ちましたが、この間に起こったダイナミクスは何ですか?
(M:恐怖や不確かさが増している。 H:疑い。 D:人生の選択)

そうですね。ポテンシャルの光も伴わず、生きているべきか。や、これまでと同じ状況で5年、10年、20年、30年を見ていくのか。
なので、ポテンシャルを開く、セント・ジャーメイン月間を提案しています。

この部屋でリンダがマイクを手渡し、エネルギーのレイヤが動いているのを感じてますか。

私の答はダウト(疑問)です。自分に対して、世界に対して、未来に対して。いつもの疑問より深いです。マスターたちも疑問がわいていました。ローラーコースターのように上に行ったり、下に行ったりが同時に来ていました。何をすべきかの疑問です。あなた方はポテンシャルの光は見ておらず、自分の過去や将来を見ようとします。内側を見る時も、失っているものが何かを分析し、メンタルな対処をしようとします。

あなた方は何もする必要がないのです。ただ、旅行したり、気楽にしていいのです。あなたの内側が何かしたいと思っている中、何もしないことは辛いことですよね。


Third Question
50人の新たに目覚めようとする人々を前にして何かを話して下さい。何を話しますか?2つか、3つのポイントを話して下さい。

C:まず、大事なことは、自分自身を愛することです。制限を解放して本当の自分を愛して下さい。これからの道のりは困難でチャレンジングで恐いものであっても、自分を愛し、自分をクリエイターだと信頼することで、これらもよしとするのです。


Adamus’ Answer
アダマスが新しく目覚める人に言うことは、まず、戻れないと言うこと。 もう遅いということ。

第2には、あなた自身の構成要素が次の10年間、または20年崩れていくという事。
それを乗り越えて下さい。それが起こります。

完璧な人や、より良い人になろうというものではありません。ハートの中、魂の中に神聖になる、アイアムになるという欲求があります。将来の人にも、これがある訳ではない。あなた方が線路を引き、道をスムーズにしてきたから。


The Master Sense
マスターセンスに入っていくにあたり、最初に気づくことは、精神錯乱です。不快になったり、取り乱したり、クレイジーになります。それでもいいのです。それに抵抗すると、また、自分のカゴに戻ることになります。時間やタイムレスを否定してしまいます。

マスターセンスでは、時間を超えて行きます。同時に両方の世界にいるようになり、マインドが混乱します。


TimeSpace River
想像してみて下さい。あなたは川に肩まで浸かって立っています。小さな川です。水はあなたによって動いています。急き立てるものでも、あなたを倒そうとするものでもありません。あなたは水を感じることが出来ます。

(音楽スタート)

水は、とてもきれいです。その温度を感じることが出来ます。流れの強さを感じることも出来ます。水のスムーズな流れを感じています。その存在を感じています。定義された存在、水です。

それはいつでもそこにあります。水には一定の流れがあり、いつもそこにあります。

そのあなたの周りを流れる水は定期的に、あなたが川の中にいることを、水の中にいる事を思い出させてくれます。それは言っています。あなたはここにいます。あなたは生きています。あなたは存在しています。と。

何故ならあなたは、あなたの周りを流れる水を感じることが出来るから。時間や空間も同じです。一定の流れがあり、一定の圧が、優しい心地よい圧があります。あなたはそれを感じています。時間も、空間も、あなたを通して動いています。全ての肉体組織とマインドで感じています。

時間と空間も、川と同じです。あなたが時間や空間を進んでいるのではなく、時間や空間があなたの周りを流れていることを理解することは、一種の飛躍です。

水の中で、手や足を動かすと、水からレスポンスを感じます。あなたは、川の中を走らないし、進むにあたって川を押してもいません。それは、あなたの周りで流れているからです。時間、空間の流れもそういうものです。川の流れは一定であり、いつもそこにあります。あなた方は川の中にいることさえ忘れています。流れがあることを忘れ、ある種の力があることを忘れています。

それは一定であり、あなたを安定させています。川の流れは変わることなく、温度も変わらず、殆どのものが変わらず、いつもそこにあります。それはコネクションです。

それは、あなたのためにあります。時間や空間もです。川の中で足や手を動かして下さい。潜って下さい。頭だけ水から出して下さい。それはあなたにレスポンスします。それは、あなたの周りを流れています。これが時間と空間であり、人間がしていることです。それと共に、良い深い呼吸をして下さい。あなた方は既に気づき始めています。それが変わり始めています。


Timeless Pool of Potential
マスターセンスに入っていくと状況が変わってきます。

(音楽スタート)

あなたは大きくて暖かいプールにいます。あなたしかいないプールです。あなたはプールの中に入り浮かんでいます。プールの温度はあなたの体温と同じです。なので、水に気づきません。それは動いておらず、そこにあります。何の圧もなく力も加わっていません。あなたは浮かんでいます。しばらく自分自身にそれを感じさせて下さい。

(間)

これがタイムレスです。水はナウモーメントの中にあります。それはあなたを押してはいません。どこかに行ったりもしません。あなたはタイムレスのポテンシャルのプールの中にいるのです。

(間)

それは、すぐそこにあります。あなたもすぐそこにいます。これがタイムレスというものであり、あなたも気づき出します。「これは素晴らしい。でも、これと何をすればいいんだろう? 私は暖かい水のプールの中にただ浮かんでいる。何をすればいいんだ?」

まずは動いている川と暖かな水のプールで、溶け合ってる今との違いを感じることを自分自身に許して下さい。そこにはいくつか共通点があります。両方とも、水であるということ。しかし、その他は違っていますね。これがタイムレスであり、表現しようのない状態です。ただ浮かんでいて下さい。どこか押されているわけでもなくただ浮かんでいます。アイアムの状態で時間や空間を超えたポテンシャルの海に囲まれています。これらの水はポテンシャルです。それもまた時間と空間です。川とは全然違います。何かを経験しようと選択したり、クリエーティブになることを選択したり、自分自身を表現することを選択したりするときに、その動いていない水、時間、空間が突然起動されます。あなたの欲求にパーフェクトにレスポンスします。

水は永遠にただ流れ続けるのではなく、あなたが変えることが出来ます。動かすことが出来るし、それに適合することが出来ます。あなたの選択に応じてそれがあなたに適合するといった方が適切です。

そして、それは時空間の外側の世界です。あなたが水のプールにいようが、動いていない時空間にいようが関係ありません。あなたが子供時代に考えた川の中の人間が考えたであろう何かを選んだかどうかは関係ありません。なぜなら、マスターに時空間はないのですから。過去はなく、言い表しようのない状態なのです。

人間にとっては、どうなってるの? の世界ですね。人間はいく度にも渡る人生。その川にいたのですが、川ということ以外、何も分からない。川に委ね、川に頼ってきた。川を自分の存在を正当化するものとして扱ってきた。 しかし、ここマスターセンスの中では、この時空間、ポテンシャルの暖かいプールにいるのが、あなたなのです。

子供の頃のあなたも今、このプールにいます。 あなたが格闘してきたアスペクトたちも今、このプールにいます。完全にインテグレートしたあなた自身と共に。

そこはリニアな時空間である必要はありません。あなたはもう、川の中で立っている必要はありません。他人は川であることも認識していません。とても不完全だと思っていた子供も、この絶対的安全なこのプールにマスターと共にいることが出来ます。あなたがなろうとトライしてきたマスターがここにいます。境界はありません。離れてもいません。全てがここにいます。そして突然、おかしなこと、深遠なことが起こり始めます。

彼らはいつもここにいました。いつも一緒にいました。安全ではなかった傷ついた子供も突然、統合されたマスターになるんだと気づきます。

川を通してマスターになろうと試みている人間も、タイムレスの中で、マスターは既にここにいることに突然気づきます。そこに境はありません。彼らは全てここにいることが出来、この言い尽くせない状態をシェアできます。

そして、突然、全てが変わります。不安全な子供はもう不安全ではありません。失敗した大人ももう失敗者ではありません。マスターをトライしていた人は、もうトライする必要がありません。なぜなら、時空間のないこのスペースで全てのポテンシャルが輝いているからです。あなた方は既にそこにいます。あなた方は子供をいじめる必要はありません。間違いを正当化する必要もありません。マスターであろうとする必要もありません。それらは全てここにいます。

(間)

マスターセンスのことであなた方が最初に認識するのはタイムレスがあること、そして同時にあなた方は時間の中にいるということです。


Ineffable Presence
あなた方は肉体的に分離を感じます。


No Place
森の中で、1本の木が倒れても誰にも、その音は聞こえない。音は立ちましたか?これはミステリースクールで私が投げかけた質問です。そこにあなたが居なかったら、それは聞こえないし、それをリアルとするでしょうか? 同様に意識なくして空間は存在するでしょうか? 外側にある他次元も、魂の存在が訪れなければそれは存在すると言えるのでしょうか? これがマスターの木や森の音に対する認識です。

このことを取り上げたのは、あなたがマスターセンスに入って行くにあたって次に認識することに関係するからです。自分は存在しているのだろうかと思うからです。あなたはディメンションを旅します。存在しない場所を旅します。それは存在しない場所です。誰もそこにいません。あなた方はタイムレス、スペースレスに入って行きます。それは天国といっているものではありません。

マスターセンスの中へ。それは人間にとって、とてもチャレンジです。疑いが湧き上がるから。あなた方は意識的に、リアライゼーションのもと、そこに入っていきます。その時、マインドも入っていきます。それでマインドが混乱し、クレイジーになります。

あなた方が行く世界は大天使の世界や、魂の家族の世界でも、銀河でもありません。今は存在しない世界です。それは、ノープレイスのポテンシャルの中にあります。あなたはそこに行きます。マインドにとっては、混乱があり、参考となるものを探したり、時空間の川を欲します。メラブをしながら少しヒントを話します。

(音楽スタート)

あなた方は、色は分かりますね。今日もいい色を身に着けてますね。そして、あなた方は色のスペクトラムも知っています。ある色とある色を合わせると違う色になりますね。それで、行ったこともなく、存在もしていなく、ワークしたこともない場所についてですが、それは、あなたがこれまで見た事もない色のようなものです。緑でもなく、青でもなく、オレンジでも、黒でも、白でもない色です。

マスターセンスでは、このことを完璧に理解できます。マスターは、前に見た事のない色、神でさえ見た事のない色に対するノーイングネスを持っています。マインドには厳しいです。

誰かが作った色だったら見れるんだけど、、、。そういうものではありません。

存在していない色、スペクトラム、次元があります。あなたがあなた自身を見つける場所と空間があります。誰も行ったことのない所です。あなた方はどうやって行くのだろうと思っています。それがクリエイティビティとかポンと呼ばれるものです。

1つ付け加えると、あなた方は、休日に前に行ったところに旅行に出かけます。たくさんの人がするように。 人はよく同じ場所に行きます。泊まるホテルは変わるかもしれませんが、同じところに行きます。それが心地よいのです。たまにこう言います。私は日本に行きたい。行ったことがないから。でも他の人は行ったことあります。それは、存在する場所です。あなたにとっては初めてでも、他の人は行ったことがあり、食事もしたことがあります。存在しない場所、誰も行ったことがない場所にあなたが行くと何が起こるでしょう?それが存在するようになります。とてもすごいことです。

しかし、マインドはクレイジーに感じます。マスターセンスのあるマスターはこう言います。 深く良い呼吸をして下さい。あなたはクレイジーになっている訳ではありません。その動物園から出てきてくださいと。 こう言うことが段階的に起こりますが、深い呼吸をして、私はマスターセンスに進んでいるのだと認識して下さい。

タイムレスに行ったり、存在しない所に行くのはクレイジーなことですが、それがマスター性です。ヒューマンセルフは泣き叫び、全力であなたを止めようとします。そして疑念で満たそうとします。

そんな時は深い呼吸をして、「全ての創造において、全てはうまく行っている。」と言って下さい。

Thank you..(拍手)


Walk On 6Video
http://www.crimsoncircle.com/Library/41/220/499/video/CH160206_Walk_On_Shoud_06_English.mp4



-(翻訳)匿名希望さん

| Walk on(ウォークオン)シリーズ | 16:52 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016年 1月  Walk on シャウド 5概要

2016年1月2日
THE CRIMSON CIRCLE MATERIALS
"Walk On - The Powerless Life" Series
SHOUD 5:
Featuring ADAMUS, channeled by Geoffrey Hoppe
Presented to the Crimson Circle
January 2, 2016

http://www.crimsoncircle.com/


さあ、2016年最初のシャウドです。人間の見方では、去年とあまり変わりませんが、今年はとても違っていると私は言いたい。

シャウドでは、みなさんのエネルギー、希望、恐れ、インスピレーション、人生の疲れを一緒に持ち込み、それらをオープンにし、拡張するのを許します。そして、あらかじめ用意されたメッセージではなく、今ここで、浮かんだメッセージをもたらします。

さあ、我々は2016年に進んで行きます。


Trust Yourself
1つ言っておきたい事があります。それは、自分自身を信じて下さいと言うことです。シャーンブラの最大の問題は自分自身に疑問をもっていることです。正しいことをしているか、正しい場所にいるかと。自分に疑問を投げかけることで、全てのアウェネスとエネルギーを消費しています。どうか、それを自分自身に感謝を与えるために使って下さい。

正しい仕事についているだろうか?正しいバケーションをとれているだろうかと。そんなの手放して下さい。答えはとてもシンプルです。あなたは間違いようがないのです。間違うことができません。これはおまじないではありません。神聖なガイドシステムがあなたを導いています。

あなた方は疲れにくくなっていること、ストレスが少なくなっていること、混乱が減少していることにやがて気づくでしょう。あえて間違うことをトライしようとせず、人生をエンジョイして下さい。それは、あなたにやってきます。今年、そのことに気づくと思います。なので、疑問をもつのをやめて下さい。あなた方は間違うことができません。

いい事だと思いませんか。自分自身を自由にして、人生を楽しんで下さい。


Two Questions
1つ目の質問です。今年2016年はどんな年になりますか。

~Question: Part 1
予測するのではなく、感じて下さい。5つの単語以下で答えて下さい。

(S:目が開いてくる。 C:争いの中にいる。 W:つまらない事で楽しむ人と、エネルギーに抵抗する人との二重構造になる。 S:どうしたらいいか分からない人が増える。)

~Question: Part 2
2番目の質問ですが、あなたにとってはどんな年になるでしょうか。考えるのではなく感じて下さい。


Adamus’ Answer
私の答えは分裂/崩壊です。恐怖ではないのに恐怖となり、カオスではないのにカオスになる。完全に分裂していきます。

地球は新しい意識に入っていきます。ハーモニックコンバージェンスを支持していた人がいると思いますが、80年代にそれは起こらなかった。それは、エネルギーの配信システムです。エネルギーは入ってきていたが、人々が準備できていなかったため起こらなかった。その後、多くのことが変化を遂げてきた。技術が、薬が、ヒーリングが、政治が、全てのものがたくさんのことが調整され、セットされ準備されてきた。地震もあったし、現在の分裂もシフトには適切なものです。私はあなたが目覚めたか見ている。人々は分裂が好きではなく、頭を砂にうずめる人もいる。それは起こっているが、恐怖では全くない。あなたはそれに対する準備ができている。全然恐怖ではない。

私はあなた方にこの分裂を喜ばしく思ってほしい。これは、これまであなたが経験してきたこと。体や感情の問題とは違っている。それは人生にパターン問題をもたらすでしょう。豊かさがあなたへやってくる方法の分裂、夜見る夢の分裂、エネルギーのマネージの仕方の分裂が起きます。

それは全然悪いことではありません。なので、自分を疑うのはやめて下さい。

この分裂であなたは病気になったり、どこかへ行ってしまったりするかもしれない。しかし、それはあなたのため、意識のため、目覚めた存在となるためです。仕事の崩壊、家族とのつながりの崩壊。これら、あなたにもたらされる崩壊を受け入れられますか。それは、他の人によってもたらされるものではなく、あなたによって、あなたのためにもたらされます。あなたは、フラストレーションを抱えるでしょう。このパターンを変える崩壊が起こり、人生も変わり、あなたはマスターになって行きます。

このことを深く呼吸して下さい。もう自分に疑問を持ったり、疑ったりしないで下さい。


This Is It
今年は生きるマスターの年になります。それが全てです。それは今です。これまで長い長い間、それは起こらなかった。あなたがそれを受け入れていなかったから。あなたは次の人生、またはその後でもいいと思っていた。たくさんの崩壊があった。地面に頭をつけて泣き叫んだ。それらは完璧だったのです。あなたは自分に仕えないそれら古いことを諦めつつある。


The Master Sense (and it’s components)
今、我々が進んで行くにあたり、とても重要なポイントがあります。我々はマスターなのです。だからここにいます。その重要なポイントはマスターセンスです。あなた方はそれを許しつつあります。そしてそれに混乱しつつあります。そのうち理解しますが、2~3人の人には既にこれが人生に起きていますが、それが何だかよく分かっていません。

では、マスターセンスについて説明します。まず最初はアウェアネスです。これを真ん中に書いて下さい。殆どの人々はあなたがもつアウェアネスを認識できません。2番目は光です。あなたは光を持たなければならない。それは自然と起こります。メンタルでなく、意識、アイアムのアウェアネスがあり、それが光を放射します。アウェアネスがあるところに光が輝きます。

アウェアネスがある人は、他の人にも光を輝かせます。なので、人があなたに何か違うものを感じるのです。彼らはそれが何か分からず当惑します。それは彼らを混乱させるので、彼らはそれを追い出そうとします。何故なら、それは彼らが入っている催眠にフィットしないからです。

キーハックで話したことですが、クリエーションダイアグラム101について触れます。この光からエネルギーはやってきます。エネルギーは魂に凝縮された思いやりから発せられます。意識は知っているのですが、意識に経験を与えるのもエネルギーです。

エネルギーは情熱や欲求(思考ではない)に起動されるまではニュートラルです。エネルギーはマスターに仕えにやってきます。長い間たくさんの存在がエネルギーはパワーだと間違ってきました。パワーは人工的なものであり、そこには存在することや自分への愛や自分への主権はありません。人々は他人から奪うエネルギーでは、自分の価値を見出すことができません。人々はパワーはないということに目を背けています。あなたは他人からのエネルギーは必要ないのです。それはあなたのためにそこにあり、大量にあります。

創造の過程で、とてもおかしなパワーダイナミクスが起こりますね。あなた方はこれまで長い間、パワーに犯されてきましたが、ある時パワーは必要ないことに気づきます。すると、おかしな事が起こります。「パワーを持たなくなったため、全てを失い、裂け目に落ちていってるよ~」と言ってましたよね。でも、地面に叩きつけられる1mm手前で、突然飛びたちます。

I Am that I Am . これが私の光、私のエネルギーと気づきます。

次のポイントはモーション(動作)です。モーションの代表的なものは、時間、空間、行為、過去、未来などがありますね。数回前のシャウドで話したように、あなたは動いていません。全てのものがあなたを通して動いています。しかし、人間の感覚に訓練され、プログラムされ、催眠されたため、あなた方が動いていると思ってます。自分は動かなければならないと思っていると、自分をとても小さくしてしまいます。そうではなく、見方を変えて、全ては自分のために動いていると認識するのです。そうすると、あなたにやって来ます。意識的でないにしろ、気づいてないにしろ、あなたを通して動いているのです。

あなたは、ある程度のアウェアネスを持っています。あなたは自然と創造し、光を放射し、パワーなしでエネルギーにタッチしており、モーションを伴っています。


Walter Russell
次のポイントは感じることです。

(メアリーがウォルターとワークしていることが紹介された。)


The Human Senses
では、人間の五感について話していきましょう。まずは、五感についてイメージして下さい。目を閉じると、マインドは頭に情景を思い浮かべます。その絵は目を通して見たことのある人工的なものです。私がリンゴというと、頭にリンゴの絵を創造します。制限されたものを。目で捉えるということを止め、内側のビジョンを想像して下さい。じたばたしないで下さい。あるがままに。人生が突然変わります。(目や頭に浮かべる)情景(ビジョン)を失うことで人生がとても変わります。

(間)

次は味覚です。味覚を失って下さい。二度と食べ物を味わえません。視覚とともに失います。

次に嗅覚を失って下さい。もうバラの香りも匂いません。視覚とともに失います。

次に触覚を失って下さい。自分の皮膚も、ペットの犬も、水も、恋人も触っても感じません。

そして最後に聴覚も失います。

(長い間)

五感を失うと人はどうなるでしょう?クレイジーになりますね。マインドはそれをハンドルできません。マインドは新しい感覚を創造しようとします。まず、五感を復活させようとしますが、うまくいきません。そして新しい感覚を作ろうとしますが、時 遅しです。あなた方はクレイジーになります。そしてマインドの外側に行こうとします。

五感はマインドのしもべであり、これらによりデータを集め、測り、自分の現実を創造しています。そういうやり方をあなた方は生きている。マインドは他のことはブロックしている。

モーションや光やあなたによるエネルギーをブロックしている。なぜなら、五感やマインドで捉えることが出来ないから。ここはとてもとても重要なポイントです。

あなたの現実は五感をベースにしている。全ての人がそれを使っている。スピリチュアルの道にいる人も、宗教の道にいる人も、自己開発している人も。動物園の話を思い出して下さい。

あなた方は動物園に捉えられ、動物として考え、感じ続けていては、決して動物園から出られません。周りにはもっとたくさんの事があるのに。


More on the Master Sense
では、マスターセンスについて話します。これがどう働くのかを図解しますね。マスターセンスは五感には依存してないし、殆どつながっていません。マスターセンスは新しい世界を開きます。

人間的感覚は今後もこの現実ではワークし続けますが、あなたが入っていくディメンションではまったく機能しません。なのでタフですね。

マインドを超えていくことはとても難しい。宗教や自己開発プログラムの問題があったり、マインドは五感を使って、よりよい人生を持つかを分かろうとします。動物園の中で、いかにいい動物でいるかということをしているのです。マインドはとてもリニアです。

マスターセンスはこれら全てを外に出します。脳にも体にも結びついていません。

(図示しながら)これはリニア。これがモーション、時間や空間など。そして今話したように、他の働き、ディメンションがあります。これはリニアではありません。あなた方はそこで何が起きているかのセンスをもっていません。

例えると、数学でいう、0、1,2,3,4、そして、-1、-2、-3、-4、(0を中心とした水平な線で図示)
人類は長い間、0を理解していませんでしたよね。それは大きな発見でした。

そして、こういう数字もある。(垂直な線とそこに、1、2、3、を図示)あなた方はこの図を知っていますが、リニアにしか感じようとしていません。物理学者や科学者は、X軸に4、Y軸に4、行ったところを理解するようになりますが、さらに4行ったところには別の現実があります。感じられない次元です。しかし、そこにあります。それを理解するようになると、クウォンタム フィジックスが理解できる道ができます。

五感を使ってはエンライトメントに行けません。ではどうやって行けるのか。それはとてもシンプルです。とてもベーシックです。
I Exist です。私はずっとそれを感じるように言ってきました。考えるのではなく、感じるのです。あなた方はそれをマインドで捉えようとしてきました。それではうまく行きません。それを理解するのがマスターセンスなのです。

ウォルターはこのことを表現しようとしたのですが出来ませんでした。メンタルな言語ではとてもとても制限されているからです。
I Exist やアイアムやアウェアネスも教えるのはとても難しい。だが、経験するのはとても簡単で、突然あなたは拡大していきます。あなたはノーイングネスを行っています。あなたは突然、時間や空間を超えます。そして、私が以前から話しているように未来はここにあることが分かります。ここでは解けなかったことが、他次元では解け、ここにあるのです。ずっとそうだったのですが、あなた方が五感やマインドで生きてきたので、分からなかったのです。マスターセンスを開き、受け入れ、許すと全てが変わります。マスターセンスを開くことは、触覚や、味覚や、嗅覚や、聴覚、視覚によるものでも、考えることでも、頭にそれを築くことでも、光景を描くことでもありません。2016年は、それを持ち込む年であり、崩壊の年でもあります。美しい。

この地点にやってくるのに長い時間がかかりました。たくさんのメッセージ、たくさんのチャネルを経て、ここに辿りつきました。それを教えることは出来なかった。それは、そこにあると言うことしか。

では、メラブミュージックのもと、マスターセンスをただ許して行きましょう。マインドは、それはどこ? 感 じられない。 と言うでしょう。その後、真の静けさに入って行きます。


Noise vs. Silence
静けさについて少し話します。人間はとてもしゃべります。いつもノイズがやってきており、それらはリニアです。聴覚、触覚等を通して受け取ります。全てのものには反対があります。こちらに静けさがあり、こちらにノイズがあります。(横線を図示) 反対すると言っても抵抗するものと言う意味ではありません。違うものと言う意味です。人間の感覚では分からないのですが、全てのものには反対の属性があります。静けさというのはノイズの反対サイドなだけです。

ここには、実際に静けさはありません。サイレンスのよりサイレンスはありません。重力があって、無重力がある。ほんとうの静けさはここに起こり、ここに起こり、ここに起こります。(矢印をいくつか図示)

あなた方はこれに気づいていません。人間感覚でしか静けさを捉えていないからです。比較論での静けさしか分かりません。


Push-Force Reality
あなた方は力を使う現実(Push-Force Reality)を生きています。あなた方が人生で何かを達成するには努力と、じたばたと進める力が必要です。あなたがあの花瓶を動かすにはそこに行って持ち上げ、力をかける必要があります。それは、1つの現実でしかありません。私が花瓶をどこかにやるのに、それを触わる必要はありません。努力もいりません。私の光が他次元間エネルギーを持ち込み、それを動かします。あなた方の力学とは別の物理学がたくさんあるのです。しかし、五感やマインドではそれらは分かりません。

あなた方の中にはそれをマインドでやろうとする人がいます。力を加えようとします。許すのではなく、何かを起こそうとします。努力も必要としないという90度違う見方を忘れているのです。あなた方は何かを起こすのに努力します。資格を取ったり、勉強したり、仕事に就いたり、ガレージをきれいにするのに物を動かしていると思っています。全てのものはあなたに関わらず動いているという基本的なことをあなた方は否定してしまっています。全てのものは動いています。あなたの光のもとで。

「何かイニシエートする必要があるのでは? 選択が必要なのでは?」

いいえ、必要ありません。


Hypnosis
メラブに行く前に、もう1つ話をします。人間はみな催眠にかかっています。あなた方でさえ、幾分か。五感やマインドが催眠を見えなくしています。催眠により、あなた方は自分のためではない事をしたり、自分が好きではないことをしたりします。また意識の力や努力で打ち破ろうというパターンを繰り返したりします。それは上手くいかないのに。

マインドや、催眠療法や、動物感覚で抜け出ようとするとかえって、深く埋まってしまいます。
催眠にかからないようにすることが出来ます。そのカギは、マスターセンス、ファンタジー、イマジネーションです。誰もあなたのイマジネーションに催眠をかけることは出来ません。イマジネーションは催眠にかかったことがありません。これからも。


Master Sense Merabh
では、深い呼吸をして下さい。私はみなさんを愛しています。私はこのポイントにやって来ることを待っていたし、夢見てきた。

マスターセンス、それは直観、ノーイング、シンプルです。あなた方はうまくやっているか不安に思うでしょうし、どうやってやるかと思うでしょう。前にも話ましたが、創造は動きの中にあります。あなたはただそれを来させるだけです。

リアライゼーションというのは、自然と分かること、努力なく分かることです。90度、見方を変えて努力しない世界へ入っていきましょう。

(間)

あなた方はこれまで、メンタル的、肉体的、感情的な努力をして、リアライゼーションや、マスター性に入って行こうとしていました。しかし、グルッと回って努力なしでいきましょう。あなた方は両方が出来ます。そして、努力なしを感じ、マスターセンスを感じて行きます。それは第6感のことではありません。それもリニアです。マスターセンスはそこにあることが分かるようになります。これまでは感じていませんでした。

以前に、アセンションという言葉をエンライトメントに置き換えました。そして、エンライトメントをリアライゼーションに置き換えました。リアライゼーションはただ感じること、五感を超え、あなたが慣れ親しんできたものを超えます。

今年は崩壊していきます。五感への中毒も誘惑も崩壊していきます。驚かないでほしのですが、あなたの目や耳が以前より感度が悪くなります。

マスターセンスを感じる別の方法を許していきましょう。それはメンタルなことではありません。新しい考え方でもありません。そこには努力はありません。手招きしたり、請うたりするものでもありません。あなたの光により、エネルギーが動き、あなたに来させます。あなたの受け入れ次第です。

(間)

最初は奇妙に感じます。でも、あなたのセンサーを使う欲求やマインドがそれを分かろうとすることは理解できますね。努力なしや、許しは少し奇妙と思うでしょう。なので、あなた方は拡張のエクササイズをメンタルでやろうとします。自分を自分から出すことをイメージしたり、マインドをより大きくしようとしますが、それではうまくいきません。

我々は現在の感覚の世界から出たところに入っていきます。許すこと受け入れることはあなた次第です。これまでのあなたがよかったか、悪かったかや、男か、女かや、何百回生まれ変わっているか等は関係ありません。努力しないで下さい。

(間)

マスターセンス、それを記述するのは難しい。現在の物理や、科学や、数学を超えている。他の人はそれを他の名前で呼びますが、私はマスターセンスと言います。

それは、あなたの人生を変えます。あなたを動物園から自由にします。戻るのを心配する必要もありません。自分自身のために、この努力なしの瞬間にいて下さい。深い呼吸をして下さい。

(間)

私のマスターセンスがやって来た時は、とても深遠でした。私はマスターセンスを少しずつ得ていった。それを得たとき、私はいろんなことにそれをフィットさせようとしていた。マインドにフィットさせようとしたがそうはならなかった。人間のセンスにフィットさせようとしたが出来なかった。そして、ついにそう言うトライを止めた。すると、私のマスターセンスの光が輝いた。マスターセンスにはパワーは含まれていない。とにかくノーパワーだ。

(間)

それは様々な方法でエネルギーを引き付けます。グレースや容易さとともに。私は力を使おうとしたり、プッシュしたり、原因と結果のダイナミクスを使ったが上手くいかなかったことを思い出しました。

(間)

マインドがおしゃべりしようが、それを見ようとしようが、あなたは間違うことはありません。同時に90度回ってみて下さい。そこには逆の押す力があります。反重力、反センス、それが、我々が許すものです。マスターセンスは人間ではありません。

(間)

我々はもはや動物園の動物ではありません。

(長い間)

深い良い呼吸をして下さい。

とても簡単です。しかし、あなた方は「何も起こらない」と言います。いいえ、人間の感覚で分からないだけです。それか、そうしたくないのです。それを許して下さい。

古いやり方では感じたり考えたりすることが出来ません。昔から言われている「善」と同じようなものです。「どうやって私がここにあることを知るのか。」「ただ存在するのです。」

「どうやってマスターセンスがここにあるのかを知るのか。」「それはあるのです。」あなた方はいつもそれを持っている。

マスターセンスのことでフラストレーションを抱えたり、どこにあるのか、私には感じないと言いたくなったら、深く呼吸をしてただ許してください。リニアなレーンから90度回ってファンタジーレーンに行ってください。それがエンライトメントハイウェイへの近道です。リアライゼーションに導きます。深い呼吸をしてください。

友たちよ、我々はこれを続けていきます。今年、たくさんのことが起こります。我々はたくさんやることがある。しかし、今、多次元へと進んでいきます。それは奇妙に思えるし、時に、リアルでないと思うでしょう。本当にそこにあるの? 本当に感じれるの?と。

しかしそれは五感によるリニアなものではないのです。その方法ではエンライトメントに行けません。なので、他の間隔を許していきます。やってき始める他の間隔を許していくのです。こうなることが自然であり、動物園にいることが不自然なのです。
新年おめでとう。

全ての創造において全てはうまくいっている。
Thank You. 

マスターセンスとともにあらんことを!(拍手)


Walk On 5 Video
http://www.crimsoncircle.com/Library/41/219/497/video/CH160102_Walk_On_Shoud_05_English.mp4


-(翻訳)匿名希望さん

| Walk on(ウォークオン)シリーズ | 21:14 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015年 12月  Walk on シャウド 4概要

2015年12月5日
THE CRIMSON CIRCLE MATERIALS
"Walk On - The Powerless Life" Series
SHOUD 4:
Featuring ADAMUS, channeled by Geoffrey Hoppe
Presented to the Crimson Circle
December 5, 2015

http://www.crimsoncircle.com/


(会場はクリスマスの衣装で盛り上がっていた)

First Question
今日の最初の質問はこれです。この1年どんな年でしたか。どれくらい自然でいられましたか?1~10で答えて下さい。10がベストです。エンライトを体やマインドにどの程度許しましたか?


Second Question
2番目の質問です。人間の状態はよくなっていますか、悪くなっていますか。人々は自分自身をどの程度感じてますか。


People’s Perceptions
人々の状態はあまり良くないと感じていますよね。今月、この会場も悲しみが感じられています。そして、何が起こっているのか、次に何が起こるのかを心配しています。流行の商品や人や指導者やクリスタル等に気を逸らされるのが、大変かんたんな世の中になっています。いつも言っているように、あなた方は必要なものを全てを既に持っています。他は何もいらないのです。薬もドラッグもいらないのです。自分の内側にすでに持っています。

新しいもの等にとても気を逸らされる状況にあるのですがエネルギー的に見てみると、人々は自分の周りの世界より、自分自身を受け入れることに満足するようになってきています。自分を評価してしまうのですが、自分の弱みも強みも、自分の立ち位置もわかるようになってきています。と言って気分が良くなっているかというとそうではなく、幸せとも感じていません。むしろ30年前、50年前より、幸せは薄いと感じています。道に迷っていると思っています。

次は何をしたらいいのか分からないし、ひと通りのものがそろうと退屈になり、悲しくなっています。とは言え自分のリニアな環境に前より心地よさを感じています。次に何があるのか分かるからです。大方昨日と同じだからです。目覚めのプロセスが始まるまでは問題ないのです。目覚めのプロセスに入ると地獄ですよね。人々は大きな変化は望んでいなく、せいぜい20%程度よくなればと思っています。悲しいことに。


The World Today
技術は予測不能なスピードで成長しています。ムーアの法則が知られていて、コンピュータのスピードは2年で2倍になると言っています。実際は18~19ヶ月で2倍となり、価格も2年で半分になっています。より良く、より速く、より安くなっています。これには1つの理由があります。

知能ではありません。何人かの先駆者がいるからではありません。テスラやエジソンやスティーブジョブスのような。彼らはただ空気の外から拾い上げただけです。意識の変化に気づくのに長けていただけです。技術は爆発的に成長しており、世界を変えています。ロボットが、掃除し、足の爪を切り、車を運転するという技術の爆発的進歩は意識が原因です。意識がクラリティを得ないと何も起こりません。

人々や地球や宇宙のエネルギーを見てみるに、この10年、地球のエネルギーはとても違ってきています。一部の人はよくなったと言い、一部は悪くなったと言いますね。各々の見方なので。

この意識は反対意識を引き起こしています。古い方法に戻ろうとしたり、自由は困難なものとしたりします。

時は来ているし、問題ある。しかし、私はそれが好きです。それが我々のワークにとってのキーです。技術も教育もとても速いスピードで進みます。教育システムは10年で、飛躍的に進みます。これまでのリニアなものは機能しません。教室に行っても、ホントの健康も、マインドも、欲求も創造性も分かりせん。それに取って代わって子供たちは自分の家で、PCの前に座り、世界中の人と繋がり、コミュニケートするだけでなく、真の教師やロボットからガイダンスを得ると共に、自分のペースもつかみ、自分の欲求を見出すようになります。あなた方は意識のワークをしてきました。あなた方は世界の意識問題を取り扱ってきました。1000回は言ってきましたが、それはあなたの物ではありません。

この惑星にはとてもジレンマがあります。脳、マインドです。人間の脳は20%しか使われていないと言いますが、私から見ると100%、混乱に使っています。いつも膨大なインプットとアウトプットがあります。脳はマックスの状態にあります。技術は成長し、意識は拡大していますが、脳は目を回しています。脳は次に来るものをハンドルできません。

あなた方はそれを毎日、目にしています。あなた自身に、そして、他の人々に。脳は感情のセンターでもあります。脳が扱いきれない所まで来ると、シャットダウンしてしまいます。マインドは狂暴になります。マインドはマックスの状態にあります。しかし、更にトライしようとします。夢の中でさえ。なので、24時間、フル稼働しています。そうプログラムされており、シャットダウンや許すことがプログラムされていない。

なので、そこに我々は今、ジレンマを感じています。人間のマインドはマックスであり、更なるものはハンドルできない状態です。しかし、その更なるものが来続けています。テクノロジーが進み、意識もやってきています。どうしたらいいのでしょう。

更に、スマートになろうとする人がいますが、そうするとクレイジーになります。マインドを落ち着かせるために、ドラッグをやったり、ビタミン剤、薬、サプリをとったりします。ここにはとてもスマートな人々がいます。キャパが来ているのですが、パーフェクトです。マインドを超えているからです。そうあるべきです。ファンタジーやノーイングネスの時なのです。あなた方はそのリープに到達しています。


Thinkers and Knowers
今、2つの世界が展開しています。世界が思考するもの(シンカー)と、ノーイングに分かれつつあります。ノーイングの方は少ないです。ノーイングの人はナストを使います。ここに1つ良い例があります。人々はローカルでリニアなパスに捉われてきました。ローカルという意味は人間のほとんどが25マイル、35~40Km圏を出ずに生活していることを知っていますか。旅行に行く人もいますが、殆どの人は99.9%の時間をローカルエリアで過ごしています。それが悪いわけではない。しかし、考え方がローカルになります。

ノーワーズな人は、瞬間の中にいて、完全に許しており、自分自身を完全に信頼しており、クリエイティブなフローを来させ、マインドからのプレッシャーを緩めています。

あなた方はノーワーであり、ナストを使います。あなた方はもはやリニアなローカルシンカーではありません。世界はパワーゲームの中にいます。
44qxahxv.png

パワーはマインドの幻想です。パワーなどありません。全て幻想です。全てはセルフエナジーです。セルフエナジーの意味は意識により、エネルギーをあなたの所に引きつけると言うことです。
rc1mnlfv.png

人々は重力と時空間の中で、スタックしています。時空間はあなたを通して動いています。あなたが時空間を動いているのではありません。それに気づき始めることは大きなことです。重力はフォースに抗います。物を落とすと抵抗力が生まれます。重力はあなたに仕えるようになります。この地球で容易に使えるエネルギーは重力なのです。

重力の中にフォースがあることにあなた方は気づきだします。あなた方が必要とする全てのエネルギーが重力にあります。あなた方の肉体はセンサーなのです。
oi021z10.png

現実をどう受け取るかのセンサーなのです。しかし、そのセンサーが、まだ体と連動していない。Andを受け入れることで、開きだします。


Two Worlds
世界はこれまでに経験したことのない、2つの世界へと進んでいます。良いニュースであり、悪いニュースでもあります。いや、1つの世界しかないと拒絶する人々がいます。しかし、2つの世界が展開しているのです。

あなた方にはこの事を分かっていてほしい。あなた方はまだシンカーの世界を生きています。
それがあなたのシステムとして組み込まれています。あなたがノーワーの方に行こうとすると、全てのことがあなたを引き戻そうとします。「おまえは肉体の存在であり、傷つきやすい。おまえは感情的メンタルな存在なのだ。リニアであり、制限されている。重力や時空間の見方を変えるとクレイジーになるよ。」とそれらのものは言います。それをあなた方は経験してきました。そして自然とここに(ノーワーズ)にやってきました。自然な流れ、自然な拡張により、ここにやって来ました。これもまた、あなたの欲求なのです。

先月、ファンタジーのことを話しました。それが超えていく方法です。それはリアルなのです。物理的、ローカル的、リニア的な見方をするとリアルではないかも知れません。しかし、それはリアルなのです。マインドを超えていきましょう。マインドさん、体は光が入って来るスペースを用意し、ずっと待ち続けてきたマインドも、このリープがナストに入っていくのを待っていた。感じる方法や、考えが違う。大きく違う。マインドよ。あなたはそれを認識することが出来ない。私は自分自身を許し、自然な方法で、そこに行きます。力をかける事なく、努力せず、思考せず。マインドさん、クリスマスミュージックをかけます。自然のままに、それを許しましょう。


Allowing Knowingness Merabh
これはメラブです。マインドさん、そのことを考える必要はありません。ただ、許すだけです。考え始めると、それはメンタルな状態なのです。それは、ノーイングネスではありません。マインドさん、考えるのをやめ、それを許しましょう。ここの心地よいエネルギーに包まれ、輝かしいクリスマスミュージックを聴きながら、そこに行きましょう。ただ、それに来させればいいのです。

そのことにやり方はありません。何も考えなくていいのです。分析もいりません。ただ、許すだけです。我々はノーワーとなります。シンカーではなく、ノーワーです。瞬間に生き、自分自身への流れの全てはただそこにあるのですから。

私がそこと言っている意味はお金や健康などのことではありません。ノーイングネスのことです。大きな問題への答のノーイングネス。個々人や地球が直面している大きな課題をどうやって解くかのノーイングネスです。考えたりしません。

あなた方は小さな小さなクリエイティビティしかない思考。ロジカルな思考に慣れてきました。なので、ノーワーになることを奇妙に思ってしまいますが、それはそこにただあるのです。

他の人にどうやって知るのか聞かれたり、どこから探してきたのかと聞かれるかもしれませんが、私はノーワーなの。そこにあるのよ。と言うだけです。分からないとは言わないで下さい。

ただ、そこにあるのよ。と言うと良いでしょう。

トライすることなく、努力することなく、ジタバタすることなく、より以上のことがそこにあるのです。
出かけて行って獲得するというものではなく、そこにあるのです。

あなたはそれを得ています。どこにあるかですって?いろんなことでそれが分かります。深遠を感じたり、とても気分が悪くなったりして、と言うのも古いルーチンからあなたを引き離しているからです。あなたはとても先進的なもの、先進的ソフトウェアプログラムを習得していきます。

それは、0/1(ゼロイチ)のコードではなく、意識や光のコードです。それに適合するのは少しハードです。なぜなら、秩序を引き裂くテクノロジーだからです。でも、それが世界を変えます。あなたの人生を変えます。

あなたはそれに慣れます。それのプロフェッショナルだから。
力を使わず、努力もしないで下さい。それがノーワーとしての最初のレッスンです。


Being A Knower
覚えていて下さい。古い世界、現在はフォースや力や重力に囲まれています。しかし、ノーワーズは認識しています。飛躍的変化にパワーは必要ないことを。エナジーもフォースもいりません。くそったれです。それが人によってはタフな事ですね。でも何も感じないと言いますよね。それでいいんです。体の器官やマインドや感情で感じようとしますが、それはうまくいきません。どうやって知るのか?あなたはノーワーなのですから。ただやるだけです。起こります。新しいヒーリングを感じます。それは現実を受け入れる自然な能力です。


Merabh for Change
まず、認識してほしいのですが、あなた方は自分自身を許し、シンカーの意識からノーワー意識、アイアムの意識へと移っていきます。それがやって来ます。この地球で最も大きなチャレンジは私の見立てでは、頭脳は次にやってくるもの(技術や哲学やチャレンジ)が理解できないという事です。マインドはそれをハンドルする事が出来ません。それを機械やコンピュータにやらせようとする人がいます。しかし、コンピュータはマインドの発展形にしか過ぎません。

少ないですが、この地球にはシンカーである事を超えたグループがいます。彼らはノーワーです。あなたにも超えて行ってほしい。
大きな変化が起こります。あなた方は自分たちの内側で起こってきた事に気づいています。そして、現在、変化や地球に起こっています。彼らは自由である必要があります。彼らはマインドを超える必要があります。地球で今、起こっていることは高い意識への抵抗。メンタルな時代から出ていくことへの抵抗です。抵抗が起こるのは自然なことです。いつも現実の内側では変化が起きており、それが真空や重力や引力を創造しています。それが今、起こっており、続きます。

あなた方はそれをテロや宗教や政治、金融に見ています。しかし、これらのシステムはその道から離れていきます。と言ってもうまくは出ていけません。それらはパワーや古いやり方にすがりつこうとします。テロと言うのは、恐怖の植え込み、自信のはく奪です。これらのテロリズムは国と戦う国ではなく、宗教と戦う宗教でもありません。宗教はパワーです。その全てがマインドです。テロリストは立場を探しており、どうやるかを企んでいます。それで、宗教を盾にするのが簡単だったのです。天国をかざして人々を洗脳するのは簡単なことですから。テロリズムの真実は宗教ではありません。たくさんの美辞麗句と、たくさんの催眠です。

彼らは1粒の砂ほどの意識もありません。彼らは信頼をはぎ取っています。恐怖を植え付け大きな気逸らしごとを起こしています。人々は今、それに目を奪われています。彼らは巧みに信頼をはぎ取っており、人生の骨組みもはぎ取っています。あなたの隣の隣人、素敵なカップルが数百人を殺せる爆弾を作っているかもしれません。

友人も疑い始めます。家族のことでさえ。これはパワーであり、マインドであり、古いことへのしがみ付きです。自由への抵抗です。

これの最高のツールは催眠です。10分で催眠にかかってしまいます。正常に仕事をしていた人が10分でテロリストになってしまいます。催眠はすぐにできます。マインドがリニアでローカルだから。パリやサンベルナディオで起こったことや飛行機が突然墜落したことの背景には多くの催眠が関わっています。催眠は潜伏することも出来ます。いつでも出来ます。あなた方が気づいていないだけです。20年前にかけられて、今は出てきていなくても、トリガーがあると出てこれます。トリガーは音と言葉の組み合わせだったりします。数式やソフトウェアだったりもします。

催眠はとても怖いものであり、マインドの副産物です。なので、容易に利用されます。電話が3回鳴って止まり、2回鳴って止まり、1回鳴って止まった跡、隣のカップルが町に出て作戦実行しました。

“アダマス、どうしたらいいの”と言うと思いますが、話したように催眠はシンカーに影響を与えます。ノーイングネスにいる人には、接触できないのです。

ノーイングネスがあなたにインテグレートし始めると意識的により多くの答えが、ポテンシャルが、経験が創造されます。リニアでローカルなことを超えると、あなたは決して催眠思考に制限されたりしません。

ノーイングは拡張していきます。成長するのです。感じます。いつも知っています。マインドはリニアです。他の次元に拡張していけません。なので、催眠が埋め込まれたままとなってしまいます。

世界はクレイジーな状況となっています。しかし、あなた方は心配いりません。
あなた方はノーワーであり、クリエイティブです。あなた方に次に何が来るのか?リニアを超えて行くのです。ノーイングをやって来させるのです。ノーイングネスから何がやってくるのか。そうチェンジです。システム、テクノロジーなどの分裂。分裂は悪いことではありません。

そして、あなたはどこに入っていくのか、ファンタジー、ノーイングネス、イマジネーション。
分裂を破壊とするのか、進化とするのか。

深い呼吸をして下さい。

いつもいつも感じていて下さい。全ての創造において全てはうまくいっています。

Thank you, my dear friends. Thank you (audience applause).


Walk On 4 Video
http://www.crimsoncircle.com/Library/41/217/495/video/CH151205_Walk_On_Shoud_04_English.mp4


-(翻訳)匿名希望さん

| Walk on(ウォークオン)シリーズ | 22:42 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015年 11月  Walk on シャウド 3概要

2015年11月7日
THE CRIMSON CIRCLE MATERIALS
"Walk On - The Powerless Life" Series
SHOUD 3:
Featuring ADAMUS, channeled by Geoffrey Hoppe
Presented to the Crimson Circle
November 7, 2015

http://www.crimsoncircle.com/


(いつもギャザリングに来ていたピートが亡くなった。)


Pete
ピートの意思に沿い、少し、死のプロセスについて話します。ピートは今、ここにいます。彼は死んでいる人について話しています。あなた方みんなも死ぬんです。そのことを笑って下さい。彼は死んだ時に笑いました。

実質的死は、体が死ぬ4日前に起こりました。体が死んだ時が死ではないのです。事故や暴動や戦争による死の場合もそうです。魂からのノーイングネスがあります。

彼が今いるところは、アセンションではないことを彼は分かっています。彼は、もう生まれ変わらないということも出来ます。ヴェールの向こう側にも、皆さんのところにもいることができます。

人間のマインドは死によって死んだり、どこかに行ったりするものではありません。しばらくは維持しています。ピートの場合は2~3日、普通の人は何年も。

ピートが言うには、「人生はめいいっぱい楽しめ、さもなくば、去れ。」と。
(参照ビデオ:“Viva la Vida”  https://vimeo.com/56197580 )

人があなたをどう思うかは関係ない。彼らの判断には意味がない。彼らの定義だから。

あなた方は自分自身に責任があり、他人には責任はない。ピートは生前、最高に満たされて生きてはこなかったことは認識している。健康面も、経済面も。しかし、他人のために生きようとはしなかった。ここ5年~20年は。


Live Full or Leave
あなた方がやっていることは神聖なことです。しかし、恐怖もありますね。神聖になる過程で、体に違和感を感じるという恐怖がありましたね。あなた方の体に起こっていることの99%は、より高い意識のための調節です。ホントは病気ではないのですが、病気になったりして、解放や浄化をしています。それは恐怖であったり、死んだように感じるものですね。暗い裂け目や無を感じるのは、とてもタフなことですが、セルフを感じることがベストなことなのです。アイアムを知ることです。「無の中でも、私は存在する。」それが全てです。それには、信頼、解放、許しが要求されます。


A Question
これから1つ質問しますが、マキョーな答えはしないで下さい。ピートが言ってますが、彼もたくさんのマキョーを持っていました。大事なことはマキョーを持っていることを認識し、それを笑うことです。質問です。毎日の生活の中で、一番の心配事は何ですか?
(会場:他人のこと、お金のこと、健康、年のこと、何もない楽しい、自分が正しいかどうか、等 )

心配事のために色々やってきましたね。でもうまくいかない。正しいとか間違っているはないのです。それは他人の目を通してみているだけ。マインドが騒ぎ立てますよね。エンライトメントがうまくいっているかも気にしていますよね。正しくすることは出来ないのです。人間にはできないことです。


Human Life
人生はとってもイラつくものです。(笑)
人は人生を少しよくするために、どんどん辛くしています。生きている小さな世界をきれいにしようとしたり、自分自身を幸せにしようとしたり、幸せのコースや薬(錠剤)をとったりします。あなた方はこうゆう事を超えました。こういう事は機能しません。そして、あなた方は、人生は痛ましいものと認識しています。

人生は、驚くほど美しい経験にもなりうるのですが、人々はどんどんクレイジーになっています。そんな場面をこれから見ていくと思います。

あなた方は動物園の檻に囚われており、その檻をキレイにしようとしたり、少し良い食事を祈っているのです。あなたと一緒に檻に入れられている人と、もっと仲間になろうとしているのです。これが現実でない事を忘れています。私も人間の檻から、外に出るのに、10万年かかった。世界はサイコティック(精神病)な状態にある。人間そのものはいいのだが、信じていることが行き詰まっている。愛を信じ、愛の必要性やチャリティを語り、ぶら下げられたニンジンでの幸福や次の日の幸せを語る。宗教や神を語るがそれはコントロールです。進化を語るがそれは気を逸らします。

コミュニケーション技術が発展し、この世界の自由に使うはずだったが、現在のところ、サイコや行き詰まりの元になっている。

あなた方はその動物園の檻を出るまで、健康やお金など、何かをより得るということを求め続ける。しかし、それは出来ない。

その檻を出ると、これまでの事を笑い。ただの経験だったと分かる。また戻ることも出来るが、あなた方は決して戻らない。檻を出ると年齢も止まる。タイムレスでいるから。その檻を出るといろいろな問題が自然に無くなっていきます。

あなた方は何をすべきでしょう?理解すべきです。マインドと体を理解すべきです。意識を理解すべきです。


Fantasy
ファンタジーは頭で考えるものではなく、ロジック(理論)ではありません。子供はファンタジーが好きです。オープンであり、まだ檻に入っていないから。あなた方は夢の中でいろんな経験をしています。夢はマインドを脚色することは出来ません。夢の中ではある程度、手放しています。我々はどうやって超えていくのでしょう。まずは、ファンタジーを始めます。ここには、チャレンジがあります。

まずは、音楽を奏でましょう。あなたのマインドがおしゃべりすると思いますがいいんです。止めようとしないで下さい。正しくやっているかを心配しないで下さい。あなた方は間違うことが出来ません。あなた方はうまくファンタジーしてるか心配するかもしれませんが、良いも悪いもありません。ファンタジーを正しく定義しているか心配しないで下さい。ファンタジーはただ超えていくことです。マインドや思考を使うのではなく、ただ経験するのです。何も強要する必要はありません。それは心地良くないかもしれません。我々はファンタジーとワークしていきます。

ファンタジーはここにあり、利用可能です。深い良い呼吸をしてリラックスして下さい。


Into Fantasy
ただ、思考を超え、人生のルーチンや心配事を超えていきます。そこにはファンタジーがあります。それがリアリティなのです。私がファンタジーと言っているのは、マインドを超えていくためです。ファンタジーというとあなた方はユニコーンやエルフ等を思い出しますね。それらも、とてもリアルなのです。ファンタジーは科学的ファンタジーのことでもあります。前回、時空間はあなたを通して動いていると話しましたが、これもとてもリアルなことなのです。

ファンタジーは、あなたが、自分自身を拡張することのできる場所です。ここで言う自分自身はヒューマンセルフのことではなく、アイアムセルフの事です。あなたのアイアムネスにとって動物園の檻の中にとっても長い間縛られていたことはどんなに辛いことだったでしょうか。もう耐えられません。なので、あなたに唸り、イラついており、耐えられず、怒っています。それは、いい事なのです。

健康問題や、お金の問題などは、あなたが動物園の檻にはまるのを避けさせているからです。「これは正しくない。より壮大なことがある。」と言っていたのはアイアムなのです。あなた方は考えることで、そこに辿りつくことは出来ません。内側から辿りつくことも出来ません。ただ許すだけです。ファンタジーに入っていくのです。ただ、あなた自身に戻っていくのです。

あなた方が探しに出かけ、見つけたものは、あなたのセルフでした。あなた方は長い間、人生の意味、創造の答え、問題の答えを探し続けてきました。そして見つけたものは、あなたのセルフでした。利己的なヒューマンセルフではありません。壁伝いに歩くべきとする小さな人間セルフではありません。

小さな人間セルフは体もマインドも伴って他次元の世界に行こうと考えます。また、マジックワードを言って全てを出そうと考えます。そうはなりません。動物園の中を汚していることになります。

超えたところ、ファンタジーに何があるのか、きれいな人間や、年を取らなかったり、病気にならない人間ではありません。違います。人間を超えたあなた自身がいます。“and”です。もう考える必要がありません。計画する必要も、ハードに働く必要も、パワーを使う必要ありません。戦いもなく、パズルもなく、秘儀もなく、マインドのような複雑さもありません。やることに正しいも悪いもありません。経験があるだけです。心配する体もありません。とてもクリエイティブです。ハートからやって来ます。意識が“ボン(時空間)”のスクリーンを輝かせる創造性です。全てのエネルギーを引きつけ、あなたはセルフを経験します。

あなたは、あなた自身がファンタジーの世界にいることを許しますが、それは古い世界を手放すという意味ではありません。あなたは依然として人間の要求は持ち続けます。

ファンタジーは許すことです。そして、外側の制限された人間も許します。

あなた方は動物園でのゲームになれており、上手くやってきました。なので、ファンタジーに行くのはチャレンジです。あなた方はしばらく両方をやります。しばらくはファンタジーをし、その内また元に戻ろうとします。自分自身にファンタジーを経験させて下さい。これが自由なのです。楽しいことです。

動物園にいて、決して出ようとしない人々がどんなにサイコか、あなた方は認識するでしょう。ファンタジーの美しいところは、何もする必要がないところです。それは、あなたの所へやって来ます。前回も言ったことですが、あなたの所へやって来るのです。
ワークをする必要はありません。やって来るのです。

準備はいいですか。深い良い呼吸をして下さい。

ピートが、ここに来てくれたことに感謝したい。これからも彼は我々をアシストしていきます。
全ての中で、最もチャレンジなことの1つは、重力、引きつけられることです。しかし、あなた方は外に出たいという欲求を持っています。自分をクレイジーに感じるかもしれませんが、そんなことは全くありません。全く。

深い呼吸をして、今日の1日のエネルギーを感じて下さい。

全ての創造において全てがうまくいっています。

Thank you. (拍手)


Walk On 3 Video
http://www.crimsoncircle.com/Library/41/216/493/video/CH151107_Walk_On_Shoud_03_English.mp4


-(翻訳)匿名希望さん

| Walk on(ウォークオン)シリーズ | 21:37 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015年 10月  Walk on シャウド 2概要

2015年10月3日
THE CRIMSON CIRCLE MATERIALS
"Walk On - The Powerless Life" Series
SHOUD 2:
Featuring ADAMUS, channeled by Geoffrey Hoppe
Presented to the Crimson Circle
October 3, 2015

http://www.crimsoncircle.com/


まずは、これまでの振り返りからやりましょう。


Short Review
意識は全てです。それが全てです。意識は始まりでもあり、終わりでもあります。すべてが意識で始まります。何度も図示していますが、円の中の中心の点が意識です。それが「I Exist」です。そして「I Exist」では無い でもあります。「I Exist」の真実は無です。黒もなく、暗闇さえありません。静けさもありません。何もありません。天使もいないし、私もいません。過去もなく、未来もありません。ただ、あなたがいるだけです。

その境地に達すると、人間的全てや、とるに足らない事は消え去ります。なぜなら、あなたは常に存在し、これからもそうだからです。あなたの表現や、知覚のし方が変わってきます。経験も、アイアムに対するノーイングネスも変わります。しかし、「I Exist」は常に存在しています。これがコアなのです。この点を伴う円が近い将来、人間の歩みを変えていきます。あなたの将来も変えます。


Coming Changes
現在、意識に対する気づきはとても小さい。科学者が実験したり、発表するものも、意識を考慮していない。しかし、じきに取り入れるようになります。

しかし、今の科学のように、リニアだったり、同じ結果に何度もなるものではないので戸惑います。新しいエネルギーもそうで、毎回、同じ結果にはならず、状況によって変わります。

あなた方には、意識についてのノーイングネスがあります。なので、ここ2~3年で、科学や、技術や、物理学に大きなブレークスルーが起こります。そこに大きな投資もされます。アインシュタインでさえ、新しい発見をするときは、熟考に熟考を重ねていました。そして、既存の概念が足かせとなっていました。

前から言ってますが、人間に自由を受け入れる準備が、出来てるかが疑問です。自由には大きな責任を伴います。他人は責めないのです。私はクリエイターだと言う責任。健康やお金等、私を止めるものは何もないという責任。

意識が全てである ということを理解するのを私は助けていきます。意識はエネルギーを引き付けます。意識がこの宇宙、他次元の世界を創造しました。これはスピリチュアルなことではありません。スピリチュアルと位置づけないでください。ニューエイジでも、宗教でもありません。それらに関連させると、意識の理解を制限してしまいます。また科学まで行ってないんですが、そうなります。20~30年前のことを奇妙に思うように、将来の人が今を見ると奇妙に感じるでしょう。意識に対する理解がないのですから。

「I Exist」を経験し、意識を理解し、意識とエネルギーの違いを理解して下さい。前回のシャウドのメラブで多くの部屋を通過し、すべてを解放し、無に入っていきました。あなた方のいく人かは、「I Exist」や意識を理解し始めます。そして、全てのマキョー、全ての信念体系、あなたが問題や課題と思っていたことを洗い流し始めます。そして、突然、「I Exist」を認識します。死も、親族も、仕事も関係ありません。

真の意識のもとでは、全てが収まるべきところに収まります。人生はシンクロします。ただ起こるし、それを引っ張っているのは意識です。いつ超えていくかや、いつアウェアネスを認識するかを期待しないでください。利己主義の中毒になってしまいますから。

壁を歩いたり、他の次元に行くのに体を伴っていく必要はありません。それが制限になってしまいますから。あなたはアイアムであり、I Exist です。脳も体もありません。それは必要ありません。それが純粋な意識です。

あなた方が、iYammer を伴って、体やマインドを超えていくとき、あなた方の知覚が変わります。あなた方は容易にアイアムとして他次元への旅ができます。しかし、目や耳で何かを捉えることを期待しないでください。他次元で起こることを感じるのは、別のものです。別のセンサーです非物理体のセンサーです。このセンサーの方が自然なのです。耳の方がリアルに捉えるのに自然ではありません。耳には制限があり、周りの風景や距離感を完ぺきには捉えていません。

旅の中でも、あなたはアイアムでありながら、小さな自分もいっしょにいます。利己的な自分がコントロール権をとろうとします。そして、引きずり込まれ犠牲者になります。もうやめましょう。もうダメです。アイアムで満たして下さい。そう演じ始めて下さい。自分を信じて許して下さい。物事は変わり始めます。


An Illustration
では、皆さんに紙を配って下さい。ペンは必要ありません。サイズや色は何でもいいです。その紙で、紙ヒコーキを作って下さい。(みんな紙ヒコーキを作る)そして、それを飛ばして下さい。(みんなで飛ばした)なんで、これをしたかって? 長い事これをしていなかったし、楽しいのではと思ったから。(みんな 笑)


The Nature of Reality
この惑星で、意識に影響を与えているのは、とても少ない人々です。ほとんどの人は意識とは、起きて呼吸している と思っていて真実を知らない。それは制限された意識です。なので、私はここで現実の物理学を教えています。

あなた方は、時間や空間を動いているのではなく、時間や空間があなたを通して動いているのです。現在の考え方からすると矛盾であり、革新ですね。実際に時間や空間を移動するものはありません。現在の思考では、物が時間や空間を移動すると思っています。そして、時間と空間は1つの混合体と考えています。時空間という言い方をしますね。一方なしではもう一方は存在しないと考えています。物が時空間を動いていると思っています。物の動き方が、時や、空間を決めていると思っています。しかし、真実は違います。

実際の物理学、クオンタム物理学では、時空間はあなたを通して動いています。紙ヒコーキを投げた時も、ヒコウキは動いていません。時と空間が動いたのです。なんて素敵なんでしょう。全ての人は現実を捉えるとき、時空間は1つと見ています。時空間が重力をつくり、物が動くと見ています。それは真実ではありません。物に対して時空間が動いたのです。いく人かの人が気づきましたが、昔の映写機にはフィルムのリールがあり、ループがあり、フィルムに光があてられ、スクリーンに映像が映る。このケースと同じです。実際は時空間が動いているのです。

ここのプロジェクターも、プロジェクター自体は動いておらず、フィルムが動いている。そしてスクリーンに動く幻影を映している。あなたである意識は動いていません。カウルダーの腕が動くのも、腕が動いたのではなく、動くことを許容したものであり、時空間が動いたのです。このアナロジーにおいて、ループを通って行ったフィルムが過去であり、光をあてられる前が未来。この光っているところがナウモーメント(今の瞬間)です。あなたはいつもナウモーメントにいることができます。しかし、時間や空間に対する古い理解がために、実際、あなた方はここ(ナウモーメント)にいません。未来はどうなるんだろうとか、過去にそれをすべきじゃなかったなどを考え、現在にいません。

とても興味深いコンセプトですが、これが事実です。時空間はあなたに対して動いています。それにより重力が生まれています。物理的重力というだけでなく、思考や感情も引き付けています。

なので、あなた方は過去に起こったことをリアルと信じています。でも、そうじゃありません。あなたが受け取ってる様(さま)ではありません。重力がそのように保持させています。

重力は信念体系も固めています。個々の信念体系、風習の信念体系を。宗教的信念体系を。時間と空間の重力は、凝り固まった経験を創造する一因になっています。耳や目からの情報で物事を捉える一因となり、もっとあるというノーイングネスを感じにくくさせています。意識になって起動される重力ですが、この重力がいろんなものを固まらせています。

あなた方がブレークアウトして、この住んでいるカゴの外に何かがあるというノーイングネスを得ると、それについて考えたり、見つけ出そうとします。すると、より重力が働き、トラップされた世界に固められてしまいます。 そんな経験をあなた方もしてきましたね。 
殆どの人がこういう見方をしています。時間があり、人は時間軸上を動いている(時間を箱、それを通る線を図示した)。そして時間を計り、物事が通るのにたくさんの時間を要したと言います。時空間は定義されたもの、否定も出来ない、変えることも出来ないものと捉えています。そうではありません。

地球でのあなた方の人生は、時空間に規則化されています。あなた方は時空間を通っていると受け入れて来ました。あなた方は生まれたが為に人生を生き、そして死ぬ、何かをすると信じているし、今日から明日への時間と空間を進みます。それは、とてもリニアです。しかし、それは、真実ではありません。真実は、時空間はあなたを通して動いているのです。そう動くうえで重力を作っています。

時空間は固形ではなく、一定に変位するものでもありません。変化します。人それぞれでも違います。ここに2人のデイビットがいますが、それぞれの時空間は異なっています。あなた方が動くどの時空間もあなたを通していろんな動き方をするし、デイビットの時空間とも異なっています。あなたを通して動く時空間は、あなたの思考や信念体系や身体行動や少しの意識により、決定されています。2人の思考は違っているので、2人の時空間も違っています。

あなたは時空間も重力も一定と考えています。人生のレベルで決定づけており、人生に入り込む重力やフローを及ぼすパワーやフォースが事実としてあります。あなたが時間の神や、時空間の神を手放し、あなたを取り巻くパワーを手放せば、自由を経験できます。あなた方はこれを経験します。なので、ここにいます。

あなた方はこの経験をします。1週間後か1か月後かは問題じゃないですが。その経験により人生に深みが出、信念体系が揺さぶられ、あなた方が抱え込んでいること、特に古い感情や古い制限が揺さぶられます。アハモーメントを得ます。そして人々に時空間のことや重力のことを話だすでしょう。

あなた方は意識に基づいた個々人の時空間や重力を持っています。しかしそこには相互コンセンサスがあり、共同時空間的なものです。殆どの人々は個々の主権のある時空間を喜んであきらめ、時空間の神を受け入れています。キャッチボールにおいてもボールは時間と空間をただ移動するし、時間や空間は一定であり、それゆえ、予測できてキャッチできる。それが常識。しかし、それは時間と空間に関する大衆意識の一種催眠なのです。それは正しいのですが、あなた独自のものであることも事実です。

あなたがこの作用を理解し始めると、あなたは見えなくなることもできます。ただ、時間の外側に行くのです。存在し、なお肉体を持ち、アイアムを持った状態で。ただ大衆意識のごたごたから自分自身を消すだけです。それは驚くべきことでマジカルです。あなたからは彼らが見え、彼らといるのですが、彼らからあなたは見えません。見えることを選択しない限り見えません。あなたはあなたの時空間を所有し管理します。

時空間とは何でしょう。投げられたボールは動いていません。紙飛行機も飛んではいません。最初は奇妙な感じで簡単ではないですね。

ではボールを上に投げますが、時空間が動いていると捉えて下さい。時空間が動いてるのです。ボールは動いていません。最初は奇妙ですね。でもやがてこの違った見方が出来るようになります。そして人生が陽気になります。

ドアが開かれるのです。


Bon
時空間という言葉は、制限を感じるので、「ボン」と呼びます。ボンはホログラムのようなものです。意識が感じたり、経験する手段の1つです。それは、意識が見たり、感じたり、経験したりできるホログラムです。目で見るのではなく、感じたり、経験するのです。それがクリエーションの全てのコアです。

ボンは、意識が演じるステージ、または、意識のスクリーンのようなものです。ボンまたは時空間は、全ての現実に存在します。意識に仕えるためにあります。意識には、エネルギーがありませんから。意識は物理現実ではありません。意識は選択します。自分の経験を選択します。ここ地球での最大の経験は時空間です。あなたのする全てのこと、時、空間、重力を許しています。ということで、ボンは意識が旅するところ、経験するところに存在しています。ボンは、次元次元を変え、影響し、意識は異なる経験をすることを許しています。全ての次元に、重力が存在しますが、それらは、ここ地球とは異なっています。

時空間はあなたを通して動いており、あなたに仕えています。あなたが時空間に仕えているのではありません。では、質問がたくさん沸いているようなので、質問を受けます。

M:エネルギーというのは、知覚ではないのでしょうか?

A:エネルギーは知覚ですが、とてもとてもリアルです。エネルギーはあなた方に仕える1形態です。ボンはエネルギーフィールドの混成体と呼べます。ニュートラル状態のエネルギーポテンシャルのフィールド(受容体)があり、ここにもあり、いたる所にあります。それは、意識に起動されるのを待っています。

それが起動されたのち、ニュートラルだったものが、ポジティブにも、ネガティブエネルギーにもなります。これはプラズマに入っていくのを待っています。原子や分子等、重力に起動される、この現実のあらゆる物のトリガーとなることを待っています。

時空間というのは、じょうごみたいなものです。ベンチュリ(ベンチュリ管 )を知ってる人もいるでしょう。
※ベンチュリ(ウィキ) 

流体力学で扱う、流量調節器です。容器を使って液体を圧縮して解放すると、液体の流れが生じます。ここにも時間と空間があります。大きな圧力をかけると大きなエネルギーを得るのですが、これは圧をかけたからというより、元々液体により多くのエネルギーが内在させており、それがベンチュリを通して起動されたのです。時空間はこれに似ています。

このベンチュリにあたるものが何でしょう? そう、ナウモーメントです。ここが過去、ここが未来です。これがあなたを通して働く時空間の原理の1つです。

あなたが現在にいて、意識的でいる。アウェアネス(認識)に気づいている。「 I Exist 」でいると、時空間の流れ方が変わります。物事が、遅くなったように感じます。時空間がより調和し、より適応し、過去や未来に捉われていた時より、よりあなたに仕えるようになります。

最初の話に戻りますが、投げたボールは動いていません。時空間が動いたのです。そして重力が生じました。物理的なもの、感情的なもの、信念的な重力です。そして、現実が作られました。

美しいものですね。これを起こす意識、あなた方の能力。意識は手も足も脳も目も持っていません。あなたの為に意識がこれを起こしました。すごいですね。ホントにすごい。

大衆意識を出ていき、自分自身の時空間に入っていき、時空間の神に、もはや頼らなくなると、自分自身のボンや自分自身のプラズマや全てが備わった主権ある存在となり、自由になります。実に興味深い。おしゃべりばかりしていないで、経験に入っていって下さい。

あなた方は時間と空間がゆるみ始めるのを感じ始めます。よりフレキシブルに感じます。最初は不快でしょう。あなたの肉体は時間と空間に関する古い信念に基づいてきたのですから。それを出ていくと、奇妙で不安定に感じ、夢も奇妙なものになります。


A Dream
カウルダーが見た夢を紹介します(カウルダーに許可を取りたいですが、彼は寝ているようです)。カウルダーたちは追われていました。そして、ガラクタや鉄や車やトラックがある倉庫を見つけました。すると、列車が自分たちのところに、とても速いスピードで近づいてきました。その列車はピタッっと何のモーメンタムを伴うことなく止まりました。

これはいい例ですが、追われているというのは、他人があなたに対してクレイジーと思っている表れです。あなたがブレイクスルーしようとしているのを彼らは好ましく思っていないのです。彼らはこう言います。「それはでっち上げだ。バカげている。科学的に証明してみろ。」と。

あなた方はそれを証明してみせる必要はありません。なぜなら、彼らを変えようとしてるのではなく、あなたの為にそれを使っているのですから。

列車が何のモーメンタムもなく止まったように、あなたの人生の物事と同じです。感情や過去のモーメンタムのように。時空間はあなたを通して動いているのですから、ただ止まるのです。

列車が止まると、兵隊たちが降りてきて、カウルダーたちを追いかけてきました。兵隊たちはこう言っています。おまえたちは信用できない。クレイジーだ。ノーマルに戻れと。そして、どんどんカウルダーに近づいてきて、カウルダーはみんなに、こう叫びました。「時間はないのだ。見えなくなろう。」と。すると、体が光のビームになり、別の惑星に移動しました。ここの時間世界から、ただ出ていったのです。大衆意識から出ていったのです。それだけです。私は選択すると言っただけです。何の努力も戸惑いもなく。美しいですね。あなたにもできます。あなたも時空間やボンを理解すると、このことを何も心配する必要はありません。

カウルダーの声が聞こえなかった人もおり、それらの人たちは、恐怖でパニックになり、兵隊に捕まってしまった。それから、カウルダーは、古い車に乗ってハイウェイを走っており、犯人として捕まった人々を探していた。しかし、彼らはパーティをしていた。お祝いをしており、いいワインを開けていた。

このポイントは、祝福があり、誰も捕われの身ではないということです。人生で困難な局面にあるとしても、あなた方は自由なのです。

時間や空間は物を通して動いているのです。犬を通して。壁を通して。時間と空間の流れは、あなたに仕えています。あなたが選択すれば。まだ大衆意識の時空間はあり、その中にいることも出来れば、出ていくことも出来るし、両方にもいれます。自由なのです。


A Timespace Experience
では、あなた方に時空間が動いているのを感じて欲しい。照明を落とし、音楽をかけて下さい。我々はウォークオンシリーズへと進んでいきます。古い時空間の制限を超えていきます。

自分自身に「I Exist」と言って下さい。深い呼吸をして下さい。そして、静かでいて下さい。そして、感じて下さい。

時間と空間はあなたを通して動いています。あなた、あなたの意識はコンスタントであり、いつもそこにいます。いつもナウモーメント(今の瞬間)にいます。意識はナウモーメントの外に出ていけません。あなたは外に行けます。過去や未来に行けます。意識はナウモーメントであり、ナウモーメントは意識です。あなたはコンスタントです。あなたはプロジェクターの光です。あなた自身にマインドや思考を超えさせ、感じさせて下さい。時空間があなたを通して動かしているので、感じるのを許して下さい。時空間はこの音楽を通しても動いています。音楽が時空間を動かしているのではありません。しばらく聞いていて下さい。

(間)

平凡な思考では、音楽は空間の中にあると思っており、時間やビートやリズムの要素をもっていると思っている。しかし、知覚をシフトさせて下さい。時空間は実は、音楽を通して動いています。音楽って何でしょう? それは意識が創造したものです。意識の創造者が、歌詞やバイブレーションやインパルスを一緒にしたものです。今も音楽は動いておらず、時空間が動いています。新しい知覚でそれを感じて下さい。

(間)

意識が存在するとき、音楽が起動されます。あなたが聞いているのは、時空間の流れです。あなたの意識は気づいており、あなたの耳も聞いています。あなたはあなた自身をオープンにし、許しています。ある人は、これはデジタル録音だと言うでしょうが、違います。時空間が創造のパターン、共鳴を通して動いているのです。

深い呼吸をして下さい。それは、時空間が流れる川のようです。

(間)

あなたは意識の存在です。意識はエネルギーを起動します。あなたは創造します。なぜなら、あなたは意識だから。そして創造はエネルギーを起動します。エネルギーがフォースを呼び、時空間のエレメント、私がボンと呼ぶものを呼び、川が流れ始めます。川は動きます。今、あなたを通して流れている美しい川です。あなたのハートは動いていません。時空間が動いているのです。

ボールを投げたときも動いているのは時空間です。ボールは独自の時空間、独自の動力が働き、あなたの目はボールが動いていると捉えます。しかし、今、時間をとり、感じてみて下さい。時空間が動いていることを。

(間)

あなたが運転する車も、車自体は動いていません。時空間が動いています。そのホログラムが動いており、あなたに仕えています。

(間)

今、それを感じて下さい。人生のポログラム、ボンを、あなたを、あなたの思考を、あなたの体を通じて動いている時空間を。それは、あなたに仕えています。

時空間があなたの仕事が遅かったり、パニックになったり、上司に言われることに心配になる時とは全く違う動きをしています。あなたが混乱していると、それは違った動きをします。あなたに仕えているのです。あなたに抵抗して動こうとはしません。

意識に反応して動いているだけです。マスターはボンに時空間にホログラムに命令することができると理解しています。このホログラムを自分に仕えるよう命令することができます。

突然、時間が拡張したように思えますね。歴史が変わり始めましたね。マスターはナウモーメントにいます。古いことはもはや、重要ではありません。小さな人間はもうとるに足りません。ドラマも人生の行き詰まりもそうです。マスターは時空間が自分に反応していることを理解しています。ホログラムは彼らの意識に反応しています。思考ではなく意識です。

パニックや心配がどんどん無くなって行きます。彼らの自由度やホログラムを仕えさせる能力が、全てが変わります。古い時間や空間から出ていきます。そして、自分自身の中へ。彼らは他人や大衆意識と一緒にいることもできます。自分自身の中にいて、選択により、許しにより、オペレートします。

あなたが心配してきたことは実際、重要でなくなります。檻(おり)には、もう捉われていません。過去や未来は重要ではなく、存在すらしなくなります。質問は無くなります。この空間で、アイアムを感じ、ホログラム、ボンがあなたに仕えるのを許して下さい。自分がクリエーターであることに突然気づきます。

あなた方は、物が時空間を動くものとし、時空間の神に服従してきた。しかし、そうではありません。それはあなたに仕えるのです。あなた方は、物事を重要か重要でないかに分別してきた。全てが可能と気づくでしょう。あなた方はナウモーメントの中におり、意識に戻るのです。それはシンプルです。深く呼吸して下さい。時空間はあなたを通して動きます。

あなたに従って流れます。そう認識すると重力が変わります。肉体を老化させていた重力。あなたを生まれ変わりのサイクルに保持してきた重力が変わります。

時空間があなたに仕えるものと認識し、許せば、重力、引き付け力、保持力が変わります。次のギャザリングで、このことを取り上げます。深い呼吸をして、次のギャザリングを感じて下さい。

時空間がそこにあり、いかにあなたに仕えているかを。これは、瞑想ではありません。フローを感じているのです。肉体で感じているかも知れませんが、違うセンターで感じると思います。どう流れているかを感じて下さい。あなたがいかに、物事を、時空間を、動いているとしてきたか。そのやり方と戦い、ジタバタしてきたかを。そして、それとの違いを感じて下さい。今、それが全て変わります。

今、話していることは、地球が平面である捉え方と、丸いとする見方との違いです。時空間に対する古い意識との違いです。これがリアルです。哲学でも、宗教でも、ニューエイジでもありません。これがリアルなのです。

これからの30日間のあなたの人生に着目してみて下さい。流れだけでなく、重力の違いも。私が言っている重力は、固形化や、保持という意味です。それが、人生でいかにシフトしているか見て下さい。深い呼吸をして下さい。

あなた方はこの事について、人や自分とディベートするでしょうが、最も重要なことは、自分自身に、それを人生の中で感じさせたり、経験させることを許すことです。

何も起こらなかったり、ただのいい午後のひとときかも知れないが、それでいいんです。深いよい呼吸をして下さい。

我々はたくさん歩いて行きます。今はその始まりに過ぎません。

全ての創造において全てはうまくいっています。

Aargh!  (拍手)


Walk On 2 Video
http://www.crimsoncircle.com/Library/41/215/491/video/CH151003_Walk_On_Shoud_02_English.mp4


-(翻訳)匿名希望さん

| Walk on(ウォークオン)シリーズ | 11:54 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015年 9月  Walk on シャウド 1概要(一部全文)

2015年9月5日
THE CRIMSON CIRCLE MATERIALS
"Walk On - The Powerless Life" Series
SHOUD 1: “Walk On 1”
Featuring ADAMUS, channeled by Geoffrey Hoppe
Presented to the Crimson Circle
September 5, 2015

http://www.crimsoncircle.com/

※今回、ミラーブと、その前の項目(ミラーブを理解するためにも)と他一部分は、mayumiさんの翻訳になっています。
このシャウドで、行われたミラーブは、先月、Addiction Unplugged(依存症)のワークショップで、行われたそうなんですが、mayumiさんがとても良かったとおっしゃっており、そのミラーブを、一部、表現は変更されているようですが、アダマスは、再度、行ってくれたようです。

そんなに良いのなら、とmayumiさんに丸ごと、翻訳を頼んだ所、快く引き受けて頂いたので、言葉を自分で録音して、ミラーブを自分で行っても良いですし、内容を理解されてから、行っても良いのかなと思います。よろしければ、ご活用下さい。


Walk On – The Powerless Life
さあ、新しいシャウドシリーズの始まりです。新しいシャウドが始まるこの時期が私は好きです。たくさんのエキサイティングなことが来年はあります。

今回のシリーズは「ウォークオン・パワーレスライフ」です。あなたに使えるものはもはや無く、ただ歩を進める時だからです。あなたの古い歴史も、生体からも、マインドからも、夢からも、離れて、ただ歩んでいくのです。ただ歩んでいく時です。まさに、それが、我々がやっていくことです。

私は、自分を自由の教師と呼ぶのが好きです。なぜならエンライトメントというのは、まさに自由だからです。古いアイディンティティへ、あなたを引き戻す全てのものからの自由です。何をするにも自由でいて、“and”でいます。“and”も私は好きです。人間でもいれるし、問題を抱えてもいれるし、そうでなくもいれる。それが真の自由です。あなたは、どんな場所でもプレイできます。どんなディメンション(次元)でも。あなたが選択する時に。

あなた方人間は自由の準備が出来ているでしょうか? ほとんどの人が出来ていません。いいんです。人々は自由を欲求し、自由と戦うのですが、まだ準備が出来ていません。超越した人間を望むのですが、真の自由ではありません。

私のシャウドも7年目を迎え、たくさんの人が去っていきました。それも適切なのです。かき乱される意識や欲求のなかでこのワークをするのは困難なことですから。エネルギーを盗みに来ていた人もいましたしね。今、ここに残っている人は自由を完全に許すコアグループです。

あなた方が肉体的、精神的困難を通過していることは知っています。しかしあなた方はそれをドラマチックにしたりエネルギー吸血鬼となったりはしない。あなた方の体は肉体も意識も変化しているのです。それが病気やインバランスを引き込んでいますが、あなた方はそれを解放できます。あなたを癒せる人はいません。あなた方が引き込んだのだからあなた方で解放できます。

あなた方はこれまでもそれをやってきました。医者が不可能と言っているガンや病気をどうやって開放するのでしょう? あなた方はあなた方に出来ると学んでいます。意思やアファメーションや努力によるのではなく、シンプルに意識的に選択することを。あなた方はその中に知恵と喜びを認識することが出来、努力なしに解放できるのです。

殆どの人にはこのことは理解できません。人間はなにかを機能させるのに頑張る必要があると思ってますから。賢者はパワーやフォースが必要ないことを理解しています。人間のやり方でなく、選択をするというシンプルなことだと賢者は理解しています。カウルダーはシャウドの前にこう言ってましたね。「物事は、人間が理解していないレベル、理解すべきでないレベルで起こる。しかし、人間が手放すとアイアムによりマインドやイマジネーションでは想像できない大きなことがもたらされる」と。

あなた方はよく自分の考えや制限にもがき、それを起こそうとパワーを使おうとします。それはあなた方自身にとってとても困難で自分自身を痛めつけています。そういうことを止めて下さい。あなた方は人間の欲求、人間の問題、人間の心配を抱えていますが、「and」も持ち合わせていることを認識して下さい。神聖な視点、とても自由でオープンな視点も持っているのです。

人間のサバイバルモードでなく優美なアイアムモードで選択したことは努力なくただやってきます。それはチャレンジングかもしれない。というのもあなた方は、人間は努力やプッシュやパワーを使わなければならないと思うものですから。

この後の11回のシャウドで学ぶことは、プッシュする必要などないという事です。それは、扱いにくいと感じるかも知れませんね。人混みの中を裸で歩いている感覚でしょうね。何かを忘れてきたような感覚、人々が何というか、という感覚がありますね。しかし、人々は、あなたを見ていません。人々はパワーゲームに興じているので、あなたの事は見えません。あなたが裸でいる感覚がするのは、武器やパワーのスーツを着ていないからです。あなたは人々が想像できないところにやって来ているのです。これもチャレンジですね。

あなたは、自分は何が欲しいんだろうと考えたりしますが、それは、ホントの思考から来ているのではありません。それは、あなたの物ではなく、先祖からのものだったり、大衆意識からのものです。給料や車や家、そんなものではありません。豊かさも、健康も、恋愛も自己価値も、パワーレスライフでは、自然に満たされます。

あなた方が歩んでいるリニアなマインドの道についても、私は分かっています。あなた方は人生を計画します。仕事は何をしなければならないとか、どうやって毎日の体をケアするべきか、全てのことが、生き残るという思考からやって来ます。なので、止まっており、制限しています。死を恐れてますが、悪いものじゃないんです。

パワーレスライフの中で、起ることは驚くべきことです。人生は、何回もアップダウンするでしょう。いいんです。それが“and”です。

想像している以上のことが起きます。あなた方は想像することを制限しています。人間は夢も制限している。あなた方は人間を超えた夢を見ていないのです。アイアムの夢を開いていない。一旦、人間の制限や夢を超えて、パワーレスライフを送りだすと、そう言った全てのものは、そこにあるのです。そして「ここにあるのに、なんでそんな事にフォーカスしてたんだろう。」と分かり出します。我々は今年、この物理学に入って行きます。これは、マジックではありません。意識です。それが全てです。


What’s Ahead
既に話しましたように、この1年はビッグな年です。私は、あなた方といくつかの事をしていきます。ドリームウォークのような事を。レクチャーは少なめにし、経験をして行きます。あなたのパーソナルな経験です。今日もいくつかやります。

パワーは現在、パワーレスよりも、より大きな磁力を持っているため、パワーに引き戻されがちです。全くのパワーレスでいないと、少しだけでは傷ついたりもします。

先ほど、大きな事と言ったことの意味ですが、あなた方は最大の変化を経験します。意識の変化がまず来ます。
マインドでは考えつかない変化です。水の上を歩いたり、全てのことが分かるといったものでは全然ありません。とても、超越したことです。あなた方は意識のパイオニア、又はパイレーツです。意識は、歴史的にも、とても変化してきています。ほんの1500年前ですがその当時の意識を感じてみて下さい。

マインドは「そりゃ、車もインターネットもなかったよね。」と言いますが、そんなものじゃありません。殆どの人間は奴隷だったのです。殆どの人が王族に所有されていたのです。それに対して、疑問も抱きませんでした。ローマ教皇にも。あなた方は神に、マスターに仕えなければならなかった。100年前まで、民主主義というものはなかった。あなた方もご存じのように。これからの年、あなた方はとても意識的、アウェア、ノーイングでいる機会を持ちます。

それにより、驚く事、素晴らしいことがあります。それを共有してください。そうしたければ。あなた方はこれまで意識的ではありませんでした。スピリチュアルの道にいながら、意識的ではなかったのです。スピリチュアルの道はマキョーで満たされています。


How to Explain?
では、ちょっとしたゲームをしましょう。iPhoneかiPadを持って1915年に戻ります。ちなみにiPhoneという名前は、スティーブ・ジョブスに、これで何をしたいのかと聞いた時に、自由にしたいと答えたから、だったら、アイアムPhone だなと言うことで、iPhoneになったんだよ。1915年の人々に、このiPhoneをどう説明しますか、と言うのが質問です。彼らはこれで、何がしたいでしょうね。(会場から、写真を見たり、音楽を聞いたり、ゲームをしたり、と回答。その機能を恐がり、殺されるかも。)100年前ですから、意識は全然違ってた。ポイントNo.1は、意識は、急速に変わるということ。そして、それが起るまで気づかないという事。10年前の2005年に、この機器で自分のために何が出来るか説明できますか?

なので、この1年も大きな変化があります。想像はできません。

10年後に、どう使うかも想像出来ませんでした。あなた方皆、制限していなかったらなあ。

これが、今日の最初のポイントです。次に来るものを許すために、これまでのやり方から出て行ってください。人間はそれを計画することも出来ませんし、そもそも出来ません。

2つめのポイントは、彼らはそれをどう使うか、です。つまりあなたはちょっとしたタイムトラベルをして、過去に戻り、この機器を彼らに渡します。少しだけ使い方を教えます。すると、彼らはそれをどうするでしょうか? 

残念ながら、人間性という点から言えば、彼らがするのは次のうちのいずれかでしょう。1つはあなたを関係当局に引き渡すこと。本当ですよ。彼らは「あまりにも」恐れてしまい、どうすれば良いかわからないのです。だから密告するのです。あるいは何とかしてこの機器を使う方法をみつけるでしょう-この機器は今、あなたのポケットの中にあり、当たり前のものとあなたは見なしていますし、あなたのベスト・フレンドでもあるわけですが-彼らは何とかしてこの機器を使い、そして身を滅ぼすことになります。私生活を。

彼らの手には負えません。どうすれば良いか分からないからです。私生活で何とかしてその1915年に生きる人間のアイデンティティを高めようとしますが、そのアイデンティティは、その小さな電話で活用できるテクノロジーにも、自由にも対処できないのです。彼らは身を滅ぼすでしょう。人間にはそうしたことが頻繁に起きます。人間は自己破壊的だからです。彼らの手には負えません。

もっと大きく、もっと良いものがほしいのだ、と彼らは言います。でも手に負えません。あなた方1人ひとり-あなた方「1人ひとり」が-ご自身の個人的体験から、それがどういうことか、知っているはずです。

あなた方も経験したと思いますが、または、この機器で、世界を吹き飛ばそうと思ったりします。新しい武器が出来ないか、スパイが出来ないかと。富と力、力、力、力が欲しいのです。友や、同僚や、政府や、世界をコントロールする量のパワーが欲しいのです。

2つめのポイントはこれです:私たちはこれからウォークオンシリーズの年に入りますが、パワーはありません。あなたが(iYammarのような)新しいものを手にしても、それらはパワーのためではありません、まったく違います。パワーを行使するために使わないでください。あなたはそうしたくなるでしょう。誘惑にかられるでしょう。私に対して、他のシャーンブラに対して、言い訳をするでしょう。

他のシャーンブラは言うでしょう。「したらダメだよ。自分の外側から得る必要はないのだから。人間のアイデンティティがさらなる何かを獲得するために私たちは学んでいるわけではないのだから。」するとあなたは異論を唱え、アダマスは間違っている、あなたの方が間違っている、アダマスこそ、みんなをコントロールしている、と言うでしょう。

友人たち、今のうちに言っておきますが、1915年の誰かがiPhoneを手に入れたらそれをパワーのために使い、最終的に破壊するために使うのと同じになってしまいます。私たちはパワーには入りません。私たちにはパワーは必要ないからです。あなたには必要ないからです。少し時間をとり、それをただ、呼吸して、それがあなたにとって正しいことなのか、感じてもらえますか。パワーレス・ライフです。パワーはまったく必要ありません。


What’s Coming
あなた方には、選択によって、エネルギーを引きつけるデパイスが与えられています。このリモコンも選択によりエネルギーを引きつけます。また、このデパイスは、あなたの感情を中和させます。そして、あなたが行きたいところに行くことを許します。体ごと行くかどうかというより、体はここにいて、意識は同時に、いくつもの所に行けます。“and”です。

あなた方は、あなたが置きたいところに意識を置くことを許します。体の付属体を伴うことも出来ます。エネルギー体のようなものです。肉体をつれていく必要はありません。あなたは今、“and”の中にいます。単一性からALL(全て)に歩み出ています。あなたは全てのノーイングネス体をスピリットの中に持っています。肉体の中である必要はありません。他人から見られたいと思うから、他人からあなたが見えるのであり、他人から見られたくなければ、他人はあなたが見えないのです。

しかし、ここにおいて問題があります。パワーの匂いがプンプンします。あなた方はパワーにはまりつつある。それを終わらせなさい。パワーの中で、多地点存在したり、何かをしようとすると傷つくことになります。

このデパイスはエネルギーを引きつけ、感情を中和させ、あなたが置きたいところに意識を置かせてくれます。それで、次の質問ですが、あなたはこのデパイスで何をしますか?
(会場:旅行したい。遊びたい。いらないから捨てる。オーガズムを得たい。)

1915年の人にとってのiPhoneのようなものをあなた方は得ます。それは魔法のデパイスで、iYammer(I-y-a-m-m-e-rアイヤマー)と言います。それで、何をしますか? ヨーロッパに行く?海の中に潜る?オルガスムに使う?人間は何をすべきかや、次に何が来るかが想像できない。

次に来るのは、iYammerです。このアイアムのギフトを得ると、感情は中和されます。エネルギーを引きつけます。考えることなく、想像することなく、あなたが選ぶところ、どこでも行かせてくれます。アイアムに舵を取らせて下さい。

それは、何をすべきか分かっています。それは、パワーに入り込むことなく、抱え込むことなく、エネルギーを引きつけます。人間を超えたあなた自身は、いつでも、どこでも行けます。それは、とても簡単なことです。そのやり方を知るために、ミステリースクールに行く必要はなく、意識を色んなとこに置けばいいのです。それをやるのに、人間的な努力をしたり、パワーを使ったりすると、フラストレーションに陥ります。人間には分からず、想像も出来ないからです。かと言って、人間の側面を打ちのめす訳ではありません。同時にアセンデッドマスターでもいるのです。それは栄光となる経験となります。


Beyond Power(パワーを超えて)
2つ、やりたいことがあります。あまり時間はありませんが、時間は常にあります。両方です。「アンド」です。これからは二度と、絶対に、どちらか1つだけにしてはいけません。常に「アンド」であり、そこが、あなたが他の人たちと差別化される点になります。私は言いましたよね、6か月くらいたったら、あなた方は腹を立て、こう言うと。「どうしてもっと早く教えてくれなかったのですか?」

では、明かりを落としてください。これから2つ、体験をします。最初にやりたいのは-どっちからやろうか迷っていますが-まず、ごく短い方からやります。あまり時間はかかりませんので。私たちはパワーを超えて、歩き続けます。パワーを超えて。ではジョン、もう1つの曲を使ってください。今日のために編集したものではなく。

先にちょっとした体験をやりたいと思います。「ドリームウォーク」の一種ですが、ここではあなたは自分自身と一緒にウォークをします。では十分に深呼吸して、「iYammer」を思い出してください。それはあなたが選ぶどんな場所でもあなたを連れて行ってくれます。肉体を伴って行くことはないかもしれません。頭脳は連れて行かないかもしれません。けれど「iYammer」はあなたがいたいと思うところなら、どこにでも連れて行きます。そこに意志力はありません。フォース(力)はありません。

(音楽が始まる)

私たちは現在、まったく新しい時代へ移ろうとしています。「パワーを持たない(Without Power)」と呼ばれるものに。先ほど言いましたが・・・パワーの中に片足を入れて、もう一方の足を出しておくわけではありません。ただ、超えて行きます。

パワーとは幻想であり、何でも必要なすべてのエネルギーを自分が、自分の意識が生み出すことを理解しない人たちが使います。

外側から得なければならないものは、何もありません。他人から取らなければならないものは、何もありません。

すべてのエネルギーは、すでに内側にあります。

パワーを超えると、まるで違う世界、まったく異なる世界にあなたは入ります。とても解放的で、自由な世界です。エネルギーを自然に引き寄せているのに気づきます。あなたは常にそうしてきたのですが、意識的に選択していたわけではなかったと気づくのです。

もう二度と、エネルギーを得るために他の誰かをあてにする必要がないのがわかるので、あなたは必然的に引き寄せるようになります-あなたのフィールドから、全宇宙のフィールドから、どこでも構いません-いずれにせよ、あなたは自然に(エネルギーを)引き寄せます。それはあなたのもとへ、やって来ます。

ちょっとした例えを挙げましょう。陳腐なものですが、たとえば朝、起きて空腹をおぼえると、外に行き、食べるために狩りをし、動物の皮をはぎ、調理し、やっとそれを食べるといったこととの違いです。これまでがそういうものだったのです。ほとんどの人にとっては、今でもそうです-あらゆるものを追い求める必要があるわけです。

違いは、パワーレス・ライフでは、朝、起きると、少しお腹がすいた、というあの本当に素晴らしい感覚を感じます。それはとても官能的なことです。ああ!身体に食べ物を与えるのは、とてもいい気分です。玄関のドアを開けると、食事がすでにあります。調理され、準備が整っています。食べたいものは何でも。

人間のマインドはすぐに飛びつき、言います。「ああ、どうやってここに届いたんだろう?」とか、「何だか怪しくないか?いたずらか何かだろうか?」そしてあなたは言います。「人間よ、黙れ。食べなさい。あなたがこれを引き寄せたのだ。それはあなたのもとにやって来る。」それが、パワーレス・ライフです。

何年も前に、アダマスだったと思いますが・・・トバイアスですね-アダマスは私です(少々、笑)-トバイアスが言いました。「それはあなたのもとにやって来ます。それはあなたのもとにやって来ます。」本当にそうです。パワーを超えると、それはただ、あなたのもとにやって来るのです。まったく異なる現実ですから、それをコントロールしたり、管理しようとしても無駄です。

パワーレス・ライフとは、すべてがそこにあり、すべてがこれからもそこにあるのを認識することです。あなたの人間性の一部は叫んで言うでしょう。「でも、あなたはわかっていない。もし違ったら?私は前に試したことがあるけど、うまくいかなかった。」

友人たち、それは「今やるか、決してやらないか」といったものです。「信頼するか、戻るか」というものです。

さて、私たちはこの時代、この次元、このパワーレス・ライフという意識へ入ります。

今はどうか、何もしないでください。あなたがこう思っているなら。「では、何をしなければならないのか?どれくらい必死に取り組まないといけないのか?」しないでください。あなたはすでにそこにいるからです。

おわかりですか?あなたはすでに、そこにいます。

これは魔法ではありません。ただ、意識です。

そこに努力はいりません。解明しようとするわけではありません。分析するわけではありません。フォーカス(意識を集中)することですら、ありません。あなたはすでにそこにいます。

それが、すごいことなのです。それはパワーを使わずに、なされました。

人間がすべきたった1つのことは、それを許容することです。それです。

では深呼吸をしてください。あなたは今、パワーレス・ライフにいます。

あなたが、あなたの人間のセルフが「ええ、でももし、」と言ったら、ただ、黙ってください!あなたはパワーレス・ライフにいます。取り組む必要はありません。あなたはただ、そこにいるのです。では、状況がどう変わるかをみつめてください、これまでとどう違うのか。

大変なワークではありません。努力はいりません。あなたはただ、そこにいます。さあ、自分自身にそれを体験させてください。

わかりますよ。たった今、頭の中をこんな言葉が飛び交っていますね。「でももしも?」や、「どうやってやればいいのか?何を・・・?」シー。それは人間の声に過ぎません。思い出してください。「アンド」です。意識が、「アイ・アム」が必要なものすべてを引き寄せる人生です。それが引き寄せるのです。

深呼吸をして、今日、私があなた方とやりたいと思っていた次のパートへ速やかに移りましょう。

深呼吸をしてください。

(音楽が終わる)


Walk On Merabh(ウォーク オン ミラーブ)
さて、ミラーブ・ウォークと言いますか、ドリームウォークに出かけましょう。これは続けてやります。普段なら(続けては)やりませんが、今はできます。

では深呼吸をして、音楽をかけましょう。

(音楽が始まる)

そしてこの体験へ、私とご一緒してください。まず深呼吸をして、ただ、あなた自身を体験へ受け入れてください。ここではあまり考える必要はありません。すべてがあなたのもとへやって来ます。ここでは何かに取り組む必要はありません。それはあなたのもとにやって来るでしょう。私がガイド役をつとめますので、ただ、ついて来てください。

では、十分に深呼吸をしてください。

よろしければ、大きな邸宅を想像してみてください。とてもたくさんの部屋がある邸宅を。現代的な建物かもしれません。古い伝統的な建物かもしれません。いずれにせよ、すごい邸宅を。私は自分の邸宅の周りに水や河川を配置するのが好きです。湖がいくつか、小川もあるかもしれません。自然が。好きなようにあなたの邸宅を想像してください。

ただ見るだけでなく、それを感じてください。

そして「iYammer」のことを思い出してください。努力せずにどこにでも行けます。あなたはただ、そこにいます。

もう1つ、体験するうえで話しておくことがあります。この旅の中で、物や状況が変化することがありますが、それは問題ありません。別の言い方をすれば、あなたは邸宅を想像していますが、そこにある事物や風景が変化したり、家や様式が変化したりします。人間のマインドにとってはストレスがありますが、「アンド」にとっては、それは適切です。人間のマインドは物や状況に安定していてほしい、すべて所定の位置にあってほしいと思います。しかし「アンド」では、変化することがあります。

なので、体験に入ったら、自分に厳しくあたらないでください。事物がかたちを変え、変化したら、3Dの頑丈な物理的状態を維持しないでください。

では、これからあなたの邸宅に入るところですが、それについて、1つ話しておきます。邸宅には部屋がいっぱいありますが、廊下や玄関ホールはありません。玄関ホールや廊下があり、その先に部屋がある家や建物にあなたは慣れているでしょうが、ここは違います。ここは違います。

廊下のない部屋から部屋へと通って行きます。部屋が変化するかもしれませんが、問題ありません。

では、入りましょう。最初の部屋に入ります。この部屋はあなたのこの生涯での血のつながった家族がいます。もう死んでしまったか、まだ生きているかは関係ありません。ここはあなたの家族でいっぱいです-兄弟、姉妹、両親、叔母、叔父、姪、甥、いとこといった人たちです。部屋の中にしっかりと存在させてください、あなたの意識を、あなたを。

では部屋の中を感じてみてください。家族の人たちが、さまざまな顔が見えます。

(間)

彼らはあなたを見ていますか?あなたに気づいていますか?あなたと会話を交わしていますか?

(間)

ここは心地良い感じがしますか、それともこの部屋はあまり心地良くないですか?彼らは何をしていますか?ちなみに、物や状況が変わったり、動いても問題ありません。

(間)

先に行く時です。

では深呼吸をして、歩き続けましょう。次の部屋に歩き続けましょう。思い出してください、広間や廊下はありません。ただ歩き続け、次の部屋に入ります。この部屋にはあなたの人生で友人だった人たちがいます。

周囲を感じてみてください。どんな顔が見えますか、子供時代の友人、学校時代の友人ですか?この部屋には人がいっぱいいますか、それともほとんどいませんか?彼らはあなたに気づいていますか、それとも彼らには見えていませんか?あなたには彼らが見えますか、それとも特定できない感じですか?

(間)

愛情や仲間意識といったフィーリングはありますか、それとも裏切りのようなフィーリングがありますか?

(間)

時には、必ずしもあなたが予期したものとは違うことに気づいていてください-さまざまな顔、現れる人たち、あなたが気づいた人たち。

この部屋は心地良いですか?長いこと、とどまりたいようなところですか?それとも、息が詰まるような、窮屈な感じがしますか、あるいはただ、居心地が悪いですか?

(間)

彼らはあなたに気づいていますか?彼らは何をしていますか?

(間)

あなたの思考、あなたの意識は実際、どこか別の場所に行ってますか、この部屋以外のところに?

(間)

十分に深い呼吸をしましょう。歩き続ける時です。他にも訪れる部屋がありますから。次の部屋へと歩き続ける時です。

この部屋にはあなたがこの生涯で出会った恋人たちがいます。どれくらいの期間かは関係ありません。1日かもしれません。10年、30年、50年だったかもしれません。それは問題ではなく、ここには本当にあなたのハートに触れた人たちが全員、います。

(間)

あなたの愛した人たち、恋人たち、すべて。

(間)

たくさんいますか、それとも少ししかいませんか?

(間)

ここは心地良いですか、それとも居心地が悪いですか?

(間)

彼らはあなたに気づいていますか、それとも彼らにはあなたが見えていませんか?

(間)

ここはクラリティ(明瞭)の場所ですか、それとも混乱の場所ですか?

(間)

では、この愛する人たち、恋人たちの部屋で十分に深呼吸をしてください。歩き続ける時です。次の部屋へ歩き続けてください。

この部屋はあなたが働き始めてからの、いわゆる仕事仲間でいっぱいです。長年にわたるあなたの上司、同僚、部下、といった人たちがすべて、います。不思議ですが、同じ場所で仕事をしている人たちにはある種、独特な-奇妙ですが、独特な-絆があります。彼らには同じ基本的な、何と言えば良いでしょう、目標やパターンがあります。見知らぬ他人がこういった環境に投げ込まれ、仕事や労働という任務を皆で遂行しているわけです。

この仕事仲間、同僚、共同経営者の部屋では、彼らはあなたを見ていますか、それとも彼らにはあなたが見えませんか?

(間)

ここは心地良い場所ですか?ここに戻って、気分が良いですか?それとも、生命エネルギーが奪われてしまうような場所ですか?

(間)

あなたは人生の多くを仕事に費やし、会社、工場、店で過ごします。あなたの人生の多くですが、おかしいですね。ほとんどの人がそれをあまり気に留めません。きっとそれはしなければならないことだと思っているのでしょう。しかも多くの場合、あまり気持ちが通じない人たちと一緒にやっていますが、職場ではたくさんのことが起きます。あなたが出会った人物を思い浮かべてください。あるいは彼らがあなたをどんな人物だと思っているかを考えてみてください。

では、仕事仲間、同僚たちの部屋で十分に深呼吸をしましょう。ここには実際、なかなか、すごい物語があります。ただ通りがかりに出会ったような人たちで、共通するのは仕事ですが、それでも忘れてしまいたい人もいれば、人生に大きな影響を与えた人もいます。

しかし、もう歩き続ける時なので、準備してください。まだ訪れるべき部屋がありますから。

準備ができたら次の部屋に入ります。ここは非常に興味深い部屋です。というのは、この部屋にはあなたのガイドだった存在たちがいるからです。あなたがスピリット・ガイドや天界の友人と呼ぶ、この生涯や他の生涯であなたとワークした存在たちです。彼らはここにいます。

肉体の中にはいません。あなたは覚えてすらいないか、認識できないかもしれませんが、彼らはここにいます。

少し時間をとり、本当に感じてみてください。少しヒントをあげましょう。あなたは感じることができます。あなたには察知できます。それなのに、点と点をつないで全体像を作り上げようとします。多くの場合、彼らはあなたのもとにやって来ました。特にあなたが幼い頃、おもちゃというかたちで、時にはペットを通して-彼らがペットだったわけではなく、ペットを通してあなたのもとにやって来たのです-よくあるのが、ご両親が「想像上の友人」と呼んだものです。彼らはいま、この部屋にいます。

(間)

彼らはあなたに気づいていますか?

(間)

この部屋はどんな感じがしますか?心地良いですか?長いこと、とどまれそうですか?

(間)

彼らを何とかして肉体や人間のかたちにしようとしないでください。ただ、彼らのエネルギーを感じてください。彼らはどんな感じがしますか。その感じは、たとえば仕事仲間の部屋や、血のつながった家族の部屋とはどう違いますか?

(間)

何かとても近いものを感じるかもしれません。友人より近い、恋人より近い、血のつながった家族より近いものを。彼らはものすごく、あなたと親しかったからです。他の誰よりも。

(間)

でも、何か、かすかに見棄てられたような感覚を覚えるかもしれません。なぜ、彼らは去ったのでしょう?

(間)

なぜ、メモ1つ残さず、説明もせずに夜の間にただ、立ち去ったのでしょうか?

(間)

しかし、ここにあまり長居をするのはやめましょう。歩き続ける時です、友人たち。歩き続ける時です。

次の部屋に入ります。非常に興味深い部屋です、ええ、本当に。この部屋にはあなたの過去世だった人たちが全員、いるからです。過去世のアスペクト、地球に来てからのあらゆる生涯の表現が、すべてここにいます。

(間)

顔が見えますか、それともゴタゴタに混在している状態ですか?

この部屋の本当のフィーリングは何でしょう?アイデンティティのフィーリングですか?無関心のフィーリングですか?もしかすると血のつながった家族の部屋で感じたものと少し、似ているかもしれませんね。

この過去世の部屋は、心地良いですか?

顔が見えますか?

彼らはあなたを見ていますか?

(間)

とどまりたいと思う場所ですか?

(間)

過去世の存在たちとここで一緒に住みたいですか?

クラリティはありますか、それとも空気が重く、厄介な感じがしますか?

ちょっとしたヒントをあげます。すべてになれるのです、「アンド」に。

しかし深呼吸をして、歩き続けましょう。歩き続けましょう。

実際、外を歩いてみましょう。邸宅から出て、美しい敷地を、自然の中を歩きましょう。

ああ、自然ですよ。ここで立ち止まりましょう。自然を感じてください。

シャーンブラとワークする中で、自然が実はシャーンブラにとって、人間にとって、もっとも大切なものだというのが分かりました。神より大切で、家族より大切で、いちばん恋しく思うものになると。

自然の中で周囲を感じてみてください。どんな感じがしますか?

(間)

つい先ほど訪れた部屋とどう違いますか?

(間)

ここで、自然の中で、エネルギーの違いを感じてみてください-空、木々、地面、美しい動物たち。家の中にあった部屋と、どのような違いがありますか?

(間)

ここはとどまれそうな場所ですか?そうですね、それは良いでしょう。歩き続けなければなりません、友人たち。歩き続けなくては。まだ訪れる場所があります。

(間)

これからとても興味深い場所に連れて行きたいと思います。それはとにかく身体とマインドを超えた場所です。それだけです。身体はなく、マインドはありません。想像するのはそこまで難しくはないでしょう、おそらく人間にとっては、あなたはあなた以上の存在です。

さあ、どんな感じがしますか?

(間)

クリアー(明らか)ですか、それとも分かりにくいですか?

(間)

身体はなく、マインドはありません。心地良いですか?とどまりたいような場所ですか、それとも身体とマインドに戻りたいですか?

(間)

良いでしょう。もう、次のところへ歩き続けましょう。神へと歩き続けましょう。神へ。それはどんな感じがしますか?

(間)

神の前ではどんな感じがしますか?

(間)

クラリティはありますか?血のつながった家族の部屋や、恋人や友人たちの部屋とは何か違いますか?どう違うでしょうか、違いがあるとすれば?

(間)

受容と愛がありますか?それとも、多少なりとも制限されたような感じがありますか?

(間)

あなたが神と呼んでいたものを感じてみてください。

(間)

十分に深い呼吸をしてください。これから神を超えたところへ歩き続けますから。神を超えて、そうです。こう訊く人がいるかもしれません。「神を超えたものなんて、あるのですか?」私は言います。「これから分かりますよ。」

では、深呼吸をして、歩き続けましょう。

今、私たちは無へ入ります。

(音楽が止まる)

無です。まったくの無です。

(間)

身体はありません。マインドはありません。家族はいません。スピリット・ガイドはいません。恋人も、過去世もありません。自然もありません。無です。

(間)

無です。

(長い間)

これはどんな感じがしますか?

周囲には他に何もありません、あなただけです。注意をそらすものはありません。比較するものは何もありません。過去はなく、未来もありません。

あなた以外には何もありません。

失敗は、ここにはありません。成功はありません。

ここにはセルフとの闘い、他人との闘いはありません。あなた以外、何もありません。争わなければならない人は誰ひとり、いません。パワーはありません。感情はありません。

あなただけです。

死はここにはありません。

苦しみはここにはありません。

目標、計画、闘いはありません。無です。

(間)

無です。暗闇すら、ありません。静寂さえも。無です。

(間)

それが「アイ・アム」です。「私は存在する(I Exist.)」

(間)

「家族がいれば、私は存在する」ではなく、「天使たちがいれば、私は存在する」でもなく、「過去世があれば、私は存在する」、「未来があれば私は存在する」でもありません。何もありません、ただ、「私は存在する」だけです。

克服すべき過去はありません。解き明かすべき、心配すべき未来はありません。

「私は存在する、アイ・アム」それしかありません。

ここにはパワーはありません。身体の空腹感、マインド、魂は、ここにはありません。「私は存在する」だけです。

(間)

けっして、この場所を離れないでください。

けっして、ここに存在するのをやめないでください。絶対に。

これはあなたです。神はいません。エネルギーはありません。あなたしか、いません。アイ・アム。

絶対に、ここに存在するのをやめないでください。

あなたは、それでも他のすべての部屋に存在することはできます。家族と一緒にいることもできます。友人、恋人、天使、自然のようなあらゆるものと一緒にいることもできます。他のすべてのものの中に存在することはできますが、「ここ」に存在しないでいるのは、絶対にやめてください。

あなたの「セルフ」、「アイ・アム」と一緒にいるのを絶対にやめないでください。

それ以外のすべては意識が演じているだけのことです。これこそが、意識なのです。

それ以外のすべては表現であり、体験ですが、これは、意識です。

それは何も必要とはしません。食べ物、お金、パワー、人々、神、天使、何ひとつ。

過去や現在というのはありません。「私は存在する」だけです。

常にここにいて、あなたが選ぶ他のどんな場所でも存在してください。ただし、いつも、ここにいてください。

十分に深い呼吸をして、その呼吸をしながら、今、「私は存在する」のこの場所から意識を、気づきを、生命を、あなたの邸宅へと拡張してください。それらの部屋をあなたが選ぶどんなかたちにもしてみてください。それらの部屋で、あなたが選ぶ自分になってください。邸宅をとり囲む自然と一緒にいてください。しかし、常に、いつも、あなた以外に何もないこの部屋にいてください。

深呼吸をしてください、敬愛する友人たち、パワーレス・ライフへ、新たな次元へ、新たな体験へ歩き続けながら、まさにあなたへと戻るのです。「私は存在する」へと。

十分に深い呼吸をしてください。

敬愛するリンダがゆっくり、皆さんと一緒に呼吸をします。そしてこのかけがえのない瞬間に、私は私の「私は存在する」へ、私の「アイ・アム」へ戻ります。

忘れないように言っておきますが、皆さんは全員、無料の「iYammer」の優待を受け取ります。じきに届きます。うまく活用してください。が、けっしてパワーのために使わないように。

では、敬愛する友人たち、すでにご存じのように、創造のすべて、そして(アンド)無においては、すべて良し。ありがとう。光栄です。ありがとう。


Walk on 1 Video
http://www.crimsoncircle.com/Library/41/214/489/video/CH150905_Walk_On_Shoud_01_English.mp4


- Beyond Power[パワーを超えて], Walk On Merab[ウォーク オン ミラーブ]は、(翻訳)mayumiさん
-(翻訳)匿名希望さん

| Walk on(ウォークオン)シリーズ | 21:48 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。